資料請求
お問い合わせ
電話
ハンバーガーメニュー アイコン

ワンストップリノベーションの仕組み~メリット・デメリットまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リフォーム・リノベーションブームの影響もあり、マイホームを構えたいと考える人の中には「中古を買って自分好みにリノベーションしよう!」という選択をする方が増えています。

その場合、中古物件探しは不動産会社へ、デザインや設計は建築士へ、資金繰りのため銀行へ、そして施工会社を見つける……と、3〜4つの会社に依頼・契約することになります。
これだけでも、大変な労力と時間がかかることが容易に想像できます。

また複数の会社と契約することで、問題が起きたり変更をしたい場合、どうしても手間がかかることに……。

そういった、煩わしさを解消してくれるのが「ワンストップリノベーション」です。
今ではワンストップリノベーションの会社に依頼することで、物件探しからリノベーション完成まで、1社のみで完結することが可能になりました。

今回は、ワンストップリノベーションのメリット・デメリットも詳しくご紹介。
より自分に合った、マイホーム探しの方法を見つけるヒントにしてみてください!

1.ワンストップリノベーションとは?

「中古を買ってリノベーション」を実現するには、まず施工主となるご自身で物件を探す必要があります。
その他にも、デザインと設計・資金繰りやローンの相談・施工会社への依頼……と、完成までにそれぞれの会社とやり取りをするのが一般的です。

それらの工程を、ひとつの会社で済ませることを可能にしたのが、ワンストップリノベーションです。
ワンストップリノベーションの会社では、物件探しから完成まで(アフターサービス含む)、一連の流れを1社で対応します。
もちろん施工主との窓口も一つで済むため、変更や相談もスムーズ。完成までにかかる時間も短縮することができます。

何より、施工主にとって「今、どんな状況なのか?」といったことが確認しやすくなることは、安心材料といえます。

2.ワンストップリノベーションにも2種類ある

ワンストップリノベーションを謳っている会社にも2種類の仕組みがあり、会社を選ぶ際には、多少の注意が必要です。
簡単にいうと「どこまでを自社で行っているのか?」という点が異なります。それぞれの違いをみていきましょう。

すべて自社で「オールワンストップ」

オールワンストップを採用している会社の場合、自社で不動産探し・リノベーション(設計)・施工すべてを自社で行っています。

全工程が会社内でのやり取りとなる為、指示や連絡も早く、スムーズに物事を進めることが可能です。
ちょっとした工事の変更をしたい場合も受け入れてもらいやすい、という施工主側のメリットもあります。

他社と連携して「パーシャルリノベーション」

パーシャルリノベーションは、オールワンストップと変わらず窓口は一つです。
しかし、複数の不動産会社・設計会社・施工会社などと提携することにより、ワンストップリノベーションを実現しています。

そのため実際に設計をしたり、施工を行ってくれるのは別々の会社ということに。パーシャルリノベーションの会社が、「仲介役を担ってくれる」とイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

3.ワンストップリノベーションのメリット・デメリット

「すべてが1社で行えるのは便利だけど、デメリットはないの?」と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、ワンストップリノベーションのメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

メリット

◆窓口がひとつなので手間が省ける

一人の担当者に相談したり変更内容を伝えれば、そこから担当者が各部署へ調整をかけてくれます。やり取りがシンプルになるため、気軽に相談しやすいというメリットも。

また万が一、トラブルが発生した場合も自社内の出来事であるため「責任の所在がはっきりする」というメリットもあり、安心してマイホーム作りを進めることができます。

◆かかる費用の分配が分かりやすい

マイホーム購入時にもっとも気になるのは「費用について」という方も少なくありません。
各社HPの施工例を見ると、実際にかかった予算を掲載しているところもあります。
また、ワンストップリノベーションにすることで、リノベーション重視か?物件重視か?というように、かかる費用を大きく2つに分けて考えることができます

そういった費用の配分が分かりやすいのも、ワンストップリノベーションのメリットといえるでしょう。

◆ローン金利を抑えることができる

通常、住宅購入にかかるローンとリノベーションにかかるローンを別々に組むことになります。そうなると、二重ローンを組むことになり、それぞれのローンに金利がかかってしまうことで費用も手間も2倍に。

ワンストップリノベーションでは、住宅もリノベーションにかかる費用も一つのローンにまとめることが可能です。その為、余計な出費を抑えることができます。

◆理想のイメージに近づけやすくなる

担当者とイメージのすり合わせをしっかり行っておけば、担当者から各部門の担当へ指示を出してくれるので安心・簡単というメリットも。

打ち合わせを行うときも、毎回同じ会社で行うことができるため、計画を楽に進めることができます。ちょっとしたデザインの変更や希望も通りやすく、より理想の住まいづくりを可能にしてくれます。

