【総まとめ】プロが教えるリフォーム費用と業者探しのコツ

  • Pocket
  • LINEで送る
この記事のまとめを サクっと 読む
renovation

「リフォームを考えているけれど、費用はいくらかかるのか、よく分からない……」
そんな方は少なくないのではないでしょうか。 

どんな工事をすればいくらかかるのか?

値引き交渉はできるの?

いい業者の見分け方って……?

 この記事では、気になるリフォーム費用の相場を工事箇所ごとに総まとめ!
さらにこれから見積もりをとる方に、業者に見積もりを出してもらう際のコツを。
もう見積もりはとったという方には、見積書の“正しい”読み方を。
そしてコストダウンのマル秘テクニックや、優良リフォーム業者を見分けるポイントまでお伝えします。 

リフォームをお考えの方はぜひ、この記事をお役立てください!

1.リフォームって、どこにいくらかかるの!?

リフォーム費用は施工内容によって大きく変わります。

たとえばキッチンの交換の場合、「ガスコンロをIHに変える」といった工事なら、材料費(IHコンロの機器代金)と工事費で25万円程度から可能です。

しかし、壁付けのL型キッチンを流行のアイランドキッチンに変更、それに伴いキッチンとリビングを一体化し、内装を一新する……といった大掛かりな工事なら、400万円ほどみておく必要があります。

「どこをリフォームしたいか+どんな風にリフォームしたいか」によって、リフォーム費用は決まるのです。

1-1.みんなはどれだけかかった?事例からみる費用の相場

家電量販店に行くときには「価格.com」をチェックする方も多いと思いますが、リフォーム費用を検討する上においても役立ちます。

「価格.com住宅設備・リフォーム」では、過去の事例を集計し、リフォームの種類とおおよその価格をリフォーム箇所ごとにまとめています。

ここでは、その結果をもとに、「どこを」「どんな風に」リフォームすればいくらかかるのか、明らかにしていきましょう。

水回り

キッチン

システムキッチンのビルトインオーブンやコンロの入れ替えは、コンロのグレードにもよりますが10万円前後から。
システムキッチンの交換は50万円から。ただし、サイズを変えたり、場所を移動したりする場合はその分費用がかさみます。
システムキッチンを新しく据えたり、造作したりする場合は、100万円はみておきましょう。

バス

浴槽や給湯器の交換は30~40万円ほど。
ユニットバス全体を新調する場合は100万円前後かかることが多いようです。

トイレ

便座に洗浄機能をプラスする程度の小規模なものなら、およそ10万円で可能です(ただし、コンセントの増設は別途費用がかかります)
便器の交換(洋式)と壁紙・床材の変更では、グレードによって開きがありますが、20~60万円。和式から洋式に変える場合は、30~80万円がボリュームゾーンです。

洗面所

洗面台の交換は、サイズを買えない場合10万円から。
サイズを変える場合、それに伴って床や壁の工事も必要なので、25万円が最低ラインとなります。
カウンター台や洗面ボウルなどを自由にカスタマイズしたい場合、40万円はみておきましょう。

屋内

リビング

天井や壁のクロス張替えは、部屋の広さやグレードにより、数万~10万円程度。床のフローリング張替えも、やはり面積とグレードによりますが、20万円前後がボリュームゾーン。
床暖房の導入は、電気式はおよそ40万円から。温水式はおよそ60万円から。電気式の方が導入費用は安く済みますが、温水式の方がランニングコストは抑えられます。

ダイニング

ダイニングはキッチンやリビングといっしょにリフォームする方が多いですね。
仮にダイニングのみとして計算した場合、簡単な壁・床の張替えなら20~50万円ほどで可能です。
カウンターを造作する場合は50万円から。さらにリビング・キッチンとの間取り変更を行う場合、その分費用がかさみます。

洋室

二重窓の導入は6~7万円ほど。
また、寝室や子供部屋は「床・壁・天井を自然素材に」という方が多いですが、グレードや部屋の広さにより、20~30万円ほど見込んでおきましょう。
和室を洋室にする場合、天井や収納も変えるため、50万円はみておきましょう。

和室

ふすま紙や壁紙、畳の交換はおおむね20万円あれば可能です(6畳間の場合)
最近はリビングに畳スペースや小上がりをつくるのが流行していますが、およそ40万円から。広さやグレードによって変わります。

