洋室に!和モダンに!和室リノベーションでここまで変わる!

  • Pocket
  • LINEで送る
この記事のまとめを サクっと 読む
0_eye-catch

「古くて薄暗い和室をイマドキのお部屋にリノベーションしたい!」あるいは「リビングと和室の間仕切りをなくして、ワンフロアの広いLDKにしたい!」というリクエストはとても多いです。
「畳の空間は好きだけど、いまのデザインはちょっとね」という方も。

日に焼けた畳はフローリングに変えて洋室化してしまうもよし、ヘリのない琉球畳でモダンな和空間を演出するもよし。
お部屋が暗く見える砂壁や木目の天井をクロスで仕上げ、古ぼけた襖を洋室でもOKの建具に交換すれば、パッと明るく新鮮な印象に。

本日はそんな『和室』のリノベーションアイデアと、実際に工事にかかる費用・期間といったプロセスを特集します!
古い和室を「持て余し気味……」というあなた、ぜひこの記事をお役立てください!

1.古い和室が生まれ変わる!

伝統的な和室のつくりは、窓は引き違いの障子で全開にできない・壁はモスグリーンやベージュの砂壁(じゅらく壁)ですから薄暗く見えてしまいがち。
また畳は掃除がしにくい・湿気に弱いというイメージもあり、「フローリング敷きの洋室にしたい!」というリクエストはとても多いです。

あるいは、畳のスペースは好きだけれど古いデザインはイヤ。床はヘリのない琉球畳で、壁や天井は明るい色のクロス仕上げに、建具は洋室でもOKの引き戸や開き扉にして、リビングや他の居室とバランスを取りたい。という方も、最近とくに増えて来ています。

いずれにせよ、いま現在の「昔ながら和室」をどうすればセンス良く「今っぽく」イメージチェンジできるのか?

この3つのパターン別に、リフォームのポイントや注意点を確認していきましょう!

①フローリング&クロスの洋室に

和室を洋室に変えるためには、どこをどのようにリフォームすればいいのでしょう?
最近のマンションは床が畳敷きになっているだけで、壁や天井は他の居室と同じクロス仕上げ、窓も障子が付いていないケースが多いようですが、戸建て住宅や、マンションでも築年数が古い物件は、昔ながらの和室が多く残っています。
今風の洋室に変身するには、畳・真壁(柱を見せるつくりの壁)・ラミネート天井・襖や障子といった建具・押し入れ収納といった和室に特徴的な内装を交換する必要があります。

1_room-change

畳をフローリングに

まずは床をフローリングに。あるいは、クッションフロアやコルク、カーペットに。
築浅マンションの場合、これだけで見た目はほど洋室になりますね。

畳をフローリング等に変える際、気をつけたいのは防音や断熱の性能です。
畳はそれ自体厚みと弾力があり、足音が響きにくく(吸音性)繊維の間に空気を多く含んでいるため外気の影響を受けにくいのです(遮熱性・保温性)
築古物件は床下に断熱材を入れていないケースも多く、そのまま仕上げ材をフローリングにすると足元がヒヤッと感じられるかもしれません。
また防音タイプのフローリングでないと、下の階に足音が響きやすくなってしまいます。

壁・天井を洋室仕様に

洋室の壁はフラットなクロス仕上げが一般的ですが、和室の壁は真壁といって柱を見せるつくりです。
また表面素材もクロスではなく、砂壁やじゅらく壁と呼ばれる、色染めした土の塗り壁が多いですね。それもモスグリーンやベージュといった濃いめの色がよく使われていて、室内を暗くする要因になっています。
これを洋室と同じように変えるには、現在の壁の上にもう一枚壁をつくって柱を隠し、仕上げにクロスを貼ります。あるいは好みの色でペイントしてもいいでしょう。

和室の天井はラミネート天井といって、下地の構造が洋室とは違っています。そのため既存の下地を壊して、あらたに下地を組み直す必要があります。
そして表面を(壁と同様)クロスで仕上げるか、あるいは新たな下地を組まずに構造体をそのまま見せるあらわし天井という手法もあります。マンションの場合はコンクリートスラブ、木造住宅の場合は梁をデザインとして見せる、という手法です。表面を好みの色でペイントすることもできます。

