変動金利?固定金利?住宅ローンを選ぶための簡単3ステップ

document

住宅ローンは金融機関ごとにさまざまで、何を選んでいいか悩む人が多いのではないでしょうか?

固定金利、変動金利だけならともかく、当初固定金利などもあって何が良いのかわかりづらいですよね。

この記事では、固定金利や変動金利のメリット、デメリットを解説するとともに、どうやって金利を選べばいいかを3ステップにして解説いたします。

住宅ローンの借り換えを考えている方は、4章で触れていますので、そちらをご覧ください。

この記事で自分に合った住宅ローンを選べるようになりますので、何を選んでいいか迷っている方は、ぜひご参考にしてください。

続きを読む

5分で分かる住宅ローン減税|申込方法からお得な利用法まで

keisan

住宅ローンを申し込んだら減税を受けられるのはご存知でしょうか?

マイホームを手に入れるため、大きなローンを抱えた方に、国は優遇税制を用意しています。せっかく減税してくれるというのですから、使わない手はありません。

この記事では、住宅ローン減税の要点を全ておさえています。

住宅ローン減税とは何か、利用できる人、対象となる物件、申し込み方法まで説明するほか、最大限利用する方法まで伝授します。(ただし、夫婦で共働きしている場合に限ります)

さらに、平成26年4月からの5%から8%の消費税増税にあわせ、すまい給付金が始まりましたので、こちらの解説もしておきます。

住宅ローンを利用する方は、ぜひご参考にしてください。

続きを読む

住宅ローンシミュレーションで絶対出せない適正借入額を出す方法

calculation

住宅ローンを借りる前に、多くの人がネットで返済シミュレーションをすると思いますが、シミュレーションでは一番大事なことがわからないのはご存知でしょうか?

それは、自分に合った住宅ローンの借入額です。

借入可能額や月々の返済額などを教えてくれるのはシミュレーションの優れたところですが、個人個人のライフスタイルが異なり、出費の仕方も違う以上、一人一人に合った借入額も違います。

どうすれば自分に合った住宅ローン借入額が分かるのでしょうか?

それは「キャッシュフロー表」を作ることによって分かります。キャッシュフロー表とは、一年ごとに収入と支出をエクセルなどの表計算ソフトに入力し、将来の収支を予測した表のことです。

この記事ではキャッシュフローの作り方と、一人一人に合った借入額の算出までを解説しますので、住宅ローンを借りようと思っている方は、ぜひお読みください。

続きを読む

中古マンション購入で絶対後悔しないための110の注意点【チェックリスト付】

中古マンション

中古マンションという大きな買い物を考えている方には、どんな不安があるのでしょうか?訊いてみれば、きっと多種多様な答えが返ってくるでしょう。

しかし、その不安については、大きく2つに分けることができると思います。

①自分が本当に欲しい物件を選べているか

②資金計画に問題はないか

不安をなくしたいのならば、その不安についてよく考えなくてはなりません。

「できるだけ安く購入したい」・・・いくら安くても、価値のないものを選んでしまっては意味がありません。そんな物件欲しくありませんよね。これは①の悩みです。
「税金とかローンはどうなるのだろう?」・・・税金を控除できたり、安く購入できたりしても、払えなくては意味がありません。これは②の悩みです。

これ以外にもいろいろな悩みや不安があるでしょうが、大きな悩みとして挙げられるのがこの2つだと思います。自分が欲しい物件を選び、資金計画に問題がなければ、自分自身も家族も納得できるはずです。

今回は、この2つの不安を解消する方法をお伝えします。この記事が、皆様の中古マンション購入にお役に立てば幸いです。

続きを読む

*資料請求はこちら