家を買うタイミングはいつがベスト?年齢・年収・コロナの影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
home-timing-main

いつの時代も、マイホームの「買い時」は悩みの尽きないテーマです。

仕事、結婚、出産・子育て、老後など、人生にはさまざまなステージがあり、生活も絶えず変わっていきます。また、高額なものを長期間のローンを組んで買うわけですから、お金のことも考えなくてはいけません。

2020年から21年にかけては、新型コロナウイルスや東京オリンピックの延期など、これまでにはない不安要素も。今、家を買っても大丈夫なのか迷っている方も多いはず。

2021年の情勢を踏まえて、マイホームの買い時はいつか、一緒に考えてみましょう。

2020年10月7日初出→2021年6月3日更新

どのタイミングで家を買うのがベスト?

家の買い時を決める要素は、経済・社会情勢と、人生設計やライフステージの2つに大別されます。

物件の価格は世の中の景気に大きく左右されますし、金利や消費税の負担も決して小さくはありません。

一方、あなたやご家族のライフステージも刻々と変化していくはず。それによって、必要な住まいのかたちも変わっていくでしょう。

ライフステージに対する社会情勢の影響は、実はそれほど大きくはありません。お金のことばかりを考えていると、あなたやご家族の生活と、住まいのかたちがマッチしない状態が続いてしまうかも。
その間、賃貸に住むなら家賃も支払い続けなくてはいけないので、生涯の住居費は増えるばかりです。

家を買うべきタイミングだと感じたら、その時の経済・社会情勢を踏まえつつ、その時にお得だと思える物件を探すのが良いでしょう。

どのタイミングで家を買う人が多いの?

実際のところ、どんな人がいつ住宅を購入しているのでしょうか?データから住宅購入のタイミングを探ってみましょう。

年齢・ライフステージ

国土交通省の調査によると、一次取得層(初めて住宅を購入する人)の平均年齢は30代が中心。次いで40代が多くなっています。

出典:国土交通省「令和元年度 住宅市場動向調査報告書」 (https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001348002.pdf)

一次取得者 世帯主の年齢図
出典:国土交通省「令和元年度 住宅市場動向調査報告書

30代、40代は、結婚や出産・子育て、子どもの進学など、ライフステージの変化が多い年代です。若い世代ほど、「結婚、出産」や「子供や家族のため」といった理由で住宅を購入する割合が高くなっています。

出典:住宅金融支援機構「住宅ローン利用予定者調査(2020年5月調査)」 (https://www.jhf.go.jp/files/400353606.pdf)

住宅取得動機
出典:住宅金融支援機構「住宅ローン利用予定者調査(2020年5月調査)

逆に、年代が高くなると「老後の安心のため」が増えています。年を取ってからでも、ライフステージの変化は住宅購入と密接に関係していると言えますね。

最近では、独身のうちにマイホームを購入する人も増えています。

特に女性は、住宅の資産的な価値を重視したり、賃貸の家賃を払い続けるのは無駄と考える傾向があり、住まいを持つことで暮らしを安定させたいと考える人が多いようです。

出典:(一社)不動産流通協会(FRK)「『ひとり住まい』の持ち家ニーズ調査」 (https://www.frk.or.jp/suggestion/201801_hitorisumai.pdf)

出典:(一社)不動産流通協会(FRK)「『ひとり住まい』の持ち家ニーズ調査

シングルであっても、仕事、あるいは年齢を重ねることによってライフステージは変化していきます。マイホームは資産、そして生活の基盤として、あなたの生活を支えてくれる存在になるはずです。

独身だと住宅ローンが組みにくい、とも言われますが、実際にはそんなことはありません。シングルで住宅購入を検討されている方は、次の記事もご参照ください。

年齢

年齢は、住宅ローンの返済計画に大きく影響します。

ほとんどの住宅ローンでは、返済期間は最長で35年間。定収入のあるうち、つまり定年の65歳までに完済しようとするなら、遅くとも30代前半までに住宅を購入するのがベターということになります。

