バリアフリーリフォーム~やっておきたい工事と費用の目安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Barrier_free_1

日本社会が抱える問題のひとつが、高齢化社会です。65歳以上の人口は3000万人を超え、総人口の約3割を高齢者が占めるまでになってきました。暮らしの基盤となる住まいにも、高齢者の住みやすさが求められるようになっています。

これを読んでいる方の中には、第二の人生を送るための住まいをお探しの方もいるかもしれませんね。あるいは「親も歳をとってきたし、そろそろ同居しようかな」と考えている方もいるのではないでしょうか。

そんな時に考えていただきたいのが、住まいの安全性を高める「バリアフリーリフォーム」です。ご自身、そしてご家族が一生安心して暮らせるよう、早めに備えておきましょう。

今回は、バリアフリーリフォームを検討している方にもわかりやすい、費用や工事についてポイントをまとめました。ぜひ、参考にしてみてください!

2019年7月29日初出→2020年6月1日更新

1.バリアフリーリフォームの必要性

高齢化社会の中で、「バリアフリー」という言葉がしばしば使われるようになりました。住まいづくりにおいても、リフォームによるバリアフリー化や、新築マンションのエレベーターに車椅子が余裕で入れる広さのものを設置する……などの住宅が増えています。

バリアフリーとは、高齢者や障がい者にとっての「物理的な障害を取り除くこと」を指します。駅や公共施設などで、車椅子の人が利用するために、エレベーターやスロープを設けたりするのもバリアフリーのひとつです。

住まいに潜む危険

加齢に伴い身体的な能力が衰えていくと、若いころは平気だったことが難しくなったりしますよね。住まいと関連する事柄としては、次のようなことが考えられます。

  • ごくわずかな段差でもつまづきやすい
  • トイレで立ち上がったりするのが困難
  • 急な階段の昇り降りが足腰の負担に
  • 入浴するとき、浴槽をまたぐのが大変
  • 杖や車椅子が必要になる

もちろん、体の状態は人それぞれ。高齢になっても、上にあげたことを難なくこなせる方もいるでしょう。

しかし、高齢者は筋力やバランス感覚の衰えによってつまずいたり、ふらつきやすくなり、結果的に転びやすくなる傾向があります。高齢者の転倒・転落事故は増加傾向にあり、家庭内の転倒事故が原因で亡くなる人も増えています。

消費者庁「御注意ください!日常生活での高齢者の転倒・転落!」

出典:消費者庁「御注意ください!日常生活での高齢者の転倒・転落!」 (https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_009/pdf/caution_009_180912_0001.pdf

転倒して大きなけがを負ってしまうと、その後の介護が必要になってしまうケースも少なくありません。

消費者庁「御注意ください!日常生活での高齢者の転倒・転落!」

出典:消費者庁「御注意ください!日常生活での高齢者の転倒・転落!」 (https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_009/pdf/caution_009_180912_0001.pdf

そういったことを防ぐためにも、高齢になっても安全・快適に過ごせるような環境をあらかじめ整えておくことが望ましいでしょう。

安心安全な住まいのポイント

バリアフリーな住まいは、高齢者だけでなく、家族にとっても暮らしやすい環境を作り出します。早いうちからある程度のバリアフリー化をしておくことは、家族全員の暮らしもより楽に・安全に・快適にしてくれるのです。
では、実際に住まいをバリアフリー化するにあたって、どのようなポイントをおさえておけばよいのでしょうか。

住宅の場合、段差の解消や手すりの取り付けなどが、バリアフリー化の代表的な事例です。
もっとも大切なのは、住むひとの身体や生活動線に合わせた、細かな使い勝手です。手すりを設置する場合も、位置や太さに配慮が必要です。
また、バリアフリーの代表例として、床の段差解消が挙げられます。つまずき防止にはフラットであるだけでなく、床材が滑りにくいことも大切です。
さらに、キッチンや浴室・トイレ・リビングなどをワンフロアにまとめることも、動線の無駄がなくなり、生活しやすくなります。

