中古マンション

マンション売却、買った時より高く売れたら税金がかかる?譲渡所得税の計算方法

mansion_tax

所有しているマンションを売却して利益(譲渡所得)を得た場合、所得税や住民税がかかります。あらかじめ「いくら課税されるか」を知っておかなければ、住み替えの資金計画も立てられませんね。

じつは、自宅として住んでいるマンションを売却する際には、さまざまな特例や軽減措置が用意されています。せっかく用意されている節税手段、活用しない手はありません。

この記事では、自宅マンションの売却によって得た利益にかかる所得税の計算方法や、軽減制度といった、「マンション売却と税金」についての基礎知識を解説します。

続きを読む

マンションの減価償却費の計算方法とは?~自宅を売却した場合、賃貸運用した場合【例題つき】

95470d52150d4ddf95870380df2addc7_s

不動産投資をしている人はもちろん、投資目的でなくとも、所有しているマンションを賃貸に出して家賃収入を得ている人もいるでしょう。または、自宅マンションを売却したことで「利益を得た」という人もいるかもしれません。

これらの「不動産所得」は所得税の対象であり、確定申告が必要です。そして、確定申告の際に行うのが「減価償却」ですが、減価償却費の計算は複雑で「難しい」と苦手意識をもつ人も多くいます。

  • 土地と建物どちらも減価償却の対象になるの?
  • 中古マンションの耐用年数はどう計算したらいい?
  • 結局、いくら税金がかかるの?

この記事では、これらの疑問にわかりやすくお答えし、簡単にできる中古マンションの減価償却費の計算方法を解説します。次回の確定申告に向けて、注意点や計算方法のポイントをおさらいしていきましょう!

続きを読む

2024年住みたい街ランキング~1位は横浜!大宮がランクアップ

1

どんな家に住むか、と同じぐらい大事なのが「どの街に住むか」。

もちろん、家族構成や仕事、ライフスタイルによって住みやすい街も人それぞれです。

今回は、リクルートの「SUUMO住みたい街ランキング2024首都圏版」(2024年2月28日発表)の結果から、住みやすい街・良い街はどんなところなのかを探ってみましょう。

これからマイホームをご検討の方はぜひ参考にご覧ください。

続きを読む

子育てしやすい街ランキング2023~共働きに優しい、支援の手厚い自治体は?

shutterstock_524347216

出産や子育ては、マイホーム購入の大きな動機のひとつです。

夫婦共働きが当たり前の今、子育ては家族以外のサポートがもはや必須に。行政にとっても、子育て世帯の支援は大きな課題で、力を入れる自治体も増えています。
それだけに、子育て支援が手厚い地域で暮らしたい人も多いはず。

いま「子育てしやすい街」はどこなのか、日経xwoman(旧・日経DUAL)「共働き子育てしやすい街ランキング2023」(2023/12/15発表)のランキングから考えてみましょう。

続きを読む

東京の子育てしやすい街8選!自治体の支援制度や保育園事情を比較

1

東京都内で子育てしやすい街はどこなのでしょうか?

子育ては住まい選びに大きく関係する要素。子どもが健やかに成長できる環境も大事ですし、自治体の子育て支援も充実しているほうが嬉しいですよね。

もちろん日常生活や通勤の利便性、家賃や住宅ローンの支払いもきちんと考えて、住まいや住む街を選びたいところです。

この記事では、東京の子育てしやすい街を、23区内・都下市部にわけて選び、保育園の利用しやすさや子育て支援策の充実度を、独自の視点から解説します。

続きを読む

住宅取得資金贈与の非課税措置とは?中古マンションでも使える?

shutterstock_726968182 (1)

住宅を購入するとき、ご両親から資金の援助を受ける予定の方もいらっしゃるかもしれません。

普通、親から贈与を受けた財産には贈与税がかかります。ですが住宅の購入資金については、一定の条件を満たせば贈与税が非課税になる「住宅取得等資金非課税の非課税特例」があります。

この税制優遇の適用は2023年末で終了予定でしたが、本年24年の税制改正大綱により、2026年12月31日まで延長されました。

この記事では、贈与税の非課税特例の内容と、利用時の流れや注意点について解説します。住宅購入にあたって親などから資金援助を受ける予定のある方は、ぜひご一読ください。

続きを読む

中古マンションの買い時は?築年数と相場から考える(2024年最新)

when-to-buy

マンションを購入しようと考えている人にとって気になるのは、やはり今が「買い時」なのかどうかではないでしょうか?

2023年は、ウクライナやパレスチナといった国際紛争の影響が生活の随所に及びました。先行きも不透明な中、今、マンションを購入しても大丈夫なのか迷っている方はたくさんいらっしゃるはず。

2024年の今、マンションの「買い時」はどう見極めればいいのか。こちらの記事ではマンション購入時の注意点を、中古マンション市場の予測と合わせて解説します。

続きを読む

家を買うタイミングはいつ?2024年は購入すべきか待つべきか

pixta_60277830_S

いつの時代も、マイホームの「買い時」は悩みの尽きないテーマです。いまの年齢や年収で家を買って問題はないのか、ほかの人はどんなタイミングで買っているのか知りたい、と思う人も多いのではないでしょうか。

仕事、結婚、出産・子育て、老後など、人生にはさまざまなステージがあり、生活も絶えず変わっていきます。国際情勢や円安の影響で物価が上昇し、住宅価格も上がり続けている中、「いま家を買っても大丈夫なのか?」と疑問や不安を持っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、年齢・年収・ライフステージ・住宅ローンの返済や市況を踏まえ、家を買うベストなタイミングについて解説します。

続きを読む

2024年の中古マンション相場はどうなる?住宅ローン金利は上がる?

家電卓

中古マンションは新築と違い、定価がありません。値段に対してお得な物件なのか、割高なのか判断しづらい――そんな風に感じる方も多いのでは?

中古マンション購入で損をしないためには「相場」を知ることが大切。社会情勢が不安定で金利上昇も予想されている中、不動産市場の状況、中古マンションの価格相場も大きく変動する可能性があります。

この記事では、2023年現在のマンション市場の概況、そして中古マンションの相場を知るために必要な基礎知識を解説します。また、刻々と変化する市場動向をリアルタイムで把握できる情報ポータルサイトもご紹介します。

続きを読む

築30年のマンション、何年住める?古い物件を購入する際の注意点

shutterstock_443295325-min

築30年のマンションは価格や立地などの魅力がある一方で、老朽化や耐震性に不安を感じる方も少なくありません。

この記事は、築30年のマンションは「買っても大丈夫なのか?」不安な方のために、物件を選ぶ際の注意点や、マンションの寿命について解説します。

中古マンション購入を検討中の方は、ぜひ参考になさってくださいね。

続きを読む

資料請求 物件を探す