住宅ローンを組む際には加入が必要な団信(団体信用生命保険)も、年齢を重ねると、持病などで加入できないリスクが高まります。

ローンの返済だけを考えれば、貯金して頭金を用意してから、と考えるより、早めに購入を決断してしまうほうがベターなケースもあります。

年収と住宅ローン

資金計画を考えるときは、年収が大きなポイントになります。住宅ローンの審査では、無理な返済額ではないかを年収を考慮して融資する金額を計算しますし、月々の返済額も考えなくてはなりません。

一次取得層の世帯年収はどれぐらいでしょうか。新築の注文住宅で平均731万円、分譲マンションで752万円。中古住宅を選んだ世帯は600万円代となっています。

出典:国土交通省「令和元年度 住宅市場動向調査報告書」 (https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001348002.pdf)

一次取得者 世帯年収
出典:国土交通省「令和元年度 住宅市場動向調査報告書

ただ、購入する物件の種類やライフイベントは、人によって大きく異なります。そのため、年収から見た買い時を、一概に言うことはかなり困難です。
シングルの方なら、夫婦共働きに比べ世帯年収は少なくなりがちですから、これも額だけでは判断しづらいですよね。

「年間の返済額が年収の25%」が、無理なく返済を続けられる上限と言われているので、これを目安として、資金計画を立てるのが良いかもしれません。

実際の返済負担率も、15%から20%の間が平均的です。

40代以上で住宅購入を検討するなら、住宅ローン控除の恩恵を受けられる物件を選びながらも、一定の頭金を用意する、繰り上げ返済を視野に入れておく、など、返済の負担を軽減することを考慮しておきましょう。

住宅ローンを組むときの注意点は、次の記事もご覧ください。

時期

会社員の転勤や異動、子どもの進学に重なる年度末(1~3月)や、9~10月ごろは不動産取引が活発になるシーズンです。

より多くの物件が市場に出るので、希望の物件に巡り合いやすい一方、競争相手が多く、すぐに売れてしまう、値引きが期待できない、注文住宅では工事が立て込み工期が延びやすい、などのデメリットも。

ただ、売買の市場では、賃貸住宅ほど需要が大きく変動することは少ないので、そこまで強く意識する必要はないでしょう。

2021年、家を買うのはどうなの?

新型コロナウイルスの感染拡大が始まって1年。東京オリンピック・パラリンピックも1年延期となり、開催するとしても外国からの観客受け入れを断念する事態となりました。

景気の先行きは依然不透明。経済と密接な関係を持つ住宅市場には、どのような影響があったのでしょうか。

コロナの住宅価格への影響

近年は、マンションの価格が大きく値上がりする一方、土地や戸建て住宅の価格は横ばいで推移していました。

不動産価格指数(2010年の平均を100として現在の価格を表す数値)の推移を見ても、マンションの価格が飛びぬけて高くなっていることがわかります。

出典:国土交通省「不動産価格指数(住宅)(令和2年5月分・季節調整値)」 (https://www.mlit.go.jp/common/001360647.pdf)

不動産価格指数(住宅)(令和2年5月分・季節調整値)
出典:国土交通省「不動産価格指数(住宅)(令和2年5月分・季節調整値)

当初は新型コロナの影響が心配されましたが、蓋を開けてみると、2020年、首都圏のマンション平均価格は新築6055万円、中古3487万円(東京カンテイ調べ)で、上昇傾向が続いています。

また、地価もコロナの影響が大きいと考えられていたことのひとつです。

土地付きの戸建て住宅は、特に地価が価格にある影響が大きいので、価格が変動する可能性が指摘されていました。

国土交通省が3月23日に発表した令和3年の地価公示(毎年1月1日時点の地価を調査、鑑定した結果。土地の取引や金融機関の担保評価に利用される)は、コロナの影響によって6年ぶりの下落となりました。