2_roof
▲ラフな魅力のマンションのコンクリートあらわし

襖・障子を洋風建具に

内装が洋室仕様に変わっても、出入り口が襖のままでは違和感がありますね。
カンタンなのは仕組みが同じ引き戸に変えること。戸板とレールを洋室の引き戸に交換します。あるいは、近年は襖用の敷居でつかえる引き戸も販売されています。これなら戸板の交換だけでOK!
開き戸の場合も工事の仕方は同様ですが、ドアの向こうの部屋や廊下との段差が問題になるケースがありますから、注意が必要です。

窓の障子も外して、カーテンやロールスクリーン・プリーツスクリーンを設置。引き違いの障子は半軒しか開けられませんが、カーテンなら全開にして、室内に光をたっぷりと取り入れることができます。
ただし、鴨居にそのままカーテンレールを取り付けると重さに負けてしまうのでご注意を。鴨居・敷居・縦枠をすべて撤去して、洋室用の窓枠を新たに設置します。

押し入れをクローゼットに

内装・建具が変われば見た目はすっかり洋室ですが、より便利にお部屋を活用するために、収納も洋風に変えてしまいましょう。
和室の押し入れは布団を仕舞うためのものですが、ベッドで眠る場合は押し入れのような収納空間は不要で、代わりに洋服を吊り下げるハンガーレールがついたクローゼットが便利です。
また生活用品を仕舞いたいとか、靴下やネクタイといった細々したものをサッと収納しやすく、と考えられる方は、収納ユニットや棚を造作するとよりつかいやすくなりますね。

扉は折れ戸にされるケースが一般的です。引き違いの襖に比べて間口が大きく、荷物の出し入れがしやすいですし、開いたとき場所もとりません。

②リビングと一体化してひろびろ空間に

和室を洋室にするだけでなく、隣接のリビングと一間にして広いLDKにしたい、という要望もよく聞かれます。
内装の変更は①でお話した内容と変わりありませんので、ここでは「一間にする際に留意すべきこと」をお伝えしていきましょう。

3_one-floor

間仕切り壁を撤去

まずリビングと和室を隔てている壁を壊す必要がありますが、ここで気をつけるべきは「建物の構造上、壊せない壁がある」ということです。
木造住宅においては、建物を支えるために筋交いが入っている壁(耐力壁)は壊すことができません。
マンションにおいては、ここ20年ほどの物件はラーメン構造といって柱と梁で支えるタイプが一般的ですが、築古物件は耐力壁で支えるタイプも少なくありません。
和室とリビングの間仕切りがもし耐力壁であった場合、残念ながらこの二部屋を一つにはできないということです。

床レベルをワンフロアに

畳は厚みがありますから、その分床下地や構造体の高さが洋室より低くなっているケースがしばしば見られます(見た目の床の高さを同じに仕上げるため)
木造住宅の床下地は比較的自由になりやすいですが、マンションの構造体は共有部分ですし、建物全体の強度に関わりますから、削るわけにはいきません。したがって、高い方に合わせて床レベルを上げることになります(置き床)
床の高さが上がると当然、天井が低く感じます。「上がる」といっても多くの場合リビング側に合わせることになりますが、背の高い方は気に留めておかれた方が良いでしょう。

天井高を合わせて

先述したとおり和室のラミネート天井と洋室の天井は構造が違いますから、洋室の方に合わせて天井の下地を組み直すことになります。
このとき気をつけたいのが排気ダクトの配管です。配管を切り回すための空間が天井裏に充分あれば良いのですが、そうでない場合はそこだけ天井が下がることになります。
ですから、なるべくフラットな天井で開放感を演出したいとお考えの方は、空調設備やキッチン(換気扇)の排気経路に留意して配置を考える必要があるのです。

③モダン和室・タタミスペースに

完全に洋室化せず、和風の雰囲気を残したいという方ももちろん大勢いらっしゃるでしょう。
とはいえ従来の、決まりきったデザインの和室はイヤ。そのご家庭ごとの個性や、他の洋室とのバランスも考えて空間をデザインしたい、というニーズから、近年の和室はよりモダンに進化しています。

4_Modern-Japanese

カジュアル畳でイマドキ顔

従来つかわれることが多かったヘリのついた長方形の畳ではなく、ヘリのないもの、形が小ぶりなもの、カラフルに染められたものと、畳のデザインもずいぶん多様化しています。
いま流行のタイプは琉球畳。ヘリがない分スッキリとニュートラルな印象で、色違いで交互に配置したりと、敷き方によっても表情が変化します。
ソファやコーヒーテーブルといった洋家具との相性もよく、「新しい和室」にピッタリです。