玄関

ドア交換はグレードにより、20~50万円ほど。
収納を増やす場合、10~20万円ほど見込んでおきましょう。

廊下

もっとも多いのは手すりの設置。1mあたり1~3万円かかります。
クロス・床材の張替えは10万円から。
さらに壁面収納を導入する場合、造作や電気配線工事もあるため、およそ50~60万円。

階段

手すりをつけたり、すべり止めをつけたりするのはそれぞれ10万円程度で可能です。
板材や壁クロスの張替えは40万円前後がボリュームゾーン。
勾配を変えるリフォームは、もとの階段を買いたいして作り直す形になります。100万円以上見込んでおきましょう。

屋外

外壁

30~40坪の2階建て住宅を例にすると、雨が侵入しやすい窓枠・つなぎ目のコーキング(すき間をパテなどで埋める工事)は25万円ほど。
外壁塗装は塗料のグレードにより、およそ100万円から。
外壁の張替えは150万円以上。

屋根

屋根の塗り替えのみなら、広さや塗料のグレードにもよりますが30万円程度から。
補修工事もいっしょに行う場合、50万円以上見込んでおきましょう。
ふき替えの場合、100~200万円はみておきましょう。

ベランダ

床の張替えや屋根の取付けは、20万円前後がボリュームゾーン。
ベランダを丸ごと取り替える場合は、30万円以上。
サンルームの取付けは、およそ40万円から。

エクステリア

門扉の交換やカーポートの設置は10万円台から可能。
家の周りにフェンスを設置するのは、広さやグレードにより、50万円以上。
門から玄関までのアプローチを一新するとなると、100万円以上かかります。

庭

芝の貼付けは1㎡あたり5,000円~1万円。
ウッドデッキの新設はおよそ30万円から。さらに手すりをつける場合、50万円ほどになることが多いようです。

スケルトンリフォーム・リノベーション

リノベ

スケルトンリフォーム(リノベーション)とは、住宅を骨踏み・構造体の状態までいったん解体し、そこから新しく中身をつくり直すこと。表から見えない配管などもすべて刷新、間取りもゼロから設計します。
費用は1㎡あたり10~15万円が相場です。

※くわしくは別記事「理想の部屋を実現させる!リノベーション費用マル秘算出法」をご覧ください。

1-2.工事費用以外にも…「諸費用」ってナニ!?

リフォームにかかる費用は、新しくした設備の材料費(たとえばクロスの貼り替えをした場合はクロス代、システムキッチンを導入した場合はキッチン代)や、工事の手間賃だけではありません。
契約や事務手続きにかかる諸費用も、頭に入れておく必要があります。

 まず、工事契約をリフォーム会社と結ぶ際には印紙税がかかります。

印紙税

経済取引の際に作成される文書にかかる税。
郵便局などで売っている収入印紙を契約書に貼付・消印することで納めます。

 また、施工のスケジュール管理や、工事に用いる建材・工事用品などの運搬にも費用がかかります。

これらの諸費用は工事内容や業者によって異なりますが、工事費用のおおよそ5~15%程度が一般的です。
ただし、業者によって予め工事費用に含んで価格設定している場合もありますし、名目も決まった形があるわけではなく、「現場管理費」「諸経費」などさまざまです。
したがって、一概に「高い」「安い」と判断できるものではありません。
業者に見積もりを出してもらったら、何にいくらかかるのか、納得いくまで説明してもらいましょう。 

さらに、もしリフォームローンを利用する場合、ローン契約にもやはり印紙税がかかりますし、ローン事務手数料や保証料、保険料といった費用がかかります。
とくに借入金額が大きい場合はリフォームする住宅を抵当に入れるため、抵当権の登録免許税や登記手数料がかかります。 

ローン事務手数料

ローンを借りる際の事務手続きを、金融機関にしてもらうための手間賃。
料金設定は金融機関によって異なります(「借入金額に関わらず3万円」など定額の場合もあれば、「借入金額の2%」という場合も)

保証料(ローン保証料)

もしローンが払えなくなったとき、返済を保証会社に肩代わりしてもらうための保証料。
金融機関によっては金利に含まれている場合も。

保険料(団体信用生命保険料)