出典:国土交通省「令和3年地価公示の概要」  (https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/content/001391750.pdf)

出典:国土交通省「令和3年地価公示の概要

 

ただ、住宅地も「全体的に需要は弱含み」であり、地域の範囲は狭まっているものの、中心部や交通の利便性が良い近郊の住宅地など、立地条件が良好なところは上昇傾向が継続。また、地方圏の主要都市でも上昇が続いています。

断言はできませんが、マンションの価格がコロナ禍でも上昇している傾向を踏まえると、住宅地の地価も今後、これ以上下落するとは考えにくく、戸建て住宅の価格への影響も限定的ではないかと予想します。

オリンピックの影響

オリンピック後の住宅市場については、以前からいろいろな説が言われていました。

オリンピック後もインフラ整備や再開発は進むので建設需要は高い状況が続くため、価格は上昇していくという説がある一方、オリンピック後は景気が低迷する傾向にあり、住宅の価格上昇は落ち着くという主張も。

いずれにしても、オリンピックだけが住宅の価格を決めることはなく、それ以外の要素も大きく影響しますし、また、マンションと一戸建てでも異なります。一戸建てはあまり価格が変動しておらず、今後もオリンピックの直接的な影響はないと考えられます。

ただ、外国人観光客の受け入れを断念することが決まったため、景気が低迷し、結果として住宅価格が下がる――その可能性は十分にあるでしょう。

低金利は続く?

日本銀行の低金利政策のため、かなりの低水準で推移していた金利ですが、今後も、しばらくは低い水準で推移が続きそうです。

日本銀行は、新型コロナウイルスによる経済のダメージを抑えるため、大規模な金融緩和策を維持する方針を決めています。

住宅ローンの金利も、当面は現在の低い水準で推移していくでしょう。参考までにフラット35の金利を見ると、2021年に入ってからも1.3%前後で推移しています。当面、大きく上昇することはないとみて良いでしょう。

出典:住宅金融支援機構「【フラット35】借入金利の推移」 (https://www.flat35.com/files/400343898.pdf)

借入金利の推移(最低~最高)平成29年10月から
出典:住宅金融支援機構「【フラット35】借入金利の推移

後悔しないために!家を買うときの注意

「買い時」ばかりを気にしすぎていると、あなたやご家族にとって家を持つべきタイミングを逃したり、いい物件を手に入れる機会を逃す可能性もあるでしょう。

人生設計にはなかった、思わぬできごとが起こることもありえます。急にまとまったお金が必要になることもあるでしょう。住宅ローンの返済が暮らしを圧迫するような事態は避けたいものです。

まずは、今の時点で将来のライフプランを明確にして、将来起こりうるような事態も織り込みながら、無理なく返済できる資金計画を立てましょう。そうすれば、おのずと適正な物件価格もわかるはず。

選択肢は新築だけじゃない~中古のススメ

マイホームはやっぱり新築がいい、とお考えの方も少なくないでしょう。

新築の一番のメリットは、当然ですが「新しい」こと。設備に、今のライフスタイルに合った最新のものが使われていたり、耐震性や省エネ性能も昔に比べれば高いレベルの物件が増えています。
注文住宅なら、自分やご家族の希望を反映させた、自由な家づくりも魅力でしょう。

所有権の登記にかかる登録免許税は新築のほうが安く、条件はあるものの、固定資産税が半額になる特例(マンションは5年間、一戸建ては3年間)も受けられます

一方、どうしても価格は高め。不動産会社やハウスメーカーが、宣伝費などの経費を価格に上乗せするからです。

住宅の購入時には、仲介手数料や登記費用、住宅ローンの事務手数料など諸費用が発生します。これは中古でも新築でも同じですが、新築の場合、マンションなら修繕積立基金(管理組合をつくる際、ある程度の修繕積立金の蓄えを用意するために集めるお金)や、一戸建ては水道の整備費など、それ以外の支出が発生することがあります。