段差を利用した小上がりスペース

リビングと和室を一体化するにあたって、LDKの一角にタタミスペースを設けるデザインが流行しています。
広々としたLDKの開放感はそのまま、お子さまの遊び場に、来客時のちょっとしたおもてなしスペースに、と「半独立」の空間はなかなか使い勝手が良いのです。

フローリングと床レベルを合わせるのではなく、あえて段差を強調して「小上がりスペース」とするアイデアもあり。
ベンチのように腰掛けることもでき、床下に空間が空いた分、収納を設けることもできますね。また真ん中をくり抜くように、掘り炬燵を設置しても良いですね。

5_koagari
▲参照:SUVACO

内装は和と洋の「いいとこ取り」で

琉球畳や小上がりのようなモダンな和空間には、軽やかな洋室仕様の内装がよく似合います。
畳以外の内装はすべて洋風というのでもよろしいですし、壁は明るい色の珪藻土に塗り替えたいけれど、真壁の木の柱はそのまま残してレトロ感を楽しみたい、というのも素敵です。
もちろんベッドではなく布団で眠られる方は、やはり押し入れ収納が用途に合っています。でも扉はお部屋のイメージに合わせて、洋風の折れ戸に変えよう、というように、自由な発想で和と洋をミックスしてみましょう。

2.リノベーション費用と工期

さて、代表的な和室リノベーションのアイデアを一通りご覧いただいたところで、実際に工事費用はいくら掛かるのか? 期間は何日~何週間見ておけばいいのか? 設計や施工の業者はどのように選んだらいいのか? といった、具体的なリノベーションのプロセスについて見ていきましょう。

費用は何にいくらかかる?

どこを変えるのか、どこまで変えるのかによって工事費用も変わってきます。
使用する資材によっても幅がありますが、ベーシックなグレードのフローリングやクロスを使ったとして、部位別の費用はおおよそ次のとおりです。

部位 価格
床を畳からフローリングに 20~30万円
床を畳から琉球畳に 15~30万円
壁・天井をクロス仕上げに 10~20万円
襖を洋室建具に 8~15万円
押し入れをクローゼットに 15~25万円

※8畳間を想定

和室の内装をひととおり洋室仕様に、という場合は概算53~90万円ほど。
床は琉球畳のモダン和室に、という場合は48~90万円
リビングと一体化したい、さらに小上がりのタタミスペースを作りたいという場合は、リビングの内装費用と合わせて100万円前後を見込んでおきましょう。

工期はどれくらい見ておく?

費用と同様、工事にかかる期間も手を入れる部位・範囲によって変わってきます。

部位 工期
床を畳からフローリングに 3~5日
内装一式(床・壁・天井・建具)を変更 1~2週間
間取りを変えてリビングと一体化 1ヶ月前後

※8畳間を想定

間取り変更をともなう場合は、床や天井の高さを合わせる・リビング側の内装変更といった工事を含むため、工期は長め。
とくにマンションの間取りはLDKが生活空間の中心になっている場合が多いので、工事中は仮住まいも考える必要があります。お近くにマンスリーアパート等を探しておかれると良いでしょう。

リフォーム業者の選び方

「リフォーム業者」と一口にいってもリフォームやリノベーションを専門にしている会社もあれば、工務店、建材メーカーのリフォーム部門といった選択肢も。
「どこに頼んだら良いのか迷ってしまう」という方も少なくありませんね。

全体の内装を変えてイメチェンしたい、個性的な・オシャレなデザインでセンスアップしたいという方は、やはりリノベーションやリフォームを専門にしている会社がオススメ。
HPやパンフレットの施工事例をご覧になり、カッコイイ、センスが合う、こんなお家に住みたい! と思える会社を探してみましょう!
またリノベーションやリフォームの専門雑誌にも、さまざまな個性ある会社が紹介されていますよ。

ひかリノベの施工事例もご覧になってみてくださいね!

