【事例あり】アイランドキッチンとは?メリット・デメリット解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
造作カウンターを取り付けたキッチン

中古住宅をリノベーションしようと思った時、おしゃれで使いやすいアイランドキッチンにしたい!と考えている方も多いのではないでしょうか。
こちらではアイランドキッチンのメリット・デメリットだけでなく、デメリットの解消法もご紹介。

実際にひかリノベのリノベーションでアイランドキッチンにした施工事例を参考に、実際にアイランドキッチンにした場合のイメージを膨らませてみましょう。

アイランドキッチンとは

アイランドキッチンというのは文字通り、海に浮かんでいる「Island(島)」のようにシンクやコンロ、作業台が独立しているキッチンのこと。解放感を感じられ、おしゃれで人気となっています。

アイランドキッチンと似た形に「ペニンシュラキッチン」がありますが、こちらは「Peninsula(半島)」ということで、キッチンの片側が壁に接しています。
アイランドキッチンと同様、対面式で解放感もあり、リノベーション費用はアイランドキッチンよりも抑えられます。

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンにはたくさんのメリットがありますが、その中でも重要な4点に絞って解説していきます。

解放感がある

アイランドキッチンの一番のメリットとして挙げられるのは解放感です。
アイランドキッチンをカウンター代わりにしたり、ダイニングセットをくっつけて置くことで、ダイニングとキッチンが一体となっているため、部屋全体が広々感じられます。

視界を壁に遮られることもなく、広い視界の中で料理を楽しむことができます。
閉塞感なく開放的なスペースを自由に使える点は、アイランドキッチンのメリットのひとつです。

LDKにアイランドキッチンを設置する場合は、より部屋の中心に近い場所にくるため、空間の主役的な役割を果たすことになります。
空間デザインを考える際もアイランドキッチンを中心に考えると、LDK全体に統一感が出るでしょう。

コミュニケーションが取りやすい

アイランドキッチンはダイニングとの間に壁がない対面キッチンということで、リビングやダイニングにいる家族とコミュニケーションが取りやすいのがメリットです。
キッチンで作業をしながら家族と会話したり、子どもが遊んでいる様子にも目を配れます。

かつてのキッチンはシンクが奥まった場所にあったり、壁を向いて作業しなければならなかったため、家族とコミュニケーションが取りにくかったですが、アイランドキッチンではそんな不満はありません。

最近ではリビング学習をする子どもが増えているので、調理をしながら子どもの勉強を見たり、チェックできたり、質問に答えたりもできそうですね。
また来客があった際は調理やお茶の支度をしながら会話ができるのもメリットです。

デザイン性が高くおしゃれ

アイランドキッチンはデザイン性が高くおしゃれな商品が多いのも特徴です。
キッチンメーカー各社では、アイランドキッチンをブランドのメインとして力を入れ、特にデザイン性にこだわったキッチンを作っています。今やキッチンはインテリアの一部です。

アイランドキッチンは周囲から全体が見渡せるため、LDKの主役になりそうな「見せるキッチン」が多く、選ぶ楽しみもありそうですね。
特にスタイリッシュでおしゃれなキッチンにしたい方におすすめです。

家事動線

アイランドキッチンは家事動線が良いというメリットがあります。
短時間で効率よく家事をこなすには、家事動線がとても重要。
アイランドキッチンなら左右どちらも壁に接していないため、左右どちらからでも出入りができ、料理を作りながら洗濯機を回すといった複数の家事を同時にこなす際も、無駄がない動きができます。そのため家事動線が劇的に良くなります。

さらに夫婦二人でキッチンに立つ場合や、複数人で料理を作る際にもアイランドキッチンは便利。

アイランドキッチンのデメリット

何事もメリットがあればデメリットもあります。
こちらではアイランドキッチンのデメリットをご紹介しながら、その解決方法も一緒に解説していきます。

広いスペースが必要

アイランドキッチンを設置するには広いスペースが必要となります。
通常のI型キッチンなら4.5畳ほどのスペースがあれば十分ですが、アイランドキッチンは左右両方に通路を設けなければならないため、最低でも6畳ほどのスペースがいります。

どうしてもアイランドキッチンにしたいからと、狭い空間に無理やり設置してしまうと、狭苦しくなるばかりか、かえって作業がしにくくなることも。
アイランドキッチンを設置する際はキッチンまわりに70~80㎝、壁や収納との間を90~100㎝は取るようにしましょう。
大人二人でキッチンに立つことが多いようなら、人がすれ違ってぶつからない100㎝は必要です。

リノベーションでアイランドキッチンを設置する場合は、あらかじめキッチンや他の家具のサイズを計測し、設計段階で通路や空間がどの位取れるかシミュレーションしてみましょう。
場合によっては間取りの見直しや、隣の部屋の壁を取り払って空間を広げる工夫をすれば、十分に空間を確保できます。

キッチンが丸見え

アイランドキッチンは解放感があるというメリットの一方で、キッチンが丸見えというデメリットがあります。
どちらも同じ状態のことですが、人によってはメリットにもデメリットにもなるということでしょう。

