資料請求
お問い合わせ
電話
ハンバーガーメニュー アイコン

室内を快適にする二重サッシ 複層ガラスとは何が違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
二重サッシを取り入れたリノベーション事例 (https://hikarinobe.com/constructioncase/case_0031/)

光熱費や快適さに大きく影響する住まいの断熱性能ですが、特に大きな弱点になるのが窓です。
断熱性を高めるためには、窓の高性能化は必須といってもいいでしょう。

窓の性能アップにはさまざまなやり方がありますが、リフォーム・リノベーションでよく使われるのが、既存の窓の内側にもうひとつサッシを取り付ける「二重サッシ(二重窓)」です。

二重サッシにすると、わたしたちの暮らしはどう変わるのでしょうか?

具体的な効果や、意外と勘違いが多い「複層ガラス(ペアガラス)」との違いをお伝えします。

二重サッシってどんな窓?

二重サッシ(二重窓)は、ひとつの窓枠に外窓と内窓、2つのサッシが取り付けられている窓のことを指します。

二重サッシを取り入れたリノベーション事例 (https://hikarinobe.com/constructioncase/case_0031/)

二重サッシを取り入れたリノベーション事例
機能的な間取りで叶えるシンプルライフ )より

内窓と外窓の間にできた空気の層が熱を伝わりにくくする、つまり断熱材の役割を果たすので、外気温が室温に与える影響をかなり小さくしてくれるのです。

一般的な、ガラスが1枚の窓だと、窓の近くに行くと屋外のような寒さ、冷え込みを感じたり、耐えられないほど暑くなっていることがありますよね。二重サッシにすれば、そんな状態になることはありません。
エアコンの効きも良くなるので、かかる光熱費も減らすことができます。

結露防止にも効果アリ

冬場、暖房していると窓に発生する結露。窓まわりにカビが生えたりする原因になるので、何とかしたいものですよね。

結露は、暖まった空気が冷たい窓ガラスで冷やされて起こる現象ですが、熱が伝わりにくい二重サッシなら結露も起こりにくくなります。

複層ガラスとは?二重サッシとの違い

二重サッシ以外で、窓の断熱性を高める手法としては「複層ガラス(ペアガラス)」が挙げられます。
二重サッシと複層ガラス、この2つを同じものと思っている方も多いようですが、実は別物なんです。

複層ガラスは、ガラスを二重にして、間に空気層を設けたガラスのことを指します。ひとつのサッシに、2枚のガラスが取り付けてあると言えばわかりやすいでしょうか?
窓の構造を表す二重サッシに対し、複層ガラスは単一サッシにガラスが複数枚ある状態を表す言葉だと考えてください。

空気の代わりに特殊なガスを封入しているものや、遮熱効果のある膜を貼ったもの(Low-Eガラス)、3枚のガラスを組み合わせたトリプルガラスなどもあります。

二重サッシにする場合でも、内窓に複層ガラスを使えばさらなる性能アップが期待できます。
(ガラスの値段が高くなる分、費用もかかります)

断熱だけじゃない、二重サッシのメリット

窓を二重にすることは、断熱性向上以外にも複数の利点をわたしたちにもたらしてくれます。

防音

空気層は熱だけではなく、音が伝わるのも防いでくれます。
例えば駅や幹線道路が近く、電車や自動車の音が気になりやすい立地に住んでいる場合は、室内に侵入する騒音が軽減されることも期待できます。
逆に、テレビやオーディオなど、室内からの音漏れにも効果があります。

防犯

窓は、空き巣にとっては格好の侵入経路です。警察庁の調べによると、一戸建住宅や、集合住宅でも低層階は窓から侵入してくるケースが半数以上を占めています。
4階以上でも、3割は窓から侵入しているそうですから、窓がいかに防犯上重要かがわかるでしょう。

出典:警察庁「住まいる防犯110番」(https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki26/theme_a/a_d_1.html)

出典:警察庁「住まいる防犯110番

二重サッシは、ガラスを割って鍵をこじ開ける手間が二倍になるので、見られないよう素早く侵入したい空き巣にとっては厄介な存在。
それだけ狙われにくくなるのです。

マンションでもOKの可能性あり

窓の断熱リフォームは、窓(サッシ)自体を高性能なものにする、ガラスを複層ガラス等に換えるなど、複数のやり方がありますが、マンションの場合、窓は共用部の扱いになります。そのため、個人が自由に交換することができないケースが多いです。

もし交換が可能であれば室内、つまり専有部に施工する二重サッシは、サッシ自体の交換に比べ、価格が高くなるケースが多いですが、工事は簡単で早い(1カ所あたり1時間前後)ので、時間も、日常生活への影響も少なくてすみます。

二重サッシのデメリット

一方、デメリットもないわけではありません。人によっては、前述したメリットよりも、デメリットの方が気になるかもしれません。

開け閉めが面倒

2枚の窓を開け閉めしなくてはいけなくなるので、ちょっと窓を開けて空気を入れ替えたいといった場面では、面倒くささを感じることがあるかも。

掃除しにくい

開け閉めと同様、掃除も手間がかかります。とはいえ、汚れがつきやすいのは外窓の屋外側で、内窓が気になるほど汚れることは考えにくいので、それほど気にしなくてもいいかもしれません。