戸建て住宅にお住まいで、ご自宅のリフォームを考えているという方は、そのお家を建てられた工務店に任せるのも良い選択です。
とくに間取りを変えてリビングと一体化したいという場合、柱や梁・床・天井の構造もよく分かっていますから、壁を壊したり、床や天井の高さを合わせたりといった工事もスムーズです。

畳だけ琉球畳に変えたい、襖を洋風の引き戸にしたいというように、部分的なリフォームでしたらメーカーや販売店に直接依頼するのも良いでしょう。畳の張り替えは畳店でしてもらえますし、建具の交換もメーカーで作業員を手配してもらえます。
ただし「床だけでなく壁や天井の内装も変えたい」というように工事箇所が一つでない場合は、リノベーション会社ないしリフォーム会社に依頼することをおすすめします(窓口は一つで、全部の工事を手配できるので)

3.セルフリノベーションでイメチェン!

最後に、プロに本格的なリフォーム工事を頼むほどじゃないけど、自分で出来るDIYやインテリアを変えることで、気軽に和室をイメチェンしたい。
または、リフォーム工事の一部を自分で施工したい。
そんな方のためのカンタンDIYやインテリアコーディネートのアイデアをご紹介します!

カンタンDIYで変身!

近頃TVや雑誌等でもよく取り上げられているDIY。
一口に「DIY」と言っても、ほとんど玄人はだしの工事から、お手軽なプチリメイクまでさまざまですが、ここではDIY初心者の方でもカンタンにできる和室のイメチェン方法をお伝えします。

初心者OKのお手軽DIY

既存の内装を壊すことなく、上からパネルを重ねたり、クロスを貼ったりといったDIYなら、あまり経験がないという方でも気軽にチャレンジできますね。

まずは畳の上からウッドカーペット(またはパネル)を敷いてみましょう。お部屋の広さに合わせてカット、敷くだけでフローリング調のフロアになります。
木目だけでなく、コルクやタイル風のデザインも! お好みに合わせてお選びください。

次に、窓の障子を外してロールスクリーン(プリーツスクリーンでも)を設置。
カーテンはレールの取り付けがラクではありませんし、重さで鴨居を傷めてしまう心配がありますから、ご自分でなさるのはおすすめしません。ロールスクリーンは軽量ですし、レールの取り付けもストッパー式やつっぱり式といった、ドライバーが要らないタイプも流通しています。
引き違いの障子がなくなるだけで、窓を全開にでき、薄暗い印象の和室がパッと明るくなります。

6_roll-screen
▲参照:フルネス

さらに、飾り気のない襖を華やかなクロスでデコ!
最近は糊を使わず、水で貼れる襖紙や、裏面がシールになっている襖紙が流通しています。もとの襖紙を下地にすれば、失敗してもあとから剥がすことができます。
花柄や幾何学模様、鮮やかなアクセントカラー、ナチュラルな木目調とデザインも豊富。

7_husuma
▲参照:紙戸屋・中野表具店

壁の塗装は中・上級者向け

和室を暗く見せてしまう砂壁。明るいカラーにペイントしたい! ナチュラルな珪藻土や漆喰で質感を変えたい! という方は少なくないでしょう。

しかしDIY経験のある方はご存知かと思いますが、広い面の塗装をムラなく仕上げるには、やはりある程度の練習が必要です。
初心者の方は、家具の塗り替え等で経験値を上げてからチャレンジすることをおすすめします。

8_paint-wall
▲ブルーの珪藻土

また、クロスは砂壁の状態によってはうまくくっ付かず、すぐに剥がれてしまうことがあります。
真壁の場合、柱を避けながら貼り付けるのも骨が折れますし、大壁に変えるなら、いまの壁の上にもう一枚、壁をつくる必要があります。大掛かりな工事になりますから、プロに任せた方が安心です。

床・天井はプロにまかせて

畳をフローリングに、ラミネート天井を洋室仕様のクロス張りに。
「和室を洋室化する」といえば床・天井のリニューアルですが、床はベッドや箪笥といった重い家具を置いたり、人が歩き回ったりしても軋み・たわみが出ないよう施工する必要がありますし、天井の塗装やクロス貼りは高所作業で、危険を伴います。
仕上がりの美しさだけでなく、安全性も問題になる部分ですから、やはりプロに任せた方が安心といえましょう。

たとえば「床リフォームは業者を頼むけれど、壁はDIYの経験があり、自分で塗装したい」といったことも可能ですから、DIY愛好家の皆さまはリノベーション会社(リフォーム会社)に相談なさってみてください。
おすすめの塗料や塗り方のコツなど、プロならではのアドバイスを聞けるチャンスでもありますよ。

インテリアで変わる印象

畳のお部屋は好きだけれど、古くて薄暗い和室はイヤ。イマドキのインテリアでカッコイイ和空間を演出したい! そんな方にお送りする、スマートな和室のインテリアコーディネート・アイデア集です。
またモダン和室やタタミスペースを残される方も、ぜひリノベ後のご参考になさってくださいね!

