二重サッシでも結露が発生!?根本的な結露対策を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Colored misted wet glass drops realistic composition with rain stains on the window vector illustration

結露が発生しないからと二重サッシにしたのに、二重サッシの室内側にも結露が発生する可能性があるということをご存知でしたか?こちらでは寒い時期に気になる結露の発生するメカニズムや、二重サッシでも結露が出る原因などを詳しく解説していきます。

さらにサッシの結露を防止するための自分で出来る方法や、サッシの結露の根本的な解決方法を紹介。窓の結露でお困りの方や、二重窓にしたのに結露が出るという方は必見です。結露の原因を根本から解決して、快適で健康的な室内環境にしましょう。

二重サッシなのに結露が止まらない!?

結露ができないと言われて二重サッシにリフォームしたのに、なぜか結露が止まらないというお悩みには、まずは結露が発生するメカニズムや原因、住む人に及ぼす影響などを解説していきます。

そもそも結露が発生する原因とは?

そもそも結露が発生する原因は二つ。室内の空気に含まれている水蒸気と外気温との温度差です。
私たちが生活している室内の空気には、人の吐いた息や料理を作る際の湯気、バスルームから漏れ出た水蒸気などの湿気が溜まっています。特に冬場は窓を開けることが少ないので、水蒸気が室内に溜まりやすい状況です。

暖かい部屋にあるその湿った空気が、外の冷たい外気で冷やされた窓ガラスに接触することで、ガラスの内側に水蒸気が発生します。冬場は部屋の外と室内との温度差が一年で一番激しくなることから、結露が発生しやすい時期と言えます。
具体的な数字では湿度50%の室内では外気温との温度差が10度で、湿度60%では7度、湿度80%では3度の気温差で結露が発生することになります。

窓ガラスの結露を放置しておくと窓の近くにあるカーテンや窓枠、壁紙などに黒カビが発生することも。この黒カビは根を張ってその素材の深くまで入り込むのが特徴です。
窓廻りに黒カビが発生している状態で窓を開け閉めすると、部屋中に黒カビの胞子が舞い散ってしまいます。

その結果として濡れている場所に黒カビが発生しやすくなるだけでなく、部屋の中がかび臭くなったりダニやその他のばい菌が繁殖する温床にもなります。
さらに人体にも重大な影響が。カビの胞子を吸い込んだことでアレルギーを発症したり、子どもの喘息の原因にも。

窓枠に付いた水滴をそのままにしておくとその下の床材や構造材にまで水が染み込んで、劣化を早めてしまいます。
このように結露は住宅とそこに住む人の両方に、悪影響を及ぼす原因となるのです。

自分でできる?結露を防止する方法

「じゃあ結露を防ぐ方法がないの?」という方のために、自分でも出来そうな結露防止の方法を紹介していきます。

まず手っ取り早くできるのが、室温を上げすぎずこまめな換気をするという方法。上で説明した通り、結露は室内の湿気と外気温との温度差で発生します。室温を上げすぎないことで温度差をおさえ、こまめな換気で室内の湿気を逃がしてあげましょう。
とはいえ冬の寒い時期に暖房温度を下げたり換気をまめにしすぎると、部屋の中が寒いままで中にいる人が体調を崩したり、風邪を引く恐れも。

次にできる方法としては結露予防シートを張ったり、結露予防スプレーを使用するという方法です。結露予防シートというのは梱包材として使われるプチプチやストライプ状になったビニール製のシートなどです。これを窓ガラス全面に張っていくと窓ガラスの表面との温度差を和らげ、結露ができにくくなります。
ホームセンターなどで手軽に手に入る一方で、結露を予防するには限界があり、窓廻りの美観も悪くなるのが大きなデメリットです。

またスプレーすることで窓に薄い膜を張る結露防止スプレーは、窓の美観を損ねず吹きかけるだけで手間がかからないのですが、効果の持続期間が1カ月程度と短く、こまめにスプレーする手間がかかります。

ガラス交換で結露は解決?

自分でできる結露対策には限界があるため、ガラスそのものを交換するという解決方法はどうでしょうか?