キッチンは毎日使用するため散らかりやすい場所です。
どうしても物が集まりやすく雑然としがちで、特にアイランドキッチン上には収納を作れないため物が散らかっていたり手元が汚れていたりすると、リビングから見せたくない部分まで丸見えになってしまいます。

基本的にアイランドキッチンは整理整頓が得意でマメな掃除が苦にならない人に向いていますが、キッチンで使う物やキッチン家電の色・デザインを統一するだけでもスッキリ見せることは可能です。
またキッチン前のカウンターに立ち上がりを設けると、手元が隠せて便利。
玄関や廊下からキッチンが丸見えという場合は、間仕切りドアや格子などで目隠しをするといいでしょう。

収納スペースが確保しづらい

アイランドキッチンには上部に吊戸棚を設置できないため、収納スペースの確保が課題となります。
ただでさえキッチンの様子が分かるアイランドキッチンですから、収納スペースが足りないと物があふれて大変な状態に。

アイランドキッチンをリノベーションする際、収納に困らないためにはあらかじめ手持ちの食器の量や収納家電のサイズなど、収納したい物をリストアップしておくことがポイントです。
同時にどこにしまえば取り出しやすく使いやすくなるのか考えながら収納の設計をしていきましょう。

アイランドキッチンに収納を作る場合は背面の壁やシンク下、パントリーなどがおすすめです。
収納棚が丸見えになるのではと心配な方は引き戸を取りつけると、開閉に場所を取らず閉めればスッキリして見えます。

アイランドキッチンの事例紹介

実際にひかリノベでリノベーションしたお客様の中から、アイランドキッチンに変えた事例をピックアップしてご紹介します。
アイランドキッチンにしたいという方は参考にしましょう。

最新設備を取り入れてスタイリッシュに

最新設備を取り入れたキッチン

都市とオアシス

立地と眺望が気に入って購入した中古マンションのリノベーション事例です。
窓から見下ろす景色をキッチンからも眺めたいと、アイランドキッチンを選択。

キッチンはバーカウンターも兼ねていて、ゲストが座っても足が邪魔にならないような設計となっています。
キッチンは施主様のこだわりがギュッと詰まった、デザイン性と機能性が魅力の最新設備仕様に。
ビルトインの食洗器はドイツのブランドミーレ社を選び、IHヒーターはタッチパネル操作でコンロの口数を減らしたり増やしたりできます。

キッチンの天板裏と背面のワインセラーには間接照明を付け、明かりを灯すと海外のバーにいるような雰囲気に。
施主様のこだわりとお気に入りが詰まったキッチンに仕上がっています。

造作カウンターでキッチンに一体感

造作カウンターを取り付けたキッチン

めぐる・つどう・やすらぐ大人のグレイッシュナチュラル

こちらのリノベーション事例では、ナチュラルな木の温もりと大人っぽいクールカラーをアクセントにしています。
広いキッチンが希望だったという奥様の要望通り、スペースを広げてアイランドキッチンを設置。

造作したカウンターとダイニングテーブルは一体型で、キッチンと並ぶように配置しました。
キッチンと垂直に置くよりも距離が近くなり、結果としてリビングのスペースも確保できています。
こんな素敵なキッチンなら、毎日の料理も楽しくできそうですね。

潔いシンプルなキッチン

白さが際立つキッチン

自由な暮らしは余白がつくる

元々壁に接したペニンシュラキッチンだったレイアウトを、より家事動線の良いアイランドキッチンへ変更したリノベーション事例です。
作業スペースが広くなったということで家事の効率もアップしたと施主様も大満足。

一目ぼれで導入を決めたIHクッキングヒーターと絶対入れてほしいと希望した食洗器がついて、理想のキッチンに仕上がっています。
白さが際立つシンプルなアイランドキッチンにしたおかげで料理をする時間が増え、家族で外食する機会が減ったという嬉しい変化もありました。

遊び心のあるタイル

個性的なタイルを貼ったキッチン

自然に寄り添う徒然ご自愛空間

こちらのリノベーション事例は、屋根瓦をアクセントとした土間床や壁全面を漆喰で塗装するなど素材使いが秀逸です。
アイランドキッチンにはダイニングテーブルと接する部分に立ち上がりのタイル壁を設置。
さりげなくキッチンの手元を隠してくれながら、ブルーの大き目タイルが部屋をさわやかな印象にしてくれます。

廊下から部屋に入ってパッと目に付く場所にあえてインパクトのあるタイルを持ってくるのは、施主様の「目に入れて心地よいもの」というモノ選びの基準を体現しているだけでなく遊び心も感じさせてくれる仕上がりになっています。

【監修】ひかリノベ広報部


パンフレットDLバナー_PC用 パンフレットDLバナー_SP用

おすすめの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
リノベーション事例
お客様の声

お問い合わせCONTACT

  • 0120-818-250 営業時間:10:00~18:00 (水曜定休)
  • カンタン入力!無料で資料請求!
  • オンライン相談
資料請求 物件を探す