隙間風はサッシが原因?プロが解説する窓の隙間風対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
pixta_41154080_M

冬寒くなると気になるのが、どこからともなく入ってくる隙間風です。部屋の中にいてもスース―して足元がひんやりしたり、暖房を点けても効率的に暖まらないので光熱費が心配だという方も多いのではないでしょうか。
さらに隙間風が入って部屋を暖められないことで、健康にも被害が及ぶ可能性があります。

特にマンションにお住いの方は、自分でどのように対策するべきか悩んでしまうかもしれません。

こちらの記事では隙間風が入ってくる原因や自分でできる対処法を解説するとともに、隙間風を根本的に解決へと導く「アルミ樹脂カバー工法」を詳しく紹介。これから窓のリフォームをお考えの方や、冬の寒さが厳しい地域にお住いの方は参考にしましょう。

隙間風が入ってきてしまう原因

隙間風が入ってくる原因として考えられるのは次の2つです。それぞれの住宅の特徴などを参考に、自分の家がどれに当てはまるのかチェックしましょう。

経年劣化から窓枠が歪んで隙間が生じる

木造住宅でなくても、経年劣化によって窓枠が歪んだり、窓の建て付けが悪くなって隙間が生じる可能性があります。窓枠などに隙間が生じると、手をかざすと外からの風が入ってくるのがはっきり分かるでしょう。

これらの隙間を解消するには建て付けを直したり、部品交換でおさまる可能性もありますが、それでも直らない場合は窓全体のリフォームが必要になります。

また窓の気密性を保つための部品が劣化すると、それが原因で隙間風が入ることも。この場合はパッキンなどの交換で直る場合がありますが、自分で交換するのは難しいでしょう。

そもそも窓の断熱性が低い

そもそも窓の断熱性が低いことで冷気の伝わりが気になることも。アルミのサッシに単層(一枚)ガラスの組み合わせが最も窓の断熱性が低くなります。また窓の面積が広かったり、一部屋に何カ所も窓があると、窓の断熱性が下がる原因に。

窓の断熱性が低いと窓に隙間がなくても室内がなかなか暖まらないなどの弊害が出ます。特にリビングや寝室といった何時間も過ごすような場所でより感じやすいでしょう。

窓の断熱性が低い場合は断熱性の高い窓に交換したり、窓から室内に冷気が伝わりにくい工夫が必要です。

自分でできる?隙間風を防ぐ方法

「自分で隙間風対策はできないの?」という方のために、こちらでは自分でもできる方法を紹介していきます。

窓にカーテンが付いている場合は、厚手のカーテンに付け替えたり、布製のカーテンボックスをカーテンレール上部に付ける方法があります。またドレープカーテンの長さを床につく位まで長くするのも効果的。アジャスタータイプのカーテンフックなら、一番下まで下げるといいでしょう。

また隙間風が入ってくる場所にモヘアシールを貼るという方法もあります。こちらは引き戸タイプの間仕切り戸に使用することが多いのですが、戸と柱の間の隙間をクッション性のあるシールで塞ぐことで隙間風を入りにくくします。

窓からの冷気が気になる場合は、窓全体に断熱シートを張る方法を試してみては?霧吹きで窓に水を吹きかけて張っていくタイプなら、賃貸住宅でも使えます。下の方からの冷気が気になる方は、立てかけて使う発泡スチロール製の冷気ブロックパネルと併用する方法があります。

ただしこれらの方法はあくまで応急的で、根本的な隙間風対策としては充分とは言えません。またカーテンを床に付けたり、モヘアシールを貼るとどうしても見た目が美しくなく、断熱シートと窓の隙間には結露が発生しやすくなります。賃貸物件にお住いの方や、とりあえず簡単な方法でとお考えの方以外は、あまりおすすめできない方法です。

根本的な解決に導く「アルミ樹脂カバー工法」

隙間風問題を根本的に解決するための方法として、ひかリノベでおススメするのは「アルミ樹脂カバー工法」による窓リフォームです。
樹脂カバー工法はひかリノベの協力会社、一級建築士事務所 有限会社アドオフィスが開発した全く新しい窓カバー工法。マンションやビルの開口部に施工でき、住む人の健康年齢を4歳も若返らせることができる「究極のカバー工法」として、リフォーム・リノベーション業界注目の工法です。そして、カバー工法が出来るのは、アルミ樹脂サッシと各種アイテムで展開しているアドオフィスのみです。

カバー工法とは、今あるサッシ枠の上から新しく窓枠を作りアルミサッシを取り付ける工法のこと。既存のサッシ枠を撤去する必要がないことから、手軽な窓リフォーム方法として多くの住宅に施工されてきました。しかし気密性が確保しにくく、既存のサッシ枠との隙間に結露ができるデメリットがありました。

