2階建てを平屋にできる?平屋リノベーションを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
pixta_1921717_M

近年、平屋の人気が高まっています。上下の移動がなく生活しやすい点が、夫婦二人でゆっくり老後を過ごそうという世代はもちろん、若い家族からも注目されているようです。

平屋の住まいを手に入れるには、新築するか、平屋の中古物件を購入するしかないと思われがちですが、実は今お住まいの、二階建て以上の家を平屋にリノベーションすることもできるのです。

この記事では、平屋の基礎知識と、今の住まいを平屋にするリノベーションのポイントを説明します。

平屋とは?

平屋とは、要するに「一階建て」の家のこと。

古民家などには、平屋の例がたくさんありますね。昔ながらの住まい、というイメージも強いのではないでしょうか。

しかし、一戸建てではありますが、ワンフロアで家全体が完結するので、空間としてはマンションの住戸に近い、現代の暮らしにも十分通用する側面もあると言えるでしょう。
マンション生活に慣れている人が、平屋に住みたいと考えるケースも増えているとか。

現在では、土地の余裕が少ない都市部はもちろん、ある程度広い土地があっても、二階建て以上とすることが主流になっていますが、最近では郊外や地方を中心に、平屋の事例が増えています。

平屋のメリット

平屋ならではのメリットとしては、「上下の移動が不要で暮らしやすく安全」「家全体に目が届きやすい」「耐震性が高い」「冷暖房効率が良い」などの点が挙げられます。

平屋はいわばワンフロアの住まい。他の部屋に行くとき、わざわざ階段を上り下りしなくても移動でき、生活動線がコンパクトにまとまります。
高齢者にとっては、足腰への負担軽減や、転倒・転落のリスク回避にもなります。小さい子どもがいるご家庭にとっても、安全な環境だと言えるでしょう。

また、階段の下は収納をつくるぐらいしか活用法がありません。階段のない平屋は、こうしたデッドスペースができにくいのも利点ですね。

どんなにオープンなつくりにしても、一階にいると二階以上にいる家族の様子はわかりにくいもの。平屋ならリビング、個室、キッチン、浴室・トイレなど全てのスペースが同じ階にまとまっているので、コミュニケーションも取りやすく、どうしているかが気になる子ども、高齢の家族がいても安心です。

高さのある建物は、地震や強風の力が加わったときに揺れやすいうえ、二階以上の重さも揺れを大きくする原因になります。平屋は、低く、建物自体が軽いので、地震や風の力に対して強いのが特徴です。
二階の重量を支えるためには、柱や壁の配置も重要ですが、平屋はそうしたことを考えなくても良いので、間取りや大規模リノベーションの自由度も高くなります。

ワンフロアの計画なので空気が家の上部・下部に溜まるようなエリアができにくく、冷暖房の効率もアップ。光熱費削減も期待できます。

そのほか、新築時の建築費が安い、外壁や屋根をリフォームするとき、足場が安価、庭との距離が近い、といった点もメリットになるでしょう。

平屋にデメリットはある?

平屋で問題になりやすいのが日当たり。高さが低い分、周りに一般的な戸建て住宅があるだけでも日当たりは悪くなりやすいのがデメリットといえるでしょう。

近年は大きな水害が多発していますが、平屋だと二階以上に避難することはできません。ハザードマップで水害の危険性が指摘されている地域などでは、特に注意が必要です。

また、これは言うまでもないことですが、二階建て以上と比べて床面積は狭くなります。

リノベーションで平屋に「減築」

平屋の住まいを手に入れるには、新築(または建て替え)する、中古で平屋の物件を探す、の2つの方法がすぐ思いつくでしょう。
今、一戸建てにお住まいで「平屋に建て替えたいが、今の住まいも気に入っているし、費用も不安」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方に、ぜひおすすめしたい選択肢があります。「二階建て以上の住宅を、平屋にリノベーションする」です。

床面積を減らす改修を、一般的に「減築」といいますが、二階建てを平屋にするのも減築の一種。

逆に平屋に二階を増築することは、構造の補強や柱・壁の追加が必要になり、難易度が高まります。安易な改修によって耐震性が低下するリスクも。
(阪神・淡路大震災で倒壊した木造住宅の多くは、構造を考えずに増築したものが多いとも言われています)

平屋へのリノベーションは、大掛かりな工事が必要で、費用も1000万円以上かかるケースも少なくありませんが、むしろスケルトンリフォームを行い、住宅の性能や使い勝手を大幅に高めるチャンスとも言えます。

耐震補強をする、断熱材を施工する、最新の設備を入れてオール電化に、家全体をバリアフリー改修――さまざまなリフォーム・リノベーションを同時に行うことで、古い物件でも安全で、快適な住まいに生まれ変わらせることができます。

リノベーションで平屋にする際の注意点

リノベーションで増築(床面積が10㎡以上増える工事)を行う際は、確認申請が必要になります。(防火・準防火地域は10㎡未満も対象。ちなみに、東京23区や横浜市はほぼ全域が防・準防地域です)では、減築の場合はどうでしょう?

