住宅ローン

【2024年度】リノベーションやリフォームで使える補助金・減税

Real estate or property development. Construction business investment concept. Home mortgage loan rate. House model on international banknotes with calculator on the table.

住宅のリフォーム・リノベーションをする際、補助金や減税などのさまざまな優遇制度があることはご存知ですか。

2024年度は昨年度に引き続き、省エネや住宅性能を向上するリフォームを対象とした補助金が充実。中古マンションを購入してリフォームしようとお考えの方、現在お住まいの住宅のリノベーションを検討している方にとって、今年はお得なチャンスの年です。

この記事では「住宅省エネ2024キャンペーン」をはじめとするリフォーム・リノベーションで使える補助金や、税金が控除・減免される制度を紹介します。

※実際に補助金を利用する際は、かならず管轄省庁HPや施工事業者に内容をご確認ください。執筆時点とは制度内容が変更されている可能性があります。

続きを読む

住宅ローン控除の申請方法は?必要書類と入手先、書き方を解説

Mortgage deduction required documents3

住宅ローンを組んでマイホームを購入すると、一定期間、所得税や住民税が控除される「住宅ローン控除(住宅ローン減税)」。

住まいを購入するならぜひ利用したい制度ですが、控除を受けるには確定申告の必要があり、ローン残高証明書・登記事項証明書・売買契約書のコピーなど、所定の書類を用意しないといけません。

2022年(令和4年)以降、住宅ローン控除制度は、利用条件や控除金額の上限などに大きな変更がありました。

この記事では、「住宅ローン控除」の申請方法、申請に必要な書類とその入手先、書類の書き方をわかりやすく解説します。申請前のチェックリストとして、ぜひお役立てください!

続きを読む

住宅ローン控除の還付金はいつ振り込まれる?いくら貰える?

pixta_71389437_M

住宅ローンを組んでマイホームの購入を検討する際に、「税金の一部が控除される住宅ローン控除を利用しよう」とお考えの方も多いことでしょう。

ただ、税金の控除を受けるといっても、いつ・どうやって・どんな条件を満たせばお金が返ってくるのかを、ご存知ない方もいらっしゃるのでは?

この記事では、住宅ローン控除の還付金を受け取るにあたっての最新情報と知っておくべき知識、注意したいポイントについて解説します。

続きを読む

リフォーム減税と住宅ローン控除、どっちがお得?併用は可能?(2024年最新)

pixta_43367067_M (1)

住宅ローンを組んで住宅を購入すると、所得税の控除を受けられる「住宅ローン控除(住宅ローン減税)」制度。実は住宅購入資金だけでなく、リフォーム資金についても控除を受けることができます

一方、住宅リフォームの税制優遇制度として、「リフォーム減税」という制度も用意されています。住宅ローン控除とリフォーム減税はどちらがお得なのか、もしくはダブルで利用することはできるのでしょうか?

この記事では、リフォームをした人が使える二つの減税制度「住宅ローン控除」と「リフォーム減税」それぞれの利用条件と、申請方法をわかりやすく解説します。

続きを読む

住宅取得資金贈与の非課税措置とは?中古マンションでも使える?

shutterstock_726968182 (1)

住宅を購入するとき、ご両親から資金の援助を受ける予定の方もいらっしゃるかもしれません。

普通、親から贈与を受けた財産には贈与税がかかります。ですが住宅の購入資金については、一定の条件を満たせば贈与税が非課税になる「住宅取得等資金非課税の非課税特例」があります。

この税制優遇の適用は2023年末で終了予定でしたが、本年24年の税制改正大綱により、2026年12月31日まで延長されました。

この記事では、贈与税の非課税特例の内容と、利用時の流れや注意点について解説します。住宅購入にあたって親などから資金援助を受ける予定のある方は、ぜひご一読ください。

続きを読む

2024年、住宅ローン控除はどう変わる?中古物件やリフォームに使える?

pixta_67920930_M (1)

住宅ローンを組んでマイホームを購入すると、一定の期間、所得税の一部が控除される「住宅ローン控除」が適用されます。きちんと手続きをすれば、税金の還付を受けることができるのです。

新築住宅以外に「中古物件でも適用されるのか?」「リフォーム費用でも適用されるのか?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

住宅ローン控除制度は2022年の税制改正により、控除期間や控除率、対象となる住宅が変更されました。
制度自体は2025年の12月31日まで延長されましたが、2024年は控除の対象となる物件が変わり、控除の上限額も引き下げられるので注意が必要です。

この記事では、2024年に住宅ローン控除を利用するための要件、控除の期間や金額、自分で申請する際の方法について、中古住宅を中心に解説していきます。

続きを読む

リフォーム資金を援助してもらうと贈与税はかかる?非課税制度は使える?

pixta_78292832_S

住宅のリフォームやリノベーションの資金を両親や親族から援助してもらった場合、贈与税がいくらかかるのか、疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

リフォーム工事を含む住宅購入資金の援助の場合には、贈与税が非課税となる制度があります。
この制度は2023年末で終了予定でしたが、本年2024年の税制大綱により、2026年末まで延長が決まりました。

この記事では、「住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置」をはじめ、リフォーム資金の贈与をめぐる優遇制度や利用条件について詳しく解説していきます。これからリフォームしようと考えている方、とくに親や親戚から資金を援助してもらう予定があるという方は、ぜひ参考になさってくださいね。

続きを読む

中古マンション購入の諸費用とは。何を・いつ・いくら支払う?

mansion-taxes-expenses

中古マンションの購入には、物件代金のほかに手数料や税金がかかります。

「いくらの物件が買えそうか」と予算を考えるときは、こうした各種諸費用も込みで考えなくてはいけません。

また住宅ローンを利用する場合にも、現金で用意しなくてはいけない初期費用があります。

この記事では、中古マンション購入の諸費用は「いつ・何を・いくら支払うのか?」を解説します。

続きを読む

年収別|住宅ローンで借りられる額・無理なく返せる額の目安は?

pixta_33774866_M (1)

住宅購入を考えるとき、多くの方が一番気になるのは『予算』ではないでしょうか。

住宅購入の際、多くの方が住宅ローンを利用しますね。
「自分の年収でいくら借りられるのか?」「無理なく返せる金額は?」「頭金はいくら必要?」と、不安の多い人も少なくないはず。

この記事では、年収別の住宅ローン借入可能額、無理なく返せる金額の目安、そして返済計画の立て方について解説します。これから住宅の購入を検討される方は、ぜひ参考になさってくださいね。

続きを読む

独身でも住宅ローンは組める?審査で注意すべきポイントは?

single-loan

「独身では住宅ローンが組めない」と思っている方は多いようです。しかし現代では、独身だからといって不利になることはありません。独身者であっても、既婚者であっても、住宅ローンは問題なく組むことができます。審査基準も、既婚と独身とで大きく変わることはありません。

しかし独身の場合は収入源がひとつであることから、特有の注意点もあります。また将来の結婚や出産・親の介護・転職・突然の病気など、ライフスタイルが変わる可能性も考慮した返済計画が重要です。

この記事では、単身で住宅ローンを組む際の審査の注意点、将来のライフスタイルの変化に備える返済計画の考え方について解説します。

続きを読む

資料請求 物件を探す