万人向けのつくりになっている建売住宅や分譲マンションでは、自分のライフスタイルに合う物件が必ず見つかるとは限らない、といった問題もあります。
完成前に売り出される物件は、間取り図だけで暮らしをイメージしなければならないため、ミスマッチも起こりやすいのです。

中古住宅には、性能が低い、設備が今風ではない、劣化が進んでいる、といったデメリットが確かにあります。

しかし、何と言っても価格の安さは最大の魅力。個人間取引なら消費税も非課税です。浮いたお金をリフォーム・リノベーションに当てれば、デメリットの大部分は解消することができます。

最近では都市部の再開発が進み、新築物件も増えていますが、立地の良い物件を見つけるなら、中古マンションは比較的有利な存在です。
一戸建てでも、周辺環境やエリアを重視するなら、中古のほうがいい物件を見つけやすいでしょう。

中古マンションなら20年程度で価格の大きな変動がなくなるので、もし売却することになっても、購入価格と売却価格の差はさほど大きくなりません。
立地条件が良ければ、リセールバリューも高いので、資産としても優秀です。

その他、マンションなら管理状態も実際に見て確認できたり、管理費や修繕積立金が短期間で値上がりしにくいのも、中古ならではの特徴ですね。

新築だけに囚われず、中古住宅+リノベーションなど、それ以外の選択肢を考えておくと、より理想の物件と巡り合える機会が増えるはずです。
ひかリノベでは「中古を買ってリノベーション」「建売を買って性能向上リフォーム」、「リフォーム済をさらにリフォーム」など、多様な住宅取得計画に合わせたサービスを展開しています。

住宅購入、いつから動き始めればいい?

住宅はしばしば「一生に一度の買い物」と言われます。気に入らないからといって、ぽんと買い替えるわけにもいきませんね。十分に時間をかけて、検討してから契約したいものです。

事前の情報収集(物件探し、住宅会社選び)や打ち合わせも、失敗しないためにはある程度の時間をかけて慎重に進めましょう。少なくとも1~2カ月は見ておくべきです。

新築の注文住宅や中古住宅+リノベーションでは、少なくとも設計に1カ月、工事に3~6カ月はかかります。(工事内容の規模・面積によって変わります)

合計すると、入居までにかかる時間は半年から1年ほど。建売や分譲マンションなら、もう少し短くて済むかもしれませんが、早めに取り掛かるのに越したことはありません。

おわりに

人生の中で、住まいを見直さなくてはいけないタイミングは必ずやってくるでしょう。

繰り返しになりますが、マイホームの買い時は、あなたやご家族のライフステージにも大きく関わっています。価格推移や金利ばかりを気にしていると、いつまでも良い住まいに巡り合えないかもしれません。
今の状況で無理なく買える物件を選び、資金計画をしっかり立てれば、不安になる必要は全くありません。

周りに振り回されすぎず、自分にとってのタイミングを見極めながら、じっくりとマイホーム購入と向き合ってください。

 


【記事監修】櫨元宏(宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー)

00-100

宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザーの有資格者。中古リノベから注文住宅まで、13年間におよぶ建築業界での営業経験をもつ。プライベートでは料理をこよなく愛する一面も(クックパッドにてレシピ公開中!)「食と住は生活の“根っこ”だと思います。キッチンへのこだわりを口にされるお客様は非常に多いです。一方で水廻りのリフォームは、物件によって制約も生じやすい部分。知識と経験をもとに『リノベ向き物件』をご紹介します」


好きな街。好きな暮らし。
ひかリノベの『中古を買ってフルリノベ』

ひかリノベの中古を買ってリノベーション

中古マンション・中古戸建物件の購入からリノベーションの設計・施工までワンストップ! 宅建士や建築士といった住まいづくりの全てのプロセスの専門家が専属チームを結成し、家づくりの一部始終をフルサポートいたします。

詳細はこちら >

パンフレットDLバナー_PC用 パンフレットDLバナー_SP用

おすすめの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
資料請求 オンライン相談