部屋が狭く感じられる

室内にもうひとつサッシが取り付くので、狭さや圧迫感を感じる人もいるようです。
特にリフォームで、内窓を付けるために窓枠をふかす場合は気を付けた方がいいでしょう。

内窓は樹脂製が主流で、カラーや柄のバリエーションも増えているため、インテリアと合わせてコーディネートすることで、狭さを感じにくくできるでしょう。

窓の形状などに制限がある

二重サッシは、引き違い窓以外の窓に設置することはほぼ不可能。
また、開け閉め用のハンドルや防犯装置も、スペースの関係で取り付けが難しくなることがあります。

窓用エアコンも、二重サッシへの取り付けには対応していない機種が多いようです。

補助金でお得に窓リフォーム

二重サッシを含む窓の断熱改修に対する補助金は、住まいづくりに関する公的な支援制度の中でもとりわけ充実しています。

おすすめの制度をいくつかご紹介しましょう。

高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)

高性能窓や断熱材を施工するリフォームに対する補助金。戸建住宅は1戸当たり120万円(窓のみの改修は40万円)、集合住宅は1戸当たり15万円を上限として、工事にかかった費用の3分の1を補助します。

使用する窓・ガラスや、断熱材は、あらかじめ登録されているものでなくてはいけません。
(登録製品は、環境共創イニシアチブのWEBサイトで確認可)

既存住宅における高断熱窓導入促進事業(東京都)

都道府県、市区町村でも、窓の断熱改修を支援する制度を設けているところは少なくありません。
今回は例として、東京都の「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」をご紹介しましょう。

東京都内にある既存住宅で、窓の断熱改修を行うと、1戸50万円を上限として、費用の6分の1を助成します。
1部屋でも窓のリフォームを行えば利用が可能なので、小規模なリフォームでも利用しやすいのが特徴です。

なお、「高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業」で登録されている製品を使うことが条件になっています。

減税制度

窓を含む省エネリフォームをすると、所得税や固定資産税の控除を受けることができます。

全ての居室の窓を改修したうえで、改修後の性能が条件を満たしていれば、所得税は最大25万円(投資型減税)または62.5万円(ローン型減税、1年あたり12.5万円)を控除します。
固定資産税は3分の1を軽減します。

出典:(一社)住宅リフォーム推進協議会「住宅リフォームガイドブック(令和元年度版)」 (http://www.j-reform.com/publish/pdf_guidebook/31-07-P26-39.pdf)

出典:(一社)住宅リフォーム推進協議会
「 (住宅リフォームガイドブック(令和元年度版))」

まとめ

窓は断熱性、あるいは音、防犯上のウィークポイントになりやすいと同時に、光や風を取り込んだり、外の景色を楽しむなど、暮らしを彩る重要な存在でもあります。

窓の性能をきちんと考えることで、住まいの快適性は大幅に向上し、経済的な余裕も生まれます。
二重サッシなら、何かと制約の多いマンションでも高性能な窓を作ることができます。

リノベーションのときは、ぜひ窓の性能も考えてくださいね。


【記事監修】大宮 良明(一級建築士、既存住宅状況調査技術者)

一級建築士、既存住宅状況調査技術者の有資格者。木造建築の構造計算をはじめ、安全性に配慮した設計を得意としている。「住まいのデザインは見た目のカッコよさはもちろんですが、それ以上に暮らしやすさや安全性が大切だと考えています。長い目で見て『こうして良かった』と思える家を、いっしょにつくっていきましょう」


ご自宅のリフォームをご検討の方へ
住んでるお家のリノベーションならひかリノベ

ひかリノベの住んでるお家のリノベーション

見た目の格好良さだけでない、暮らしやすさにこだわったプランと、安心の自社管理体制。設計・施工はもちろん、工事中の仮住まいのお手配、家財道具のお預かり、不用品の処分、行き/帰りのお引越しまで、すべてワンストップでご提供します。

詳細はこちら >


Web相談バナー_PC用
Web相談バナー_SP用
パンフレットDLバナー_PC用
パンフレットDLバナー_SP用

おすすめの関連記事

  • 断熱リフォームの基礎知識~メリット・費用・注意点断熱リフォームの基礎知識~メリット・費用・注意点 古い住宅は断熱材が入っていないことが多く、冬の冷え込みが厳しかったり、冷暖房の効きが悪かったりして、お世辞にも快適だとは言えません。 根本的に解決するためには、断熱リフォームが有効です。快適な環境が手に入るだけではな […]
  • ワンストップリノベーションの仕組み~メリット・デメリットまでワンストップリノベーションの仕組み~メリット・デメリットまで リフォーム・リノベーションブームの影響もあり、マイホームを構えたいと考える人の中には「中古を買って自分好みにリノベーションしよう!」という選択をする方が増えています。 その場合、中古物件探しは不動産会社へ、デザインや […]
  • ツーバイフォーとはどんな工法?メリットや耐震性などを解説ツーバイフォーとはどんな工法?メリットや耐震性などを解説 木造住宅の中には、ツーバイフォー工法で建てられているものがあります。 「ツーバイフォーの家は耐震性が高い」などと言われますが、そもそもツーバイフォーがどんなものなのか、一般的な木造住宅とどう違うのか、よくわからない方 […]
  • リノベーションを成功に導くプランニングのポイントリノベーションを成功に導くプランニングのポイント リノベーションは長期的に住むことを前提に行われるもの。 デザインはもちろんですが、間取りや機能面など、とくに暮らしやすさにかかわる部分は簡単に決めてしまわずに、しっかりとしたプランニングをすることが重要です。 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る