事故や病気で万が一のことがあった場合、保険会社に代わりに返済してもらうための保険料。
金融機関によっては金利に含まれている場合も。

抵当権の登録免許税

借入が高額の場合、リフォームする住宅を抵当に入れる必要がある(有担保型リフォームローン)

その際、借入金額に応じて税金がかかる。

登記手数料

抵当権設定登記の事務手続きを、司法書士に代行してもらうための手数料。

リフォームローンを利用する際は金利ばかりでなく、こうした諸費用も踏まえて検討しましょう。
低金利にひかれて選んだけれど、諸費用を含めると結局は金利の高いローンと変わらなかった……という失敗もあるようです。

2.これから見積もりをする方に……2つのコツ

さて、いままでは一般論、目安の費用についてお話してきましたが、実際に自分がしたいリフォームの予算を確かめるには、業者に見積もりを出してもらいましょう。
ここで、見積もりを有効に活用するために、2つのコツがあります。 

(1)「どこを」「どんな風に」リフォームしたいのか明確にすべし
(2)2、3社に相見積もりをとるべし

それぞれ見ていきましょう。

(1)「どこを」「どんな風に」リフォームしたいのか明確にすべし

見積もりをする上で一番大事なことは、どこを、どんな風にリフォームしたいのか、完成後のイメージを明確にすることです。
そうしなければ、あとになって「あれも、これも」と費用が増える可能性があるし、見積もりを依頼される業者にも迷惑がかかります。

まずは、リフォームによってどんな住まいにしたいのか、理想の姿を描いてみましょう。
そして、見積もりが予算オーバーの場合、たとえば「キッチンはもっとシンプルな機能のものでもいいな」とか、「和室は現状のまま活用しよう」とか、計画を練り直していけばいいのです。
その際、見積もりを出してもらった業者にもアイデアを聞いてみましょう。
その提案の仕方によって、技術力や相性を測ることができ、業者をえらぶ指針の一つとなります。

(2)2、3社に相見積もりをとるべし

見積もりを複数社に依頼することを相見積もりといいます。

相見積もりのメリットは、自分が望むリフォームの適正価格が分かることです。
1社だけでは、高いかどうかよく分かりませんが、比較対象があれば判断材料になりますね。

デメリットは、あまり何社にも頼みすぎると時間がかかったり、かえって判断に迷ったりすることです。
実際に現場を見なければ正確な見積もりを出すのは難しいですから、10社に頼むとしたら、10回業者の訪問を受けます。そして、各社バラバラの見積書を置いていきます。

見積書のフォーマットは業者によって異なりますから、何社分も読むのは一苦労です。
それに、何度も同じやり取りをすることで疲れてしまい、結局どれを選んで良いか途方にくれてしまった……というケースも多いようです。

公益財団法人の住宅リフォーム・紛争処理支援センターでも、「見積もりは2~3社程度がいい」としています。

※住宅リフォーム・紛争処理支援センターとは

国土交通省所管の住宅に関する相談窓口。住宅購入やリフォームの疑問や不安、トラブルの相談を広く受け付けており、HPでは住まいに関するお役立ち情報も。

なお、出してもらった見積書を他の業者に見せるのは止しましょう。
「○○社はこれこれのリフォーム内容で△△円だ」と同業他社に教えてしまうのは、情報の流出です。
他社の見積書を見せたために信頼関係が失われる危険もあります。とくに値引き交渉に利用しようと考えるのは、得策ではありません。

3.見積もりを頼んだら……見積書をどう読む?

見積書には工事内容を記載するため、専門用語が多く、少々分かりづらいこともありますから、ここで“正しい”読み方をおさらいしておきましょう。

見積書を理解しておかなければトラブルの元になりかねません。
細かいところまで、しっかりと把握しましょう。

3-1.最初のページはココを見よう!

