【事例あり】防音室の設計で注意すべきポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
モダンなデザインのレコーディングスタジオ

在宅時間が多くなった昨今、自宅マンションに防音室を作る人が増えてきました。マンションは隣家と壁や床、天井を共有しているため、楽器やスピーカーからの音漏れには特に気を付けたいですよね!

今回はマンションに防音室を設置するにあたって、設計段階で注意すべきポイントをご紹介。防音室を作る際は防音室を使う人の満足だけでなく、家族や隣近所に住む方の生活の質を下げない工夫をするのも重要です。
ポイントを押さえた設計で、防音室リフォームを成功させましょう。

後悔しない防音室を作るためのポイント

防音室は使用目的や周囲の環境、既存の部屋の状態など、個々の部屋ごとに一から設計しなければなりません。こちらでは、後悔しない防音室を作るためのポイントや注意点を中心に紹介していきます。

マンションの管理規約を確認

マンションで防音室を作る場合は、マンションの管理規約を必ず確認しましょう。購入したマンションであっても、内部のリノベーションやリフォームには、管理組合の許可が必要なことが多いためです。

マンションには所有者が自由に変更できる部屋の内側に当たる「専有部分」と、専有部分以外の全て「共有部分」に分かれます。共有部分はマンションに住んでいるすべての人が共有する部分のため、原則として管理組合総会の決議なしには変更できません。

マンションに防音室を設置するには、共有部分の窓や窓枠に手を入れる必要があるので、管理規約を確認したり、管理組合の許可が必須です。

室内の音にも注目

防音室を設計する際は、音を室外に出さない遮音だけでなく、室内の音の響きにも気を付けましょう。室内で音が響きすぎると、元の音が分からなくなり楽器を演奏しにくくなってしまったり、長時間いると生理的に苦痛を感じてしまうことも。

「防音」にはそもそも、音を外の漏らさない「遮音」と、室内で音の響きをコントロールする「吸音」の両方の意味があります。防音室を作る場合は音を外に漏らさないよう壁や床を二重にする工事のほか、室内に吸音材などを使用して音の響きをコントロールするのが一般的です。

楽器にはそれぞれ心地よいとされる残響時間というものがあります。残響時間は吸音素材の持つ吸音率で調整するのですが、このとき推奨される吸音率は、基本的に音の残響時間が長い(響きが多い)ライブから音の残響時間が短い(響きが少ない)デッドまでの数値で表されます。

こちらは使用する楽器や目的ごとの推奨吸音率の一覧です。

推奨吸音率 ライブ 0.15 0.19 0.24 0.3 0.4 デッド
使用目的 弦楽器 声楽 ピアノ フルート・クラリネット トランペット・トロンボーン オーディオルーム・シアタールーム ドラム

床の防振設計防音室で使う楽器によって推奨吸音率が変わってくるため、どんな楽器を使用する予定なのか、またどんな目的で使用したいかで吸音率を変える必要があります。

防音室を設計するときは、床の防振設計にも注意が必要です。

音には空気の振動で音が伝わる音(空気伝播音)と、壁や床が振動することで耳に届く音(個体伝播音)の二種類があります。この音の種類によって床や天井、壁の遮音や振動を防ぐ防振工事の方法が変わってくるからです。

こちらは音の種類ごとに必要な防振構造の詳細です。

防振構造の種類

特徴

固定遮音構造

空気が振動することによる空気伝播温の遮音に効果的
外壁や間仕切りの壁に音を遮断する吸音材などを取り付ける

浮遮音構造

床や壁が振動することで伝わる個体伝播音を遮断
固定遮音構造の部屋の内側にもう一つの浮いた箱を設置するイメージで振動が外側の箱に伝わらないような施工をする

ドラムやベースが出す重低音は床などの低い部分を振動させて伝わるため、床を浮遮音構造にするのが効果的です。
また様々な音が出るオーディオルームやシアタールームの防音工事でも、浮遮音構造にすることをおすすめします。

開口部の隙間に注意

防音室を作る場合は、窓や出入り口ドアなどの開口部の隙間に気を付けましょう。せっかく壁や床に防音工事をしても、窓やドアに隙間があるとそこから音が漏れてしまうからです。

窓は専用の「防音ガラス」に交換するか、既存窓の内側にもう一枚ガラス窓を取り付けて、隙間からの音をシャットアウトします。さらに、窓を閉めた状態で窓枠とガラスの間に隙間を作らないような設計や施工の工夫が必要です。

ドアには閉めた時の隙間を極力作らない気密性の高い「防音ドア」が有効です。その上でさらに「吸音カーテン」などを設置すると、音の漏れを防げるでしょう。

忘れがちなのがエアコンの給排気口や換気扇のダクトなど。ここにはサイレンサー付きのグリルや深型のフードなどを使用するのが効果的。設計段階では、開口部の隙間にも気を付けて、隙間を作らない仕様になっているかしっかり確認するようにしましょう。

快適な照明を考える

楽器を演奏する音楽室として、防音室を使用するときは照明にも気を配りましょう。楽譜や鍵盤などを注視する機会が多く、照明を見やすい明るさにする必要があるからです。

照明が明るすぎると楽譜に反射した光が目を刺激してしまいます。また照明の位置が悪いと影ができたり、明暗の差が大きくなったりして目の疲れを引き起こすことも。

防音室は音漏れや反響だけでなく、室内の照明にも配慮して作るのが失敗しないコツです。

防音の費用はいくら?