確かに単板ガラスを二重サッシやペアガラス(複層ガラス)に交換すると結露しにくくなります。ペアガラスとは専用の部材を使って、2枚のガラスの間に乾燥した空気や特殊なガスを閉じ込めた中空層があるガラスのこと。
外の冷たい空気の影響を受けにくくなるため、結露の発生を防ぐ効果があります。

ただしこれには落とし穴があります。
たとえ二重サッシやペアガラスへの交換で窓ガラスの断熱性能を上げても、窓枠が歪んでいると窓枠との隙間から隙間風が入ってきて室内がなかなか暖まらない場合が。
また二重サッシにした場合も窓枠や外窓のゆがみがそのままなら、外窓と内窓に温度差が生じて内窓との間に結露が発生する原因になるでしょう。

以上のことから「二重サッシにしているのにどうして結露が発生するの?」という疑問には、このように窓枠のゆがみが関係していることが分かったのではないでしょうか。

根本的な解決に導く「アルミ樹脂カバー工法」

二重サッシの結露や窓枠のゆがみから入ってくる隙間風や結露問題には、根本的に解決できる「アルミ樹脂カバー工法」がおすすめです。

「アルミ樹脂カバー工法」とは今までの窓リフォーム方法とは全く異なる工法で、窓からの隙間風や結露を予防できるいわば「究極のカバー工法」。
有限会社アドオフィスが開発した主にマンション向けの窓リフォーム方法で、多数のメディアに取り上げられているほか、首都圏のリフォーム業者向けに独自の研修プログラムを実施。カバー工法が出来るのは、アルミ樹脂サッシを各種アイテムで展開する、アドオフィスのみです。

通常のカバー工法はサッシ枠の内側に新たに枠を設置する方法で、窓枠自体が歪んでいるとその隙間から風が入ってきたり、ただのアルミサッシを使うということでアルミ部分に結露が発生したりしてしまう恐れがありました。

画像1

一方のアルミ樹脂カバー工法では、既存サッシに取り付ける際に木材と金物を使用。既存サッシの形状に関わらず、隙間なく納めることが可能です。
また住宅用アルミ樹脂複合サッシを使用して、結露の予防や断熱性の確保だけでなく材料費のコストダウンにも成功。

特にRC造マンションでのリノベーションでは、サッシ枠がコンクリートと一体になっているため、サッシ枠の交換が不可能でした。そのためペアガラスや二重窓などガラスだけを交換する方法が採られていました。
しかし窓枠が歪んでいると二重窓の内窓と外窓の間に結露ができるなど、多くの問題点が。

その問題を解決できる唯一とも言っていい方法がこちらの「アルミ樹脂カバー工法」という訳です。サッシ枠同士の結合には金物を使用し、Low-E複層ガラスを使用することで、二回窓を開けなければいけないという手間もなくなり、断熱性や防露性も4割アップできます。

画像2

今までマンションリフォームでは、窓サッシは共用部分という扱いのため勝手に工事することができませんでした。しかし昨今の断熱ブームにより、寒さや結露が健康に被害を及ぼすことが明らかになり、国交省からの規約改定の通達でマンション理事長の承認が下りたら窓サッシの工事ができるようになりました。

現在首都圏の分譲マンションでこちらの「アルミ樹脂カバー工法」が施工できるのは、有限会社アドオフィスと提携しているひかリノベのみ。
また今なら工事費用を国や自治体などが実施している「高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)」や「既存住宅における高断熱窓導入促進事業」などから補助金が受けられます。

すでに住宅の窓リフォームをお考えの方や、これから中古マンションを購入してリノベーションをしたいとお思いの方は、断熱性4割アップにより健康寿命が4歳も延びると期待される「アルミ樹脂カバー工法」を検討してみてはいかがでしょうか。


【記事監修】明官 徹(有限会社アドオフィス 代表)

明官社長3

(有)アドオフィス代表取締役。一級建築士、一級建築施工管理技士、宅建士、インテリアプランナー。独自の工法を用いて、窓サッシのリフォーム工事を手掛ける。アルミ樹脂複合サッシを用いたカバー工法で、マンションの外窓交換ができるのは、東日本圏内では(有)アドオフィスのみ。2021年よりひかリノベと提携。これにより、ひかリノベのリノベーションでもマンションの外窓交換が可能となりました。



パンフレットDLバナー_PC用
パンフレットDLバナー_SP用

おすすめの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
リノベーション事例
お客様の声

お問い合わせCONTACT

  • 0120-818-250 営業時間:10:00~18:00 (水曜定休)
  • カンタン入力!無料で資料請求!
  • オンライン相談
資料請求 物件を探す