デメリット

◆各担当の専門性が高いか判断する必要がある

家を建てるためには、プロの高い専門性技術を要します。
設計や施工技術に特化した会社にそれぞれ任せるのと比べて、リノベーション会社の専門性や技術が高いのかを自身で判断しなくてはいけません。

ワンストップサービスである故に、やり取りはスムーズだったけど、出来上がった家が欠陥住宅だった……なんてことになれば本末転倒です。

「オールワンストップ」と「パーシャルリノベーション」どちらのワンストップサービスを採用している会社なのかを含め、会社の運営体制にも気を配って検討しましょう。

4.ワンストップリノベーションの注意点

オールワンストップとパーシャルリノベーションは仕組みこそ違うものの、窓口が一つでやり取りがスムーズという点は変わりません。

しかし、マイホームを構えるというのは、人生で一番大きな買い物という方が多いはず。
担当者との「相性」や「各部門に専門性の高い知識があるか」「経験は豊富か?」という点を、しっかり見極める必要があります。

ネットの口コミ情報などに印象を左右されがちですが、一番大切なのは実際に会って話してみること
会うことで「フィーリングが合う人だった」「感じのいい人だった」という担当者の雰囲気を知ることができます。
そういった相手に任せることで、ワンストップリノベーションでの失敗を回避することにも繋がります。

そのほか、会社を選ぶ基準として「イメージの共有がしやすい」「レスポンスが早い」「親身に話を聞いてくれる」といった点もチェックしましょう。

5.会社選びのポイント

まずは、各リノベーション会社の公式HPを見てみましょう。
各社HPには、過去の施工事例が載っていますので、まずは自分の理想と近いテイストのリノベーションを行っている会社を見つけましょう。

事例がたくさんあるということは、それだけ「実績がある」ということです。
中には、トータルでかかった予算を載せてくれている会社もあるので、それを参考に各社の価格帯などを判断材料にするのも良いでしょう。

気になる会社を数社に絞ることができたら、実際に店舗へ相談に行ったり、資料請求をしてみてください。

6.ひかリノベのワンストップリノベーション

ひかリノベで採用しているワンストップサービスの種類は「オールワンストップ」です。
家探しから完成まで、すべての工程を自社内製のチームで行うため、窓口はもちろん一つ。細かなデザインの相談から、資金やローンに関するご相談も自社の担当者にご相談ください。

以下に、私たちひかリノベが、実際にワンストップリノベーションを行った施工事例をご紹介します。

 

施工主様は、ひかリノベの「Web物件検索」の豊富な物件数、コーディネーターの知識量と人柄に惹かれ、お任せして下さいました。

施工主様のご希望は「10人ぐらいまで自宅に招いて、パーティーを楽しめるような広々とした空間」と「自宅で友人たちとダーツを楽しみたい」というものでした。
これらを叶えるため、細かな相談を重ねながら、ダーツバーのような夜の雰囲気を意識したデザインを重視。ダークトーンでまとめたデザインを落とし込みました。
照明が多く広いお部屋には、施工担当が部屋の使いやすさを重視して「IoTスマートハウス)」を提案。

IoT(スマートハウス)とは、IoT技術を活用して電力消費を管理する住宅のことです。
ひかリノベでは、こういった最新設備の設置にも対応しています。

<間取り図>

    ◆Before                 

    ◆After

ひかリノベには宅建士・建築士・ファイナンシャルプランナーと、住まいづくりのすべての工程において、それぞれ専門家が在籍しています。
完全内製のチーム体制で、物件探しからリノベーション設計・施工、アフターメンテナンスまで安心してお任せください。
ひかリノベ住まいのブログ内にも、施工事例を数多く掲載しております。ぜひ一度覗いてみてください。


【記事監修】三好 海斗(宅地建物取引士、賃貸経営管理士、既存住宅アドバイザー)

宅地建物取引士、賃貸経営管理士、既存住宅アドバイザーの有資格者。新築・中古・マンション・戸建てと幅広い不動産の仲介を扱ってきた経験をもとに、資産価値の落ちにくい住まい選びを提案している。「住居コストを抑えることにより、家族旅行や趣味、老後に備える貯蓄などを生み出せる可能性が広がります。住宅ローンを払うために働く生活から、人生をより豊かにするお手伝いをさせていただきます」


中古マンション・中古戸建の購入をご検討の方へ
ひかリノベの中古を買ってリノベーション

ひかリノベの中古を買ってリノベーション

ひかリノベには宅建士、建築士、ファイナンシャルプランナーと、住まいづくりのすべてのプロセスの専門家が在籍しています。完全内製のチーム体制で、物件探しからリノベーション設計・施工、アフターメンテナンスまで安心しておまかせいただけます。

詳細はこちら >


Web相談バナー_PC用 Web相談バナー_SP用 パンフレットDLバナー_PC用 パンフレットDLバナー_SP用

おすすめの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る