資料請求
お問い合わせ
電話
ハンバーガーメニュー アイコン

住宅ローンの全て

中古住宅で住宅ローン控除を利用するには?

pixta_67920930_M (1)

夢であったマイホームの取得!新築住宅では住宅ローン控除を受けられることはご存じと思いますが、中古住宅では「どうなのだろうか?」と悩む人が多いのではないでしょうか。

住宅ローン控除は、毎年ローン残高の1%を10年間にわたって所得税から控除される制度。
この記事では、中古住宅で住宅ローン控除を受けるための要件や注意すべき点などについて解説します。
なお、消費税増税のため控除期間が13年になる特例、およびコロナ禍で入居が遅れた人の救済措置についても併せて説明します。

2015年8月1日初出→2019年12月20日更新→2021年4月14日更新

続きを読む

【2021年1月最新】リフォームがお得になる補助金・減税制度

Real estate or property development. Construction business investment concept. Home mortgage loan rate. House model on international banknotes with calculator on the table.

リフォーム・リノベーションには、補助金や減税制度など、種々の優遇制度があります。

制度によって条件は違いますし、同じ内容のリフォーム工事でも制度によって給付される補助金の額が異なったりもします。同じ制度で同じ工事でも、もらえる補助金の額が違うことも。

どの補助制度や税制優遇が使えるのか、一番補助額が大きいのはどれか、よくわからない方もいらっしゃるのでは?

今回は、2021年度に実施予定のリフォーム・リノベーション支援制度をご紹介します。お住まいのリフォーム・リノベーションをお考えの方はぜひご参考に。

※各補助制度・優遇制度の内容や給付額は、2021年1月時点の情報です。4月以降、内容が変更になることもあります。利用時は、各制度のホームページを見たり、事業者に問い合わせたりして確認してください。

2017/4/27初出→2020/4/29更新→2021/4/14更新

続きを読む

住宅ローン控除の必要書類と申請方法【2021年確定申告用】

Mortgage deduction required documents3

住宅ローンで住宅を購入すると、10年間、所得税や住民税が減税される「住宅ローン控除(住宅ローン減税)」。住宅を購入したらぜひ利用したい制度です。

しかし、控除を受けるには確定申告をする必要があり、ローン残高証明書や登記事項証明書・売買契約書のコピーなど、多くの書類も用意しなくてはならず、手間がかかります。

この記事では「住宅ローン控除」の申請に必要な書類と、その入手先が一目で分かる一覧表にまとめました! 申請前のチェックリストとしてお役立てください。

2016年5月17日初出→2020年10月02日更新→2021年4月8日更新

続きを読む

中古住宅(戸建て)の諸費用は何に・いつ・いくらかかる?

pixta_14209215_M

長らく賃貸住宅に住んでいた人も、結婚や出産等のライフスタイルの変化に伴い、戸建て住宅の購入を考えることもあるのではないでしょうか? 新築住宅では高価で手の届かない人も、中古住宅ならば購入できるのではないかと……。
とはいっても住宅の購入は、人生最大の買い物!物件価格だけで中古住宅の諸費用に的を絞って、何に・いつ・いくら位かかるのか解説しましょう。

続きを読む

相続した土地、売るときにかかる税金は?

Land tax

相続したご実家の土地や建物、あなたはどうしていますか?

そこに住んでいなくても固定資産税や都市計画税は負担しなくてはなりませんし、建物の維持管理にもお金や手間がかかります。
活用方法が思いつかないので、いっそのこと売却してしまおう、と考えている方もいるのではないでしょうか?

しかし、土地や建物を購入するときと同様、売却時にも様々な税金がかかります。
不動産の売却は、規模や種類、そして得た利益の額によってかかる税金の種類、額が変わるという特徴があり、ちょっと敷居が高く感じられるかもしれません。

何に対してどの税金が、どれくらいかかるのかを具体的に見ていきましょう。

続きを読む

マイホーム購入時、頭金はいくら用意すべき?

myhome-downpayment

住宅を購入するにあたって、多くの人が住宅ローンを利用しますが、頭金を支払うケースもしばしば見られます。

ですが、頭金はいくらあればいいのか、迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

今は、頭金なしでも住宅ローンが組める時代となりました。
しかしながら頭金の額によっても返済計画が変わってきますから、事前にきちんと検討しておきたいものです。

続きを読む

老後の住まいのベストチョイスは?

life-after-retirement2

日本人の平均寿命は80歳を超え、今や「人生100年」とも言われる時代。
“老後”と呼ぶ期間も、どんどん長くなっています。

どんな年齢でも住まいは生活の大きな基盤ですが、お金が絡むものだけに、老後の住まいをどうするかは大きな問題だと感じる人は多いようです。

若いうちに購入して住まいを確保した方がいいのでしょうか?それとも、賃貸でライフスタイルに合った住まいに住み替えていく方がいいのでしょうか?

持家・賃貸ともに、それぞれメリットとデメリットがあります。
今回は、あなたの人生設計にとってどの選択肢がベストなのかを考えるためのヒントをお伝えします。

2019年7月13日初出→2020年12月2日更新

続きを読む

住み替え実践マニュアル~費用は? ローンは使える?

Relocationmanual

人生にはいろいろなことが起こるもの。マイホームを手に入れたけど、仕事や子供の成長、ご家族の都合で、住み替えを余儀なくされることもあるでしょう。

あるいは、より良い住まいを求めて住み替えをする方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、かかる費用や住宅ローンの残債返済や、新しい住まいを購入するタイミングなど、不安に感じる要素も少なくありません。
この記事では、住み替えならではのローンや物件選びのポイントをご説明します。

2020年1月20日初出→2020年11月4日更新

続きを読む

私の年収で住宅ローンはいくら借りられる? 簡単シミュレーション!

pixta_33774866_M (1)

念願だったマイホームを購入しよう!と考えたとき、住宅を購入する人の多くが利用する住宅ローン。

もともと十分な貯蓄がある方は別として、新たにローンを組もうと考えている方の中には、「自分の年収だといくら借りられるんだろう?」「無理なく完済できるだろうか…」と、不安を感じる方は少なくないようです。

例えば、年収500万円の人が無理なく返済できる借入可能額はいくら?あるいは年収600万円だったら……?

今回は、安心して借入できる金額も、年収別にひと目で分かる一覧表にまとめました。

ローン審査の基準など、ローンと年収に関する役立つ知識をご紹介します!

2019年2月3日初出→2020年10月02日更新

続きを読む

リフォームで使える控除って?住宅ローン控除は使える?

pixta_43367067_M (1)

リフォームでも、ローンを利用して資金を用意することがあります。

住宅ローンを組んで住宅を購入すると、所得税の控除を受けられる「住宅ローン控除(住宅ローン減税)」を利用できますが、実はリフォームでも控除を受けることができるのです。

今回は、リフォームで住宅ローン控除を受けるための要件や手続きと、住宅ローン控除とも併用可能な優遇制度をご説明します。

続きを読む