大正ロマンなアンティーク調

和×洋、伝統×革新の先駆けといえば「大正ロマン」!
畳に絨毯、テーブル&チェアの組み合わせもしっくり決まります。
ポイントは重厚なカラーリングとヴィンテージな素材感。ガラス扉の茶箪笥や本棚といったアンティーク家具もよく似合います。

9_roman
▲参照:コマチ家具

意外とマッチ! 北欧風コーデ

「和室に北欧家具?」と思われるかもしれませんが、ナチュラルな素材感とカラーリングが意外とマッチするんです!
古い和室によくあるモスグリーンやベージュの砂壁(じゅらく壁)も、ツルンとニュートラルな質感のローテーブルや、ボタニカルカラーのソファで印象がガラっと変わります。
現代的なアートを飾っても◎。濃いめカラーの壁はアートがよく引き立ちます。

10_hokuou
▲参照:UR都市機構

コタツでほっこり。懐かし和空間

コタツやちゃぶ台にレトロな傘の吊り下げ照明。昭和レトロな和室がいま、逆に新しい!?
昔ながらの和室との相性はもちろんバッチリ!
「古くさい」と「レトロかわいい」の境界線は、カラーリングや素材の統一感。
基本はヴィンテージ感ある木製で揃えて、チェアや座布団・クッションといったファブリック類で差し色を入れるスタイルなら、まず失敗はありません。

11_retro
▲参照:UR都市機構

 

以上のように、和室のリノベーションアイデアと実際の工事のプロセスについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

「和室リフォーム」と一口にいっても、完全な洋室にする・リビングと一体化する・モダンな和空間をつくるとアイデアはさまざま。
この記事をヒントに、またいろいろなお宅の施工事例や雑誌のインテリア特集などをご覧いただきながら、ステキなお部屋づくりをぜひ楽んでくださいね!

そして、リノベーションのご相談はぜひひかリノベに!
ひかリノベは築古物件の施工経験も豊富。そうした和室のリフォーム設計や施工に関する知識の蓄積があります。

personal-seminar

お見積もりやプランのご相談は上の画像から! 皆さまどうぞお気軽にお申し込みください♪

この記事のまとめ

古くて薄暗い印象の和室をイメチェンしたい! 和室の内装変更のリクエストはとても多いのです。

  • 洋室にしたい
  • 隣接のリビングと一体化したい
  • 和のテイストを残して、モダンなデザインに変えたい

和室を洋室に変えるには、畳をフローリングに張り替え、壁・天井を洋室仕様に下地を組み直し、襖や障子を洋室用の建具に交換するほか、用途に応じて押し入れ収納をクローゼット等に変更します。
費用は全部で53~90万円、工期は1~2週間ほどかかります。
もっとも最近のマンションは畳以外の内装は洋室と同じというケースが多く、この場合は畳と押し入れだけ変えれば洋室になりますね。

さらにリビングとの間仕切りをなくし、広い一間にする場合は、壊せない壁にご注意。建物を支える構造壁は壊すことができません。また、床・天井もリビング側に高さを合わせる必要があります。
費用はリビング側の内装含めて100万円前後、工期は1ヶ月間は見ておきましょう。

モダンなデザインの和室にリフォームするなら、畳はヘリのない琉球畳がオススメ。カラーも多様で、色違いを交互に配置して表情の変化も楽しめます。
また、LDKの中にタタミスペースを残したいという方は、あえて床に段差をつけて小上がりにするのも素敵です。ベンチのように腰掛けられますし、床下に収納を設けたり、中央に掘り炬燵を設置しても良いですね。
費用の目安は48~90万円、工期は1~2週間ほどです。

リノベーション・リフォームをお考えの方は、お見積りやプランのご相談はぜひひかリノベに!
ひかリノベは築古物件の施工経験も豊富です。設計・施工の精度も安心!
空間デザインのヒントに、こちらの施工事例もぜひご覧になってみて下さいね。

  • Pocket
  • LINEで送る