2.バリアフリーリフォームの費用と期間

リフォームを成功させるには、信頼できる業者選びとプランニングが重要です。それぞれの場所に「どの程度の費用や期間がかかるのか?」といった疑問をお持ちの方も少なくないはず。
リフォーム会社や使用する素材・設備の価格・期間によって差はありますが、ここではバリアフリーリフォームにかかるおおよその費用の目安をみていきましょう。

手すりの設置(玄関・トイレなど)

  • 費用 数万円〜15万円
  • 期間 3日前後

玄関やトイレなどの一部に手すりを設置する場合は、工事範囲が限定されているため、3日以内に完成することが多いようです。
階段や廊下など、手すりをつける場所が広範囲になると1週間以上かかることもあります。

段差の解消(浴室・トイレなど)

  • 費用 数万円〜100万円超
  • 期間 1週間~数ヶ月

こちらも、段差を解消したい場所の範囲によって、費用と期間には差があります。
水廻りの床の段差を解消し、室内ドアの見切りなども取り払う……となると、家じゅうの床に手を入れる必要が出てきます。この場合は広さにもよりますが、100万円を超える大規模工事となります。

スペースを広げる(浴室・トイレ・廊下など)

  • 費用 40〜100万円超
  • 期間 1ヶ月前後

車椅子のまま入れるようにスペースを広げる場合は、大がかりなリフォームになることがほとんどです。
とくに浴室は、ユニットバスのグレード、浴室の広さ、滑りにくい床材など、設備によっても費用が大きく変動します。

3.浴室は室内温度に注意

日本人の暮らしに欠かせない、お風呂。高齢になっても、安全に入浴できるようにしておきたいものですね。

古い浴室はタイル張りなどのため、濡れると滑りやすくなっています。濡れても滑りにくい、あるいはすぐに乾くような床にしましょう。

浴槽も、高さがあるとまたぎにくくなります。一般的に、またぎやすい高さは30〜40㎝程度だと言われています。高さを抑えるには、床に浴槽を埋め込むタイプ(半埋め込み式)のものがいいでしょう。
同時に、浴槽に入るときに腰掛けられるよう、縁が広めのものを選ぶとベターです。

浴室でもう一つ気を付けたいのが、温度。冬、浴室や脱衣室の温度が低いと、熱いお湯につかったときに血圧が急激に上昇し、意識の低下や心疾患を招く「ヒートショック」を発症する恐れがあります。

できれば断熱性を高め、温度差をなくすのがベスト。現在、販売されているユニットバスは、浴槽も含めて高断熱化が進んでいるので、予算に余裕があれば高断熱型のタイプを選びましょう。
浴室に暖房を設置するだけでも、ヒートショックのリスクは軽減できます。乾燥機能付きの機器であれば、洗濯物を干したりするのにも役立ちます。

4.トイレは余裕のある広さに

トイレは一日に何度も使う場所だけに、体の負担をできるだけ減らすことが大切。しゃがまなければ利用できない和式トイレは、洋式トイレに変更しましょう。

また、車椅子や介護が必要になったときのために、スペースの拡張や手すりの取り付けも検討しましょう。

可能ならば、寝室の近くにトイレの位置を移動すると、夜中にトイレへ行くときの事故のリスクを減らすこともできます。

5.階段・段差の負担軽減

必ずやっておきたいのが、室内外の段差解消です。部屋で床の高さが違う場合はもちろん、ドアのレールもつまずく原因になります。

床のレベル(高さ)は、基本的に高いほうに合わせることになります。床下には配管が通っているので、低くするのは難しい場合が多いです。
床のレベルを上げることで圧迫感が増してしまう場合は、スロープを設置して高さの違いを補う、という手法もあります。

またこのとき、床材選びもぜひ気にしていただきたいのです。滑りにくく、柔らかめの床材は、転倒やけがのリスクを軽減します。

階段は、途中に踊り場を設けたU字型の階段に変更すると安心です。一直線の形状は、転倒した場合に下まで一気に転がり落ちてしまう危険性があります。U字型の階段は、そういった危険に対応することができます。