見積書の最初のページには、見積もりの合計金額や日付、担当者印や工事内容について書かれています。
間違いや担当者印が抜けていないかなど、基本的なことをチェックしておきましょう。

サンプルがあると分かりやすいと思いますので、下の図をご覧ください。

▼ひかリノベの見積書。サンプルなので抜けているところもありますが、大体こんな感じです。

Attachment0

★部分について、一部補足します。

工事概要

「御見積書No.~」というように、この工事は何の資料をもとに行うか、記しています。

支払い条件

「契約時30%、着工時40%、完了時30%」というように、この工事費用をいつ、いくら支払うか、記しています。
ここはとくにしっかりおさえておきましょう。 

有効期限
1~2ヶ月程度が一般的なようです。
キャンペーン等で短く設定する業者もいるようで、要するに早く判断させたいのでしょうね。

3-2.カンタン!内訳書のミカタ

内訳書では、何の工事にどれくらい費用がかかるかを確認します。
専門用語が多く、ちょっと見ただけでは分かりづらいので、見積もりをとった業者によく説明してもらいましょう。

その際、工事箇所を箇条書きにしておき、手元に図面を置いてチェックしていくと分かりやすいです。
「バスルームの工事はこの項目だな。じゃあ、トイレのほうは……」というように、1つずつ確認していくのです。
材料(設備・建材)の数や単価が合っているかも確認しておきましょう。

▼ひかリノベの内訳明細書(フルリノベーションの例)

bcf9d147813919a71a6ef01ee41c92f41-1024x692
▲A~Kは工事そのものにかかった費用(材料+工事)、L.Mは諸経費(共通費)に当たります。

工事には以下のような種類があります。

解体工事

リノベーションするために既存部分を壊す工事

仮設工事

足場の設置や養生シートで保護する工事

木工事

柱や梁、断熱材など、大工さんが関わる全ての工事

塗装工事

塗り壁や土間の工事

内装工事

壁や床、天井の仕上げ工事

給排水配管工事

給排水管の配管(取付け・交換・改修)工事

電気配線工事

電気系統の配線(新設・増設・改修)工事

住宅設備機器工事

システムキッチンやシステムバスなどの取付け工事

建具工事

屋内のドアや引き戸の工事

ガス工事

ガス設備の新設・増設・改修工事

雑工事 

ハンガーパイプ、階段手すりなど、上記以外の工事の総称

業者によっては工事内容をくわしく書き出さない場合もあります。
その場合はしっかりと説明を求めましょう。あるいは、工事内容を書面にするよう、頼んでみましょう。 

また、ここに記載されている以外かかる費用はないか、もし発生する場合、何にいくらかかるのかも、必ず確認しましょう。

このように見積書を“正しく”理解することが、トラブルを未然に防ぐコツです。

4.How to コストダウン

見積もりをとったところ、想定していたより高くついてしまった……そんなとき、限られた予算の中でリフォームを成功させるには?

プランを考え直すか。値引きをお願いしてみるか。 

いずれにせよ、まずは見積もりをとった業者に相談してみましょう。
その際、次の3つの方法が効果的です。 

(1)予算をぶっちゃけてみる
(2)リフォームプランに優先順位をつけてみる
(3)DIYも考えてみる

順にくわしくみていきましょう。

(1)予算をぶっちゃけてみる

ズバリ「自分の予算は○○円です」と明示してしまいましょう。
たとえば、自分としては200万円が予算の上限と考えていたけれど、見積もりをとったら220万だった。
こんな場合は、「予算は200万円と考えていたのですが……」と正直にいって、それで収まる方法はないか……と交渉するのが、実は一番スマートです。 

業者としては、特別に値引きするにせよ、「それならキッチンをこちらの商品にすると、ご予算に収まりますよ」という風に、プラン変更を提案するにせよ、予算が分かっていた方が考えやすいのです。
漠然と「もう少しまからない?」というのでは、業者のアプローチも探り探りにならざるを得ません。
スムーズに話し合いを進めるには、ちょっと抵抗があるかもしれませんが、自分からはっきり予算を伝えてしまいましょう。 

なお、上でも述べましたが、値引き交渉で他社の見積書を見せるのは止しましょう。
かえって信頼関係が損なわれる危険があります。

(2)リフォームプランに優先順位をつけてみる

予算をはるかにオーバーしてしまったら、プランを考え直してみる必要があります。
その場合、考え方は2つ。 

1.リフォームのグレードを下げるか。
2.範囲を限定するか。 

1.は、たとえば「キッチンはもっとシンプルな機能のものでいいな」というように、工事箇所はそのまま、新しくする設備の一部または全部をリーズナブルなものに変更する方法です。

