リノベーション虎の巻

アート作品の中に棲む。デザイナーズリノベーションの魅力!

elegant-room

「来客が感心するおシャレな賃貸に住みたい」

「センスのある人と一緒に格好良い住まいを作りたい」

おシャレさや格好良さを住まいに求めるあなたにお勧めしたいのがデザイナーズリノベーションです。

デザイナーズリノベーションとは、その名前の通り、デザイナーがリノベーションを行うということです。

雑誌やインターネットで、「こんな格好良い住まいにどうやったら出来るの?」と感心させられる写真が紹介されていますが、デザイナーズリノベーションなら、あなたも実際にそのセンスのある住まいを手に入れることができます。

この記事では、デザイナーズリノベーションについて紹介します。この記事を読んで、ぜひ、ハイセンスな住まいを手に入れてください。

続きを読む

日本の伝統やワビサビと暮らす古民家リノベーションノウハウ

old-house

例えば夏休み、おじいさんおばあさんや親戚の家に遊びに行った時を想像してみてください。

納屋や軒下がある家で、縁側でスイカを食べながら、蝉しぐれをBGMに土庭の家庭菜園を眺めて楽しむ。
そんな日本人の“懐かしさ”や“素朴さ”がぎゅっと詰まった「古民家」。

今、そんな古民家を、最新の技術でリノベーションし、安心・安全・快適に暮らす「古民家リノベーション」が密かに注目されています。

また、Airbnb(エアビーアンドビー)でも、日本の古民家は人気があり、国内外で古民家は注目されています。

「古民家の素材や構造」はそのまま、基礎を補強し設備を最新設備に交換すれば、「夏は涼しく冬は温かい」日本伝統家屋の良さを実感しつつ、快適に生活することができます。

また、「古民家に住んでみたいけど、住みたい場所に良い古民家がない・・・」なんてお悩みの方には、物件を古民家のように改造するリノベーションについてもご紹介します。

この記事では、古民家をリノベーションする古民家リノベーションと、中古物件を古民家風に改造する古民家風リノベーションの二つを、分かりやすいように色分けしながらご紹介していきます。

この記事を読んで、忘れかけていた「日本人の古き好き暮らし」に、夢をはせてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

人生で一番長く居る部屋。リノベーションで自慢のリビングに

living-room

あなたは、お家に友人を快く案内することができますか?

友人や知人をお家に招くとしたら、まずは、リビング(居間)に案内することになると思いますが、リビングを堂々と見せることができるでしょうか?

お客さんがほとんど来ないとしても、リビングは家族のだんらんの中心であり、家族が快適に過ごせるのが好ましいですよね。

今回は、リビングのリノベーションについてご紹介します。

リビングを変えれば、人付き合いも、家族間のコミュニケーションも変えることができます。

この記事を読んで、ぜひ、リビングのリノベーションを検討してみてください。

続きを読む

後悔しない!自分の家族に合ったマンションの間取りの選び方

間取り

マンション購入を検討する際に、一番気になるのが間取りではないでしょうか?

「寝室はこっち、子供部屋はあっち、この小部屋は書斎にしよう」

マンション選びで一番ワクワクするのが、間取りとにらめっこしながら、住まい計画を立てる時かもしれません。

しかし、間取り選びには注意が必要です。

間取りが家族に合っていないと、生活の不満として引越しを考える大きな要因となります。

「帰ってきた子供の顔が見えない」
「朝に、洗面所で渋滞が起きる」

家族の不満も噴出しやすく、家族間の円滑なコミュニケーションにも悪影響を及ぼしかねません。

この記事では、マンションの間取りの見方や、あなたにおススメの間取りをご紹介します。

これを読んでマンション選びをすれば、マンションの間取りで失敗するということはなくなりますので、マンション購入・賃貸を考えている方、間取り変更を考えている方は、ぜひご一読ください。

続きを読む

アパートをリノベーションする前におさえておくべき基礎知識

kitchen

アパートのリノベーションを検討されている方は、大きく、貸主と借主に分かれます。

貸主は、リノベーションして、賃貸物件を綺麗にして、空室率を減らしたい。
借主は、綺麗なリノベーション済み物件に住みたい、あるいは、自分でリノベーションしたい。

それぞれ、別のニーズがあります。

少子高齢化、人口減少で、空室率が増えていく中で、借主を探すには工夫が必要です。家賃を下げて貸し出すのも1つの手段ですが、リノベーションして、他の物件と差別化すれば、家賃を下げずに、むしろ、上げることもできます。

また、借主にも、自分らしい住まいを自分で造ってみたいと考えている方もいるでしょうし、お洒落なリノベーション済み物件に住みたいという方もいるでしょう。

この記事では、アパートをリノベーションする上での基礎知識を、貸主と借主に分けて、解説しています。

アパートリノベーションを考えている方は、実際にする上でのポイントが分かりますので、ぜひ、お読みください。

続きを読む

新築よりお買い得!リノベーション済みマンション購入ガイド

interior

「なるべくお金をかけずに、でも、新築のような綺麗なマンションに住みたい!」

そんなあなたのご希望に応えられるのが、リノベーション済みマンションです。

リノベーション済みマンションは、デザインから設備まで全て替えてあります。

新築マンション同様に綺麗で、新築マンションの3分の2程度の値段で購入できるのです。

この記事では、リノベーション済みマンションの魅力をお伝えし、購入する際のポイントを解説します。

これを読めば、安心してリノベーション済みマンションを購入することができますので、購入を検討中の方は、ぜひご覧ください。

続きを読む

最適なリノベーション向きマンションを見極めるポイント4つ

mansion

リノベーション向きのマンションって、どんなマンションか分かりますか?

多くのサイトで、リノベーション向きマンションが紹介されていますが、何でリノベーション向きなのか、プロが見てもよく分からない物件も多く含まれています。

単にリフォームが必要な物件や、築年数が経っているだけの物件を、リノベーション向きとして紹介されているケースもあるのです。

「リノベーション向きマンションを購入したけど、自分の好きなようなリノベーションは実現できない・・・」そんなことは絶対にないようにしたいですよね。

この記事では、リノベーション向きマンションとは何かお伝えします。

それに、リノベーション向けマンションの探し方や、手に入れるまでのプロセスについても解説しますので、リノベーション向きマンションをお探し中の方はぜひ、ご覧ください。

続きを読む

リノベーションの意味を徹底解明!どんな人におススメか?

reform

あなたは、リノベーションの意味をご存知ですか?

そもそもリノベーションを知らないという方もいらっしゃるでしょうし、また、家のデザインを格好良くすることだと考えている方もいらっしゃるでしょう。

近年では、自分らしい住まいを実現するためにリノベーション住宅を選ぶ方も増えていて、住まいの1つの選択肢として定着しつつあります。

リクルート・住まいカンパニーの「リノベーション・DIYに関する意識調査」(2014年)によると、リノベーションを検討すると答えた方が67.9%に上っており、既存住宅(ストック住宅)の活用に力を入れる国の政策もあって、リノベーション住宅がますます広がっていくことが予想されます。

この記事ではリノベーションの意味をお伝えするとともに、リノベーションをするとどうなるか、どんな人におススメなのかもお伝えします。

リノベーションの意味を知り、自分に向いているか判断できますので、是非読んでみてください。

続きを読む