ハンバーガーメニュー アイコン

無理無駄のないローンサポート

無理・無駄のないローンサポート

資金計画のご相談

住宅資金は、教育資金・老後資金と並ぶ人生の三大資金のひとつ。
現在の収入と支出、お子様の教育費やリタイア後の貯蓄などのライフプラン全体をシミュレーションして、お客様一人ひとりの人生設計に合った、無理のない資金計画をご提案いたします。

住宅ローンのご案内

リフォーム・リノベーションを行う上で気になるのはやはりお金。ローンを利用する方のために、各金融機関は住宅ローンやリフォームローンといった、さまざまな商品を揃えています。
ひかリノベは住宅購入やリノベーションの経験豊富なコーディネーターが、あなたにとってベストな選択肢をご紹介。
煩雑な審査や契約手続きも、ひかリノベにお任せください。

控除補助金等へのご対応

住宅を購入すると、住宅ローン控除やリフォーム減税といった税制優遇を受けることができます。省エネリフォームやバリアフリーリフォームなど、一定の要件を満たすリフォームは、補助金が出ることも。
ひかリノベは控除のご利用要件を満たしているかの確認はもちろん、証明手続きのサポートも承っております。

物件購入を伴う場合 リノベ費用も住宅ローンでまとめて借入

リノベ費用も住宅ローンでまとめて借入

住宅ローンは、住宅購入資金として利用できるローンです。住宅購入と同時にリノベーションやリフォームをおこなう場合は、物件の購入資金だけでなく、リノベーション費用もまとめて借入れることができます。
物件購入費は住宅ローンで、リノベ費用はリフォームローンと分けて借りることもできますが、ダブルローンになってしまうばかりか、リフォームローンは金利が割高。低金利の住宅ローンでまとめて借りる方が断然お得です。

所有物件のリノベーション ローン返済中の場合 
          住宅ローン借り換え

住宅ローン借り換えイメージ

現在ご返済中のローンから、別のローンに乗り換えることで、その中にリフォーム費用を組み込むことが可能になります。
10年前は3%だった住宅ローン金利も、いまや1%を切るように。借り換えによって浮いた利息分をリノベ資金に充てれば、実質ゼロ円で工事ができる可能性も。
借り換えにも審査があります。返済状況やリノベの内容に応じて、借入の可否や金額が決まります。審査や、その他の契約手続きに関しても、ひかリノベが全面的にサポートしますのでご安心ください。

所有物件のリノベーション ローン完済ずみの場合
          長期リフォームローン

リノベーション専用ローンが複数の金融機関によって用意されています。
一般的なリフォームローンは金利が高く、返済期間も10年以内と制限されていますが、リノベーション専用ローンはリフォームを施す住宅を担保としているため、金利が1%程度と安く、返済期間も最長35年と住宅ローンと同じような条件で借り入れできます。
あなたの収支状況に合わせて、より有利な条件で融資が受けられる金融機関をご紹介します。

ひかリノベのサービス

リノベ事例 お客様の声