基本的に、面積が減るだけなら確認申請は不要。しかし、二階建てを平屋にする場合、屋根を解体して、噴き替えたりする工事が発生します。
法律上、これは確認申請が必要とされる「大規模な修繕(主要構造部の半分以上を改修する)」などに該当するため、リノベーションでも確認申請が必要です。
ただ、二階を撤去したが、一階を10㎡以上広げるような工事をする場合は増築とみなされるので、この場合は確認申請が必要になります。

確認申請についてリフォーム業者に尋ねたときに、明快に答えられない業者は避けた方が無難です。
小規模なリフォーム工事が多い会社は、担当者が確認申請の手続きに慣れていなかったりもするため、確認申請が必要なのに無申請で工事をする業者が実は多いのです。そのため新築や、大規模改修の実績が多い会社を選ぶのがいいでしょう。

二階建てに比べ、平屋は有効に使える面積が少なくなります。お金に余裕があってとにかく広い土地が手に入るのならいいでしょうが、現実はそうもいきませんよね。

屋根の面積は二階建てより広くなるので、ロフトや小屋裏収納をつくるなど、限られた面積を有効に使う工夫が必要です。

平屋リノベーションの流れ

一般的なリノベーションと流れはほぼ同じです。

まずは、リノベーションを依頼するリフォーム会社や工務店を検討し、やりたいリノベーションが可能かどうか、費用はいくらかかりそうか、相談しましょう。
二階の減築を伴う工事は、増築よりは難しくないとはいえ、それなりの技術力が要求されます。ホームページなどで、過去の事例をチェックしてみたりすることを忘れずに。

依頼先が決まったら、住宅ローンの手続き(ローンを利用する場合)を進めつつ、リノベーション会社が建物の調査などを行い、リノベーションプランの作成に入ります。
技術的、法律的にできること、できないこともきちんと確認しながら、納得のいくプランをデザインしてもらいましょう。

大掛かり、かつ工期の長い工事になるので、仮住まい探しや、引っ越しの準備も早めに進めておくことを忘れずに。
工事が決まったら仮住まいに引っ越し、あとは工事が終わるのを待ちましょう。

完成後も、入居したら終わりではありません。

不具合が出てくる可能性もゼロとは言えないので、事前にリフォーム会社の工事保証やアフターサービスの内容をしっかり確認する、リフォーム瑕疵保険を利用するなど、万が一の事態への備えを検討しておきましょう。

ひかリノベのサービス「住んでるお家のフルリノベ」は、ただリノベーションの設計・施工を行うだけのサービスではありません。

資金計画の相談やローンの紹介はもちろん、工事中の仮住まいの手配、家財道具の一時預かりや不用品の処分、引っ越しのサポートまで、今お住まいの家のリノベーションで必要な、あらゆることにワンストップで対応いたします。

リノベーションももちろんおまかせ。設計から施工まで専門家がきちんと対応し、工事中も社内スタッフが厳しく検査。お客様ご自身の目でも、工事の品質4回にわたり確かめていただけます。

引き渡し後も、ひかリノベ独自の工事保証(2年間)と定期点検、住宅設備の延長保証(10年間)、リフォーム瑕疵保険でお客様の暮らしを支えます。

二階建てをリノベーションで平屋に、というと、とんでもなく難しい工事のように思えますが、決して不可能ではありません。
これからの暮らしに合わせてリノベーションすれば、愛着のあるマイホームで、ずっと快適に過ごすことができます。平屋に住みたいとお考えの方、ぜひひかリノベにご相談を。


【記事監修】大宮 良明(一級建築士、既存住宅状況調査技術者)

一級建築士、既存住宅状況調査技術者の有資格者。木造建築の構造計算をはじめ、安全性に配慮した設計を得意としている。「住まいのデザインは見た目のカッコよさはもちろんですが、それ以上に暮らしやすさや安全性が大切だと考えています。長い目で見て『こうして良かった』と思える家を、いっしょにつくっていきましょう」


本当に暮らしたい家をつくろう。
住んでるお家のリノベーションならひかリノベ

ひかリノベの住んでるお家のリノベーション

工事中の仮住まいのご案内、家財道具のお預かり、不用品の処分、行き帰りのお引越しのお手配まで、全部ひかリノベにおまかせ! 見た目の格好良さだけでない、暮らしやすさにこだわったプランをご提案。工事は安心の自社管理体制です。

詳細はこちら >

パンフレットDLバナー_PC用 パンフレットDLバナー_SP用

おすすめの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
資料請求 オンライン相談