リノベーション

子育てエコホーム支援事業とは?リフォームでも使える?いくら貰える?

pixta_48189137_S

本年2024年は、省エネ関連のリフォーム補助金制度が非常に充実しています。

中でも「子育てエコホーム支援事業」は対象となる工事の幅も広く、注目の補助金制度。
昨年実施された「こどもエコすまい支援事業」の後継事業で、省エネ性能の高い住宅の購入やリフォームを支援する制度です。

この記事では、「子育てエコホーム支援事業」のうち、とくにリフォームやリノベーションに関する内容について詳しく解説します。今年リフォームをしたいとお考えの方は、ぜひ参考になさってくださいね。

続きを読む

省エネ住宅のリノベーションで使える補助金や減税制度(2024年)

pixta_77657339_M

本年2024年は、省エネ関連のリフォーム補助金制度が充実しています。リフォームをお考えの方にとって、今年はチャンスの年といえます。

しかしどのような制度があるのか、どのような住宅が対象になっているか分からない……という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、「省エネ住宅へのリフォームやリノベーション」に使える補助金・優遇税制をまとめ、補助金額や減税額、利用条件を分かりやすく解説します。
これからリフォームをお考えの方は、ぜひ参考になさってくださいね。

続きを読む

二重サッシと複層ガラス、何が違う?断熱効果はどちらが高い?

二重サッシを取り入れたリノベーション事例 (https://hikarinobe.com/constructioncase/case_0031/)

光熱費や快適さに大きく影響する住まいの断熱性能ですが、特に大きな弱点になるのが窓です。
断熱性を高めるためには、窓の高性能化は必須といってもいいでしょう。

窓の性能アップにはさまざまなやり方がありますが、リフォーム・リノベーションでよく使われるのが、既存の窓の内側にもうひとつサッシを取り付ける「二重サッシ(二重窓)」です。

二重サッシにすると、暮らしはどう変わるのでしょうか?
具体的な効果やメリットデメリット、また意外と勘違いが多い「複層ガラス(ペアガラス)」との違いをお伝えします。

続きを読む

部屋の湿度は何%が適正?快適な湿度を保つ方法とは

画像37

部屋の湿度は、季節やその日の気温で大きく変化します。
ジメジメする梅雨時は湿度が70%を超えることも。
一方、乾燥する冬から春は湿度が30%台まで落ち込むことがあります。

部屋の中の湿度が低い状態では、乾燥して肌やのどを痛めてしまう可能性もあり、人間の健康面への悪影響が心配です。
反対に湿度が高いと、カビやダニが増えやすく健康への影響だけでなく、建物への悪影響も。

今回の記事では、適正な湿度は何%なのか。また、湿度を快適に保つためにはどんな方法があるのかを解説していきます。

続きを読む

アイランドキッチンのデメリットとは?どんな人が向いてるの?

M0A3972s

アイランドキッチンは、オープンで開放的なスタイルのキッチンです。料理をしながら家族や友人とコミュニケーションを取りやすく、インテリアとしてもおしゃれで魅力的ですよね。

しかし、アイランドキッチンにはスペースの必要性や整理整頓の難しさ、臭いや煙、油はねや油煙などのデメリットもあります。後悔しないよう、メリットだけでなく、どのようなデメリットがあるのかもしっかりと把握しておくことが大切です。

この記事ではアイランドキッチンのデメリットを踏まえた上で、どんな人が向いているのか、アイランドキッチンを計画する際の注意点、参考にしたいアイランドキッチンの導入事例を紹介します。キッチンを導入予定の方、キッチンリフォームをご検討中の方、ぜひ参考になさってくださいね。

続きを読む

リフォーム資金を援助してもらうと贈与税はかかる?非課税制度は使える?

pixta_78292832_S

住宅のリフォームやリノベーションの資金を両親や親族から援助してもらった場合、贈与税がいくらかかるのか、疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

リフォーム工事を含む住宅購入資金の援助の場合には、贈与税が非課税となる制度があります。
この制度は2023年末で終了予定でしたが、本年2024年の税制大綱により、2026年末まで延長が決まりました。

この記事では、「住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置」をはじめ、リフォーム資金の贈与をめぐる優遇制度や利用条件について詳しく解説していきます。これからリフォームしようと考えている方、とくに親や親戚から資金を援助してもらう予定があるという方は、ぜひ参考になさってくださいね。

続きを読む

スケルトンリフォームは戸建でも可能?費用の目安はどれくらい?

nolan-issac-K5sjajgbTFw-unsplash

スケルトンリフォームとは、家の躯体(柱・梁・基礎)だけを残して間取りや内装、外装などを一新するリフォームのこと。新築や建て替えよりも費用が安く済み、自分好みの空間やデザインにできるというメリットがあります。

一方で、元の建物の状態によっては新築以上に費用がかかる可能性や、法律的な問題でリフォーム内容に制約が生じるケースも。

この記事では、そもそもスケルトンリフォームは戸建てでも可能か・具体的に何ができるのか? 費用や注意点をまとめました。
また建て替えとリフォームで迷った場合の考え方についても解説。
戸建物件のリフォームを検討している方は、ぜひ参考になさってくださいね。

続きを読む

防音ドアの選び方~開き戸か引き戸か?材質は?

_Z7A0915_s

ドアは音漏れの原因になりやすい箇所です。部屋の防音性を高めるためには、ドアの選び方がとても重要になります。

「防音ドア」と一口に言っても種類や性能はさまざま。自宅でのWEB会議時に話し声が漏れることを防ぎたい、家族の眠りを妨げずに夜の映画鑑賞を楽しみたい、楽器演奏用にしっかり防音したいなど、目的もそれぞれ異なるでしょう。
住まいの環境やライフスタイル、防音する目的に合ったドアを選ぶことが大切です。

この記事では、防ぎたい音に合わせた防音ドアの選び方のポイントを解説します。

続きを読む

中古戸建をリノベーション。物件選びの注意点は?工事費用の目安は?

事例: https://hikarinobe.com/constructioncase/case_0072/ より

「中古の戸建物件を購入してリノベーションをしたい」という人が増えています。

新築価格が高騰している昨今、安価で立地の良い中古物件を購入し、自由に間取りやデザインを変えて理想の住まいを実現する「中古リノベーション」は、現実的な賢い選択肢です。

この記事では、「中古の戸建物件を購入してリノベーション」を特集。戸建てをリノベーションするメリットや、物件選びの注意点、工事費用は「いくらあれば何ができるのか」、実際のリノベーション事例とともに解説します。

続きを読む

抜けない「筋交い」、おしゃれに生かすリノベーション方法は?

柱と筋交いをオシャレに活かした戸建てリノベーション事例

筋交い(すじかい)は、建物の耐震性や強度を保つための構造部材です。

木造戸建のリノベーションでは、この筋交いや柱が抜けないために、理想の動線が作れない、解放感が得られないなど間取り変更の障壁となる場合があります。

しかし最近では、あえて筋交いを残し、現しにしてデザインに生かすリノベーション事例も増えてきました。

この記事では、筋交いのおしゃれな活用法とリノベーション事例を紹介します。

続きを読む

資料請求 物件を探す