住宅ローンの全て

【2018年版】全部見せます!住宅ローン控除に必要な書類・入手法

住宅ローン控除

「住宅ローン控除」……ローンを組んで住宅を購入すると、所得税や住民税が減税される制度。
購入から10年間にわたってローン残高の1%相当が減税されるというのですから、利用しない手はありませんね。

しかし、申請にはローン残高証明書や登記事項証明書・売買契約書のコピーetc…と、多くの書類を揃えねばならず、なかなかフクザツ。

そこで、この記事では「住宅ローン控除」と「すまい給付金」の申請に必要な書類と、その入手先が一目で分かる一覧表にまとめました! 印刷して、チェックリストとしてお役立てください。

2016/7/26初出 2017/7/25更新(マイナンバー関連書類を追記)2018/9/14更新(住まい給付金関連書類を追記)

続きを読む

【2018年版】リノベーション・リフォームで貰える補助金まとめ

tax

住宅のリノベーションやリフォームをすると、一定の要件で減税や補助金の受給といった支援を受けることができます。?
このうち、とくに補助金については、年度が変わって新たな制度が増えたり、内容が変化しています。

そこで、本日は≪2018年度に実施が決定したリノベーション・リフォーム関連の補助金制度≫のポイントを、ひかリノベの設計担当・一級建築士の大宮 良明デザイナーに伺いました!
これから「中古を買ってリノベーション」や、ご自宅の増改築をお考えの方は、ぜひご一読ください!

続きを読む

「住宅ローンの借り換えは低金利の今がチャンス!」って本当?

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

住宅ローン金利がほぼ底値となったいま、ローンの借り換えを検討される方が増えています。
また、3年固定・10年固定といった当初固定型の金利プランでローンを組まれていた方は「固定期間が切れるタイミングで借り換えよう」というケースも多いことでしょう。

しかし、借り換えは手数料や登記費用といった諸費用が掛かりますし、審査もあります。
それに、いま住宅ローン減税を利用されている方は「借り換え後も引き続き制度を利用できるのか」も気になるところ。

そこで、今回の記事では『住宅ローン借り換え』のメリット・デメリットを比較して、
「はたしていま借り換えるべきか? それとも現在のローンを継続すべきか?」を徹底的に! 検証します。

いままさに借り換えを検討中の方。興味はあるけれど「本当にお得になるの?」と疑問をお持ちの方。
ぜひこの記事を「借り換えるか、どうするか」判断するヒントとしてお役立てください!

続きを読む

万一の事故や病気に備える!住宅ローン≪疾病保障≫の選び方

insurance

住宅ローンの返済中にもしも病気やけがをして、支払いを続けられなくなったら?

住宅ローンを組むときは通常、団体信用生命保険(団信)に加入しますが、実は団信でカバーされるのは死亡や高度障害の場合だけ。
「病気で働けなくなった」という場合は保障の対象外なのです。

しかし近年、がんや脳卒中・心筋梗塞といった病気が原因で収入が途絶えてしまった方のために、ローンの残債がゼロになる「がん保障」「三大疾病保障」「八大疾病保障」などの保険が付いた住宅ローンが注目を集めています。

「銀行で三大疾病保険付住宅ローンをすすめられたけど、やっぱり付けた方が良い? それとも別の医療保険などに加入した方がいいのかな?」と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では『住宅ローン返済中の病気に備える保険』について解説!
保障内容や支払条件といったポイントを比較して、「ベストな保険の選び方」をお答えします!

続きを読む

がんや糖尿、健康不安がある方へ。団信の告知・審査の注意点

eye-catch

住宅ローンを組むためには審査に通らなくてはいけません。
その際、「私の年収で満額借りられるかな?」「物件の担保価値は充分だと認められるかな?」ということは皆さまよく注意なさっていますが、盲点になりやすいのが「健康状態」。

多くの銀行は、住宅ローンを組む方に団体信用生命保険(団信)の加入を義務付けています。
団信に加入するためには、あなたの健康状態を保険会社に告知しなくてはいけません。
そこで健康に不安がある方は、保険会社から断られてしまうことがあるのです。

「そういえば前回の健康診断で脂肪肝だと言われた!」
「もう完治したけど、以前に早期の胃がんで手術を受けたことがある」

そんな方はぜひ審査の前に、この記事をご一読ください!
病気や病歴はどこまで告知しなくてはいけないの?
もし保険会社に断られたら、もう融資は受けられないの?
健康に不安があるアナタの疑問・不安にズバリお答えします!