マンションに防音室を設置する際に気になるのは「費用はいくらかかるの?」という点です。そこでこちらではRCマンションに防音室を設置する時の費用相場をご紹介します。ちなみに開口部を除いた複合遮音性能は、D-65~70で設定しています。

既存面積(畳) 3 4 5 6 7 8
既存面積(㎡) 5.0 6.6 8.3 9.9 11.6 13.2
参考価格 280万円 330万円 360万円 390万円 420万円 440万円

※建具・サッシのサイズおよび仕様により金額の変動があります。
※生ドラム使用は施工不可(電子ドラムは可)

マンションで防音室を作る場合は、最小で3畳(約5㎡)~8畳(約13.2㎡)のサイズが一般的。3畳だと約250万円から、8畳だと約400万円から施工できます。

防音室のリフォーム事例

それでは実際に防音室をリフォームした事例を参考に、設計のポイントや注意点を紹介します。

「和室をリフォームし華やかなピアノ室へ」

和室をリフォームして造ったピアノ防音室

こちらは元々集合マンションの和室だった一部屋を、防音室にリフォームした事例です。和室の内寸の比率では、低い周波数レベルで音響障害が発生する可能性があったため、縦横の寸法バランスを変更して設計しています。
将来はピアノ教室を運営する予定で、左右上下に隣家がある中間部屋ということもあり、浮遮音構造で部屋全体の遮音性能を高めた仕上がりにしています。

窓やドアも防音仕様のものに変更し、さらに遮音性能をアップ。近隣にお住いの方からもピアノ練習の音が全く気にならないとの高評価をいただいています。

「洗練されたモダンなデザインのレコーディングスタジオ」

モダンなデザインのレコーディングスタジオ

こちらの事例は戸建て住宅の地下に新たに設置した、本格的なレコーディングもできるスタジオです。主に使用する楽器がドラムということで、輪郭のはっきりしたカラッとした音を出せるよう、室内の吸音率をデッド(残響時間短め)で仕上げています。

モダンなデザインのレコーディングスタジオ

壁の四隅と天井部分に出た梁(はり)は、躯体形状の制限によりやむを得ず発生したものですが、音の反射経路を複雑にするという音響効果も期待できます。また部屋をモダンな印象にする効果もあり、まさに一石三鳥な防音設計です。

地下空間全体がモノトーンでまとめられ、シャープでカッコいいデザインはクライアント様の生活スタイルなどにも良くマッチしています。

まとめ

マンションの防音室リフォームでは、建物の設計や建築のノウハウだけでなく、音響や楽器が出す音の伝わり方、騒音についての専門的な知識が不可欠です。また防音室リフォームでは、工事後に期待した防音効果が得られないという場合もあるため、なるべく防音保証が付いている施工業者に依頼するのがおすすめ。

この度、ひかリノベは防音工事のスペシャリストである昭和音響さん(https://www.showaonkyo.com/)と業務提携いたしました。
マンションのフルスケルトンリフォームを得意とするひかリノベに、防音工事を専門とする昭和音響さんが加わったことで、マンションリノベーションの可能性がさらに広がります。
在宅時間が長くなり自宅で楽器の演奏や映画鑑賞をすることが増えたという方は、マンションの防音室リフォームを検討してみては?
またこれからマンションを購入したいという方は、防音工事もできるひかリノベにぜひご相談ください!


【記事監修】昭和音響

pixta_61606099_M

一級建築士在籍の防音設計事務所。マンションや一戸建・築古・木造と幅広く防音工事を手掛ける。防音性能はもちろんのこと、ピアノやドラムなど楽器それぞれの最適な音量や表現方法にも着目し、気持ちよく演奏ができる防音室を提供している。2021年よりひかリノベと提携。これにより、ひかリノベでもお部屋の防音工事が可能となりました。

パンフレットDLバナー_PC用 パンフレットDLバナー_SP用

おすすめの関連記事

  • 【事例あり】マンションのリフォーム費用、相場はいくら?【事例あり】マンションのリフォーム費用、相場はいくら? マンションのリフォームやリノベーションをしようと思い立ったとき、最初に気になるのはやはり費用のことではないでしょうか? 今回の記事では、「リフォームを検討したいけれど、いくらぐらい掛かるの?」と不安やお悩みを抱える方 […]
  • 【事例あり】自宅にレコーディングスタジオを造る際の費用と対策【事例あり】自宅にレコーディングスタジオを造る際の費用と対策 「自宅で楽曲制作をしたい」「録音した音を編集したい」という場合に便利なのが、レコーディングスタジオです。最近ではYouTubeやSNS等で、自分の作成した音源を流したいという人も増え、ますますレコーディングスタジオの必 […]
  • 床リフォーム・リノベーションのススメ。快適は足元から床リフォーム・リノベーションのススメ。快適は足元から 素足で床を歩くことが多い日本の住まいにおいて、床はとても大きな役割を担っています。お部屋のイメージや過ごしやすさは「床で決まる」と言っても過言ではありません。 たとえばカーペットの床がフローリングに変われば、お部屋の […]
  • マンションの「お風呂リフォーム」費用・工期・注意点マンションの「お風呂リフォーム」費用・工期・注意点 リノベーションやリフォームにおいて「お風呂まわりをもっと快適に・便利に・オシャレに変えたい」というリクエストはとても多いです。 また「カタログを見ても、どの商品がわが家に合うのか分からない」「大きな浴槽や窓の増設など […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
リノベーション事例
お客様の声

お問い合わせCONTACT

  • 0120-818-250 営業時間:10:00~18:00 (水曜定休)
  • カンタン入力!無料で資料請求!
  • オンライン相談
資料請求 物件を探す