画像1

しかし今回ご紹介するアルミ樹脂カバー工法では、既存のアルミ枠との間を接合する方法を採っています。これによりアルミ部分での結露が防げて気密性も格段にアップ。

またビル用のアルミ樹脂サッシを使うことで、通常のアルミサッシより熱伝導をおさえられ、リフォーム費用のコストダウンにもなります。
さらに窓ガラスにはLow-E複層ガラスを採用。Low-E複層ガラスはそれぞれのガラスの内側に熱伝導を抑えるLow-E膜がコーティングしてあるので、夏の暑い日差しを室内に入れず、冬の室内の暖かい空気を窓から外に逃がしません。
結果的に冷暖房費を大幅に削減できるという訳です。

画像2

通常マンションの窓サッシ部分は、住んでいる人が勝手にリフォームできない共用部分となっています。たとえ交換すること自体問題がなくても、マンションの構造上サッシ枠がコンクリート壁に埋まっていることが多く、サッシ枠の交換ができないことがほとんど。

従来はマンション窓のリフォームと言えば窓ガラスを二重にしたり、ガラスだけを交換する方法が一般的でしたが、そうなると断熱効果は半減してしまいます。また二重窓にした場合、内窓と外窓の間に結露ができてしまうデメリットもありました。

2016年には国交省が定める「マンション標準管理規約」が改正され、マンションの専有部分の改修であっても、あらかじめマンションの理事長に申請して書面で承認が得られれば所有者の責任と負担で実施することができることになりました。

この改正により、窓ガラス改修が可能なマンションが徐々に増えつつあります。もし今すでにマンション住まいで隙間風や窓からの冷気でお困りの方は、マンションでも施工可能な「アルミ樹脂カバー工法」で窓リフォームしてみてはいかがでしょうか。

またこれからマンションを探そうとお考えの方は、中古マンションをリノベーションするという方法がおすすめ。ひかリノベではHP上で様々なリノベーション事例を紹介するととともに、要望や予算に応じたマンションを探したり、リノベーション方法を提案させて頂いています。
住んでからではなかなか難しいスケルトンリノベーションや窓のリフォームは、ぜひ引っ越し前に済ませておきましょう。

ひかリノベだから可能な「アルミ樹脂カバー工法」で窓ガラスをリフォームして、室内の断熱性能を改善して健康寿命を伸ばせる室内環境に変えていきましょう。


【記事監修】明官 徹(有限会社アドオフィス 代表)

明官社長3

(有)アドオフィス代表取締役。一級建築士、一級建築施工管理技士、宅建士、インテリアプランナー。独自の工法を用いて、窓サッシのリフォーム工事を手掛ける。アルミ樹脂複合サッシを用いたカバー工法で、マンションの外窓交換ができるのは、東日本圏内では(有)アドオフィスのみ。2021年よりひかリノベと提携。これにより、ひかリノベのリノベーションでもマンションの外窓交換が可能となりました。



パンフレットDLバナー_PC用
パンフレットDLバナー_SP用

おすすめの関連記事

  • インスペクションは中古住宅の「健康診断」インスペクションは中古住宅の「健康診断」 中古住宅を探している方なら、一度は「インスペクション」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? ここ数年、インスペクションを導入する不動産事業者やリフォーム会社は増加しており、目にする、耳にする機会は増えて […]
  • 再建築不可物件は買って大丈夫?購入の注意点を解説再建築不可物件は買って大丈夫?購入の注意点を解説 中古の戸建て住宅の中には「再建築不可」と表示された物件があります。あるいは、今お住まいの家が再建築不可物件、という方もいらっしゃるかもしれません。 価格が安く設定されていることも多く、一見お得に見えますが、実は一度取 […]
  • 空き家をリノベーションして有効活用しよう空き家をリノベーションして有効活用しよう 両親から相続した実家。今は住まいを別に構えているので、とりあえず空き家のままにしている方も多いと思います。 空き家は放置しておくと、さまざまなデメリットを生み出してしまいます。せっかくの資産、上手に活用したいものです […]
  • フルリフォームや建て替えに必須!仮住まいを効率よく探す方法とは?フルリフォームや建て替えに必須!仮住まいを効率よく探す方法とは? 大規模なリフォーム・リノベーションや建て替えの際は、工事が終わるまでは賃貸住宅などを借り、一時的に引っ越す必要があります。 こうした場合に短期間だけ住むための住まいを「仮住まい」といいます。 ただ、仮住まい探しは思 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
リノベーション事例
お客様の声

お問い合わせCONTACT

  • 0120-818-250 営業時間:10:00~18:00 (水曜定休)
  • カンタン入力!無料で資料請求!
  • オンライン相談
資料請求 物件を探す