防音室はいくらで作れる?具体的な費用と性能を紹介!

pixta_32749410_M

防音室リフォームを考えている人にとって気になるのが、リフォームにかかる工事費用ではないでしょうか?こちらの記事ではそんな疑問にお応えすべく、防音工事の費用相場を中心に、相場が変わる理由なども詳しく解説!

防音工事の基礎知識や防音工事の種類、目的別に必要な防音性能を知ることで、自宅のお部屋にはどんな防音工事が適しているか分かるようになります。

続きを読む

マンションに防音室は作れる?知っておきたい注意点を解説!

pixta_73491988_M

マンションで楽器やスピーカーなど大きな音が鳴る物を使用する時は、一戸建てよりも防音をしっかりとする必要があります。というのも、マンションはそれぞれの世帯が壁でしか仕切られていないため、生活の音が隣の家に伝わりやすいためです。

こちらの記事では「マンションに防音室は作れる?」をテーマに、目的別の防音室の性能比較や防音工事の費用の目安、実際の事例を参考にしたお部屋丸ごとの防音室リフォームのメリットなどを詳しく紹介していきます。

自分のマンションの一室に防音室を作りたいと検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

中古マンション購入の諸費用〜何に・いつ・いくら掛かる?

mansion-taxes-expenses

中古マンションの購入には、物件代金のほかに手数料や税金がかかります。
そのため「いくらの物件が買えそうか?」予算を考える際は、こうした各種諸費用も込みで考えなくてはいけません。
住宅ローンを借りる場合にも、現金で用意しなくてはいけない費用もあるため、いつまでに・何を・いくら支払うのか、あらかじめシミュレーションしておきましょう。

2015/6/18初出⇒2019/10/1更新⇒2022/2/4更新

続きを読む

戸建てこそ「中古を買ってリノベーション」がおすすめなワケ

タイルが印象的なキッチン

「庭付き一戸建てに憧れる」という方は非常に多くいます。しかし現実的には、土地が見つからない、価格が高いといった課題があり、諦めてしまう方も少なくありません。

そんな方に一度考えていただきたいのが、「中古住宅を買ってリノベーションする」という選択肢です。

今回は、中古リノベーションのメリットとデメリット、物件選びのポイント、リノベーションでどんなことが出来るのか解説していきます。実際に、ひかリノベで「中古戸建を買ってリノベーション」をしたお客様の実例も記事内でご紹介します。

どんな方法でマイホームを構えようか迷っているという方、必見の特集です!

2016/2/29初出→2019/10/3更新→2021/3/18更新→2022/2/4更新

続きを読む

家を現金一括で購入して大丈夫?メリット・デメリットを解説

Miniature house, shopping cart , buying new house,

マイホームの購入を現金一括して支払うか、住宅ローンを利用すべきか悩む人もいるのではないでしょうか?住宅を現金で購入できる人はそう多くありませんが、現金一括払いができれば住宅ローンの利息や諸費用が不要になるなどのメリットがあります。

しかしぎりぎりの資金で一括で購入した場合には、その後の生活資金や教育資金などが不足し生活に余裕がなくなるという恐れがあります。

そこでこの記事では、家を現金で購入するメリット・デメリットを挙げ、どちらが得なのか解説します。

続きを読む

年収別・住宅ローンの借入可能額&無理なく返せる金額は?【2022年最新版】

pixta_33774866_M (1)

念願だったマイホームを購入しよう!と考えたとき、住宅を購入する人の多くが利用する住宅ローン。

もともと十分な貯蓄がある方は別として、新たにローンを組もうと考えている方の中には、「自分の年収だといくら借りられるんだろう?」「無理なく完済できるだろうか…」と、不安を感じる方は少なくないようです。

例えば、年収500万円の人が無理なく返済できる借入可能額の目安は?あるいは年収600万円だったら……?

今回は、安心して借入できる金額も、年収別にひと目で分かる一覧表にまとめました。

ローン審査の基準など、ローンと年収に関する役立つ知識をご紹介します!

2019年2月3日初出→2020年10月02日更新→2021年5月24日更新

続きを読む

住宅ローン審査の基準とは?落とされる理由と対策を解説【2022年最新版】

shutterstock_580092196 (2)-min

住宅購入に不可欠な住宅ローンですが、申し込めば必ず利用できるというわけではありません。融資を受けるには、銀行(金融機関)の審査をクリアすることが必要。住宅は非常に高価な買い物であるうえに、返済期間も最長35年と長いので、必然的に貸す側もシビアにならざるを得ないのです。

銀行はあなたの収入や職業、健康、あるいはあなたが購入する住宅の価値をチェックし、「お金を貸しても大丈夫か?」「ちゃんと返済できる人物か?」を判断します。

金融機関がなにを審査の基準にしているのかを事前に知っておけば、マイホームの夢もぐっと実現に近づきます!

続きを読む

【2022年最新】中古マンションの買い時はいつ?コロナの影響は?

when-to-buy

マンションを購入しようと考えている人にとって、気になるのはやはり今が「買い時」なのかどうかではないでしょうか?

2020~2021年は、新型コロナウイルスの影響で世の中が大きく揺れ動きました。先行きも不透明な中、今、マンションを購入しても大丈夫なのか、迷っている方はたくさんいらっしゃるかとおもいます。

2022年の今、マンションの「買い時」はどう見極めればいいのか。中古マンション市場の予測と合わせて解説します。

2015年9月16日初出→2020年8月11日更新→2021年6月22日更新→2022年1月12日更新

続きを読む

中古住宅で住宅ローン控除を利用するには?【2022年最新】

pixta_67920930_M (1)

夢であったマイホームの取得!新築住宅では住宅ローン控除を受けられることはご存じと思いますが、中古住宅では「どうなのだろうか?」と悩む人が多いのではないでしょうか。

住宅ローン控除は、毎年ローン残高の0.7%を、10年間にわたって所得税から控除する制度。

この記事では、中古住宅で住宅ローン控除を受けるための要件や注意すべき点などについて解説します。
2022年度からは、控除率や控除期間が大きく変わります。今のうちに、変更内容をきちんと押さえておきましょう。

2015年8月1日初出→2019年12月20日更新→2021年4月14日更新→2022年1月31日更新

続きを読む

【2022年1月最新】リフォームがお得になる補助金・減税制度

Real estate or property development. Construction business investment concept. Home mortgage loan rate. House model on international banknotes with calculator on the table.

リフォーム・リノベーションには、補助金や減税制度など、種々の優遇制度があります。

制度によって条件は違いますし、同じ内容のリフォーム工事でも制度によって給付される補助金の額が異なったりもします。同じ制度で同じ工事でも、もらえる補助金の額が違うことも。
どの補助制度や税制優遇が使えるのか、一番補助額が大きいのはどれか、よくわからない方もいらっしゃるのでは?

今回は、2022年度に実施予定のリフォーム・リノベーション支援制度を、工事の内容別にまとめてご紹介します。お住まいのリフォーム・リノベーションをお考えの方はぜひご参考に。

※各補助制度・優遇制度の内容や給付額は、2022年1月時点の情報です。4月以降、内容が変更になることもあります。利用時は、各制度のホームページを見たり、事業者に問い合わせたりして確認してください。

2017/4/27初出→2020/4/29更新→2021/4/14更新→2022/1/28更新

続きを読む

リノベーション事例
お客様の声

お問い合わせCONTACT

  • 0120-818-250 営業時間:10:00~18:00 (水曜定休)
  • カンタン入力!無料で資料請求!
  • オンライン相談
資料請求 物件を探す