2.は、「和室は現状のまま活用しよう」というように、工事箇所を減らす方法です。

この際、自分の理想を漠然とあきらめてしまうのではなく、本当にしたいリフォームは何なのか、当初の計画をさらに突き詰めて考えることが大切です。

「ここは絶対ゆずれない!」
「ここの設備はそんなに高機能じゃなくていいな」
「ここの部屋はいまも気に入っている……」 

そんな風に自分の計画をいま一度よく見直してみれば、優先順位が自然とみえてくるハズ。

そしてその答えを業者に伝え、あたらしいプランについて、プロのアイデアをもらいましょう。 

また、このときの対応で、業者の技術力や相性が分かります。
このように、業者選びの判断材料となるメリットもあるのですね。

(3)DIYも考えてみる

近年、話題のDIY。
「難しそう!」と思っても、やってみれば案外ハマってしまうかもしれません。
手作りの家具や設備は、手をかけた分だけ愛着も湧くもの。
何しろ、世界にたった一つのオリジナルなのですから! 

自分でもできることがないか、一度見積もりをとった業者にきいてみましょう。
あるいは、本やインターネットで調べてみると、How to や体験記を読むことができますから、それを参考にチャレンジしてみては?

5.優良リフォーム業者8カ条

リフォーム業者を選定する際は、次の8つのポイントをチェックしましょう。

  1. 施工事例が豊富である
  2. 工事内容やかかる費用の内訳を詳細に説明してくれる
  3. トラブルがあったとき誰が対応してくれるか、責任者は誰か、はっきりしている
  4. 工事期間中、騒音やにおいなどの発生について近隣に充分配慮してくれる
  5. 工期が延びる場合の補償や対応について取り決めがある
  6. 相談や打ち合わせに真摯に対応してくれる
  7. アフターフォロー、瑕疵が生じた場合の保証が充実している
  8. 口コミや地域の評判がいい

住宅リフォーム・紛争処理センターによると、2013年の相談件数は前年度比18%増の24,216件であったそうです。

大切な住まいのこと、信頼できる業者に任せたいものですね。

 

以上、リフォーム費用と業者探しのコツについてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

「リフォームを考えているけど、何にいくらかかるのか分からなくて不安……」
「工事をお願いするかも分からないのに、業者に見積もりや相談を頼んでもいいの?」
「信頼できる業者はどうやって見つければいいんだろう」 

そんな皆さまの不安は解消されましたでしょうか。

「まずは相談してみようかな」とお思いの方は、ぜひひかリノベの専門コーディネータ―にお申し付けください。


相談会▲ひかリノベでは、ご相談会を随時開催しております。

フルリノベーションから部分リフォームまで、お見積もりやプランのご提案はぜひ、ひかリノベにご相談ください。
ひかリノベは、コーディネーター・設計・施工管理が一丸となり、あなたの「理想の住まいづくり」をサポートいたします。 

ご相談会のお申込みは、上の画像をクリックしてください!

スタッフ一同、アナタのお申込みをお待ちしております。

この記事のまとめ

リフォームにかかる費用を知り、納得いくリフォームをおこなうには、①リフォーム費用の目安を把握すること ②業者に相見積もりをとること ③予算内で満足いくプランを考えることがポイントとなります。

まず、リフォーム箇所・内容ごとの費用の目安を知りましょう。代表的なところでは、システムキッチン交換(50万円~)・ユニットバス入替(100万円~)・リビングのクロスとフローリング張替(30万円~)。「自分はどこを・どんな風にリフォームしたいか」に当てはめて、全体でおおよそいくらかかるかを掴みましょう。

ただし、設備や建材のグレードによって価格は変わってきますから、より正確な費用を知るには、業者に見積もりをとる必要があります。2~3社に相見積もりをとると、価格や対応を比較できますね。
このとき、「何の工事にいくらかかるのか」「見積書に載っている以外に費用が発生するか・その場合いくらかかるか」を必ず確認してください。

もし見積もりが予算オーバーの場合は、業者に自分の予算を「〇〇万円まで」と伝え、予算内に収めるための提案を求めましょう。そしてプランを見直す際は、設備や建材のグレードを変えるにせよ、工事箇所を減らすにせよ、「リフォームで実現したいこと」の優先順位を明確にすることが大切です。

以上の3つのポイントを押さえて、「費用も内容も大満足!」なリフォームを実現しましょう!

  • Pocket
  • LINEで送る