続きを読む

自営業・フリーランスの《住宅ローン審査》6つのポイント

nomad

フリーランスや自営業の方は住宅ローンが組みづらいといわれています。

フリーランスや自営業の方は事業の好調・不調によって収入が変化します。そのため、サラリーマンの方とは審査でチェックされるポイントが異なります。
サラリーマンの方と同じように考えてしまうと「受かりづらい」と感じてしまいますが、実際には『自営業向け』に決められた条件を満たしさえすれば良いのです。
「フリーランスだから住宅ローンが組めない」ということは決してありません!

この記事では、フリーランスや自営業の方が住宅ローンの審査でチェックされる『6つのポイント』と、審査の合格基準をお伝えします!
あなたが審査に受かる可能性はいかほどか? また、合格するためにどうしたらいいか? この記事をお読みいただくと全てわかります!

続きを読む

住宅ローン事前審査のその前に、セルフチェックで不安解消!

住宅ローン

(最終更新日:2018年9月16日)

住まいを購入するにあたって、多くの方が住宅ローンを組みます。
「でも、審査に通るだろうか?」と不安な方は、少なくないのではないでしょうか。

そこで、本記事では『住宅ローン審査のポイント』を総力特集!
事前審査・本審査ではそれぞれドコをチェックされるのか?
フラット35と民間ローンで違いはあるのか?
審査のために揃えなくてはならない書類は何と何があるか?
事前審査を申し込む前に押さえておきたい知識の全てを、わかりやすくまとめました!

「審査って何を調べられるんだろう? 結果がわかるのはいつだろう? 万が一、審査に受からなかったらどうしたらいいの!?」
そんな不安を抱えているアナタ、ぜひこの記事をご一読ください!

続きを読む

年収別・住宅ローンで借入できる金額が一目でわかる早見表

年収から借入可能額を計算

住宅ローンを組むとき、まず気になるのが「そもそも、私の年収でいくら借りられるんだろう?」ということ。
住宅ローンで借入できる金額は、年収と、そのうち何%がローンの返済に充てられるのか(返済負担率)・ローンを組む期間(返済期間)によって決まります。

この記事は、年収300万円~1000万円で借りられる金額を年収ごとにリストアップ!
そして、毎月の返済額はいくらになるか? 家計に無理なく返していけるか? 自分の生活スタイルに合わせて、ベストな借入額をシミュレーションします!

「住宅ローンでいくら借りるか?」を考えるヒントに、ぜひこの記事をお役立てください!

続きを読む

単身の住宅購入はもはや当り前!「独身住宅ローン」実践講座

single-loan

ライフスタイルが多様化し、シングルの男女が増えている現代。かつては結婚・出産をきっかけにマイホームを購入するパターンが一般的でしたが、いまは「パートナーと暮らすのではなく、自分で生活していくための住まいを買いたい!」という方もめずらしくなくなりました。

「単身では組みづらい」といわれていた住宅ローンも、近年は独身向け商品が充実してきています。
そう、いまは「ひとりで住宅ローンを組める」時代。

では、実際に単身で住宅ローンを組む際、どのようにローンの組み方(資金計画)を考えたら良いのか? 金利プランの選び方や審査で見られるポイント、さらに「将来結婚した場合、残りのローンはどうする?」といった問題まで、今回のブログでは『シングル男性・女性が住宅ローンを組むために知っておくべき全知識』を解説します!

続きを読む

共働き夫婦の強ーいミカタ!?住宅ペアローンの表とウラ!

夫婦で組むペアローン

夫婦や家族で住まうマイホームを買うために、住宅ローンを組みたい。でも、自分(またはパートナー)の年収では希望の金額を借入できない!

足りない分を各々の貯蓄を出し合ったり、両親からの援助で埋め合わせる方法もなくはないですが、誰しもがかんたんにできることではありません。
「じゃあこの理想の物件、諦めるしかないの!?」

いいえ、そんなことはありません。健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、共に頑張るお二人ならば、ローンも二人で払えるはず!というわけで、ペアローンの登場です。

でも、2人でローンを組むとなると、住宅ローン控除はいくら受けられるの?
もしどちらかが退職したり、事故や病気で万一のことがあったら、残りの支払いはどうなるの?
そんな疑問や不安が浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、夫婦でペアローンを組むことのメリットとリスクを徹底分析!
夫婦の年収やお子さまの人数などのケース別に、「単独ローンとペアローンどちらを選んだ方がいいか」「ペアローンを組む場合、2人の借入金額はどのように決めたらいいか」といった、共働き夫婦ならではのローンの組み方を解説します!
これから住宅ローンを借りようとお考えの共働き世帯のご主人・奥さま、ぜひこの記事をお役立てください!

続きを読む