急すぎる階段の勾配は30〜35度程度に変更し、踏み板の幅も一枚あたり21cm以上を確保すると昇降が楽になります。一段ごとの高さも23cm以下にするのが理想です。

床材もできるだけ滑りにくい素材にしたり、踏面に滑り止めを施すことで、より滑りにくい階段にすることができます。

6.ドアは引き戸で開閉しやすく

ドアが開き戸の場合、車椅子では開閉することが難しく、出入りもしづらくなってしまいます。その場合、横にスライドして開閉できる「引き戸」にするのが望ましいでしょう。

床にレールをつけるタイプのものは段差ができてしまうのでNG。交換する際は、ノンレールタイプ上吊り式)を選びましょう。

また、引き戸であってもレバーハンドルを取り付けることで、高齢者や車椅子の方でもドアを掴みやすくなります。
同時に、「少ない力で開けられる」「手を放してもゆっくり閉まる」など、安全に配慮した仕様かどうかのチェックも重要です。

7.補助金や介護保険でお得にバリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォームには、介護保険制度が利用できます。
介護が必要な(「要支援」または「要介護1~5」の認定を受けた)ひとが住む住宅でバリアフリーリフォームを行う場合、リフォーム費用20万円までのうち9割、つまり最高で18万円が支給されます

介護保険制度の対象になるリフォーム

  • 手すりの取付け
  • 段差の解消
  • 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
  • 引き戸等への扉の取替え
  • 洋式便器等への便器の取替え
  • その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

介護保険を利用してバリアフリーリフォームを行う場合、担当のケアマネージャーとの打ち合わせなどが必要になります。まずは市区町村の窓口で相談してみましょう。

また、バリアフリーリフォームの標準的な費用(最高200万円)の10%を所得税から控除する「特定増改築等住宅借入金等特別控除」という制度もあります。
同制度は、「50歳以上」「もしくは介護保険法に規定する要介護または要支援の認定を受けている」「所得税法上、障害者である」「高齢者等の親族と同居している」のいずれかの条件に当てはまる、個人が行うバリアフリーリフォームが対象です。※

※適用条件として、この他所得制限(3,000万円まで)や、「床面積が50㎡以上である」「工事費用が100万円を超えており、その1/2以上が自己の居住用部分の工事費用である」「改築後6ヶ月以内に入居する」等の要件があります。

その他、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」「次世代住宅ポイント制度」など、バリアフリーリフォームを対象とした補助制度や、独自の支援を行っている自治体もあります。
自治体によっては「高齢者住宅改修費支援制度」や「障害者住宅改造費助成制度」といった補助金・助成制度が用意されている場合も。
これらは各自治体によって制度の内容が異なります。適用となる工事の内容や適用条件には細かな違いがあるため、どの制度が利用可能か、設計担当にご相談ください。

ひかリノベでリノベーション行う際は、こうした制度の利用も可能です。利用を希望する方はぜひ、お気軽にご相談ください。

歳をとっても健康に暮らしたい――多くの方がそう願っていることでしょう。食生活や運動だけでなく、生活の場として重要な住まいも、歳を取ったときのことを考えたつくりにしておくべきではないでしょうか。「今は元気だから大丈夫」と安心せずに、将来のために早めの対策をすることで、いつまでも安全・快適に生活していく基礎を得ることができるのです。

【監修】目黒 千雅(二級建築士)


ひかリノベのパンフレットを見る

document

ひかリノベの「中古を買ってリノベーション」は、家探しからリノベーション設計、施工、住宅ローンのご相談まで一貫して行う“ワンチームリノベーション”。
ご利用の流れや、選べるリノベプランといった、ひかリノベのサービスがまるっと分かるパンフレットが、スマホで無料で読めちゃいます。


パンフレットを見る >

 

おすすめの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る