中古マンション

契約不適合責任とは?中古マンションの買主と売主それぞれの注意点

mansion

中古マンションの売買契約後、もし物件に瑕疵(かし)や欠陥が見つかった場合、その保証の責任はだれがどこまで負うのかについてご存じですか?
実は私人の権利や義務の関係性をまとめた民法に、「契約不適合責任」として定られています。2020年4月の民法改正により、責任の範囲や性質、考え方が以前とは大きく変わりました。

この記事では、改正前の「瑕疵担保責任」と改正後の「契約不適合責任」の違いや、売主と買主それぞれが契約時に注意すべきポイント、トラブルを回避するための対策について詳しく解説します。

これから中古マンションの購入を検討されている方や、中古マンション購入に関して不安がある方はぜひ参考になさってくださいね。

2018年7月2日初出→2023年5月29日更新

続きを読む

中古マンションを買ってリノベーション。メリット・デメリットは?

2f2e2a864777ff4dd64a035a2c0d3525

手の届く価格で、住みたい街に住みたい家をつくれると人気の「中古マンションのリノベーション」。その魅力は様々なメディアで取り上げられ、中古物件は理想の住まいを手に入れる選択肢のうちの一つとして広く知られるようになりました。

ですが、多くのメディアではメリットばかりが取り上げられ、デメリットについて語られる機会は少ないようです。

物件の購入価格だけでみれば中古はお得に感じますが、「改修コストが多くかかってしまうのではないか?」「耐震性や管理状態に不安がある」など、気になる点があるのも確か。購入後に失敗したと後悔しないよう、良いところだけでなく注意点も知った上で検討したいところです。

今回の記事では、中古マンションを購入してリノベーションする際のメリットとデメリット、物件選びの注意点、費用の目安と実際の施工事例をご紹介します。
中古マンションリノベーションの基礎知識を包括した内容です。これから中古マンションリノベーションを検討されている方は、ぜひご一読ください。

続きを読む

マンションのリフォーム費用、相場はいくら?部位別価格まとめ

事例: https://hikarinobe.com/constructioncase/case_0094/ より

マンションのリフォームやリノベーションをしようと思い立ったとき、最初に気になるのはやはり費用のことではないでしょうか。

今回の記事では、「リフォームを検討したいけれど、いくらぐらい掛かるの?」と不安やお悩みを抱える方に向けて、キッチンや浴室、リビングといった代表的な部位のリフォーム価格の相場をご紹介します。

理想の住まいを手に入れるためにいくらぐらい必要なのかが分かれば、リフォームのプランも立てやすくなるはず。見積もりを取る前に、大まかな相場をチェックしておきましょう。

2015年9月12日 初出⇒2023年5月15日更新

続きを読む

防音性の高いマンションを見極める、8つの内見チェックポイント

マンション 防音

マンションでは隣人の話し声や子どもの足音、ペットの鳴き声などがトラブルの原因となることがあります。また屋外の喧騒や、自動車の走行音といった騒音が問題となることも。

この記事では、音に煩わされない防音マンションの選び方を紹介します。間取りや壁の素材など、建物構造によるメリットやデメリットについても解説します。また壁・床・窓など、内見でチェックしたいポイントもピックアップします。

※この記事では、防音にすぐれたマンションの選び方についてお話します。防音に関するリフォームその他の防音対策については、こちらに特集記事がありますので、ぜひ合わせてご覧ください。

2018年6月4日初出→2023年5月11日更新

続きを読む

マンションの耐用年数は何年?長く住める物件選びのポイントは?

20180709_useful_life_mansion_eyecatch

マンション、とくに中古物件を購入する際、「どれくらい長い間住めるのだろう」と不安に思う方は多いのではないでしょうか。

建物は、いずれは構造躯体や設備の老朽化によって住める状態でなくなってしまいますが、築何年くらいで住宅としての寿命を迎えるものなのか、心配になりますよね。

この記事では、マンションの建物や設備は何年もつのか、また長く住める物件とそうでない物件を見分けるポイントを解説します。物件を選ぶ際の参考にしてください。

2016年4月26日初出→2023年5月11日更新

続きを読む

住宅取得資金贈与の非課税措置とは?中古マンションでも使える?

shutterstock_726968182 (1)

住宅を購入するとき、ご両親から資金の援助を受ける予定の方もいらっしゃるかもしれません。

普通、親から贈与を受けた財産には贈与税がかかります。ですが住宅の購入資金については、一定の条件を満たせば贈与税が非課税になる「住宅取得等資金非課税の非課税特例」があります。

この税制優遇の適用は2021年末で終了予定でしたが、2021年の税制改正大綱により、2023年12月31日まで延長されました。近年は住宅に関する助成制度が見直されているほか、相続や贈与に関する税制の見直しも進んでおり、2023年が住宅取得資金贈与の非課税をつかえるラストチャンスになる可能性も。

この記事では、贈与税の非課税特例の内容と、利用時の流れや注意点について解説します。住宅購入にあたって親などから資金援助を受ける予定のある方は、ぜひご一読ください。

2020年4月29日初出⇒2023年4月21日更新

続きを読む

2023年住みたい街ランキング。東京が9位!都心回帰の兆し?

1

どんな家に住むか、と同じぐらい大事なのが「どの街に住むか」。

もちろん、家族構成や仕事、ライフスタイルによって住みやすい街も人それぞれです。

今回は、リクルートの「SUUMO住みたい街ランキング2023首都圏版」の結果から、住みやすい街・良い街はどんなところなのかを探ってみましょう。

これからマイホームをご検討の方はぜひ参考にご覧ください。

続きを読む

東京の子育てしやすい街8選!各自治体の支援制度・保育園事情

1

東京都内で子育てしやすい街はどこなのでしょうか?

子育ては住まい選びに大きく関係する要素。子どもが健やかに成長できる環境も大事ですし、自治体の子育て支援も充実しているほうが嬉しいですよね。

もちろん日常生活や通勤の利便性、家賃や住宅ローンの支払いもきちんと考えて、住まいや住む街を選びたいところです。

この記事では、東京の子育てしやすい街を、23区内・都下市部にわけて選び、保育園の利用しやすさや子育て支援策の充実度を、独自の視点から解説します。

続きを読む

2023年「子育てしやすい街」ランキング。支援の手厚い自治体は?

shutterstock_524347216

出産や子育ては、マイホーム購入の大きな動機のひとつ。

夫婦共働きが当たり前の今、子育ては家族以外のサポートがもはや必須に。行政にとっても、子育て世帯の支援は大きな課題で、力を入れる自治体も増えています。それだけに、子育て支援が手厚い地域で暮らしたい人も多いはず。

2023年現在「子育てしやすい街」はどこなのか、日経xwoman(旧・日経DUAL)「共働き子育てしやすい街ランキング2022」(2022/12/23発表)のランキングから考えてみましょう。

続きを読む

『本当に住みやすい街大賞2023』で読む不動産市場のトレンド

pixta_98903774_S

新しい住まいを探すとき、どんな家に住むかと同じぐらい大切なのが、「どの街に住むか」ではないでしょうか。

住みやすい街というのは、家族構成や仕事、ライフスタイルによってそれぞれです。

今回は、ARUHI『本当に住みやすい街大賞2023 in 関東』の結果から、いま本当に住みたい街の条件を探ってみましょう。

続きを読む

資料請求 物件を探す