マンションの売却にも費用がかかる!出費を抑える方法は?

pixta_59814927_S

マンションを売却する際の悩みのひとつは手続きの手数料や税金などの諸費用。

ローン保証料や火災保険料などの費用が戻ってくることもありますが、どれだけの負担がかかるかは心配なポイントです。

この記事では、マンション売却にかかる費用についてまとめ、出費を抑えるための方法を紹介します。

2016年9月14日初出→2020年7月8日更新

続きを読む

マンション売却の流れと必要書類、費用など分かりやすく解説

shutterstock_1114821632-min

転勤、子どもの成長、親との同居――さまざまな事情で、お住まいのマンションを売却しようと考えている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、そもそも買い手がつくのか、いくらで売れるのか、住宅ローンの残りはどうするのか。マンションの売却にはたくさんの悩みがつきものです。

この記事では、マンション売却の基本的なフローや、必要な手続きやお金、書類など、あらかじめ知っておきたい知識をまとめてご紹介します。

2019年10月1日初出→2020年7月08日更新

続きを読む

スケルトンリノベーションとは? 費用やメリットなどを解説

nolan-issac-K5sjajgbTFw-unsplash

骨組みだけを残し、既存の住宅をすっかり作り変えてしまうのが「スケルトンリノベーション」です。

最近では「中古住宅を購入してリノベーション」を選ぶ方も増えているようです。
ただ、キッチンやトイレのリフォームと違って、工事の内容は事例によってまちまち。時間や費用がどれくらいかかるか、いまひとつわかりにくいですよね。

今回は、基本から費用、注意点まで、スケルトンリノベーションのすべてをご紹介しましょう。

続きを読む

結露が起こる原因は? 有効な対策とは?

結露

寒くなると窓辺などに発生する「結露」。対処に困っているという方も多いのではないでしょうか。「毎朝、雑巾で拭きとるのは大変」「放っておいても問題ないのでは?」と思っている人も少なくありません。

実は、結露を放置してしまうと、住宅や人体に悪影響を及ぼすことも。
また、住宅の至るところに結露が発生する可能性があり、ときには柱や土台まで蝕んでしまうこともあるのです。

これらの問題は、リノベーションやリフォームで解決することができます。結露の発生を防ぐことで、住宅を長持ちさせることにもつながります。

今回は、お家の厄介な問題である「結露」について解説。リノベーションのポイントから、日常生活での対処法までご紹介します! ぜひチェックしてみてください。

続きを読む

ベランダのリノベーションアイデア~アウトドアリビングのすすめ

veranda_10

テレビや雑誌の記事で特集されることもある、アウトドアリビング。

ベランダやバルコニーが、まるでリビングのようにおしゃれで快適な空間になっていて「憧れる!」という方もいるのではないでしょうか?

せっかく自宅にベランダやバルコニーがあるのに、全く活用できていない……というケースは意外と多いもの。
限られた空間でも、工夫次第で快適なくつろぎスペースへとリノベーションすることが可能です。

お気に入りの家具を配置して「カフェ風」にしたり、ハンモックを取り付けてちょっとした「アウトドア」を楽しめる空間にしたりと、もう一つのリビングスペースのようにリノベーションする人も増えています。

今回は、住まいの「第2のリビング」とも呼ばれるアウトドアリビングの特集です!
おしゃれで使いやすいベランダ・バルコニーにしたいけれど、費用や気を付けるべきポイントがわからない……という方は、ぜひチェックしてみてください。

2019年5月18日初出→2020年7月1日更新

続きを読む

新耐震基準は本当に安心?地震に強いマンションの選び方

earthquake-resistance-standard

中古マンションの購入に当たって、耐震性を気にして物件を選ぶ方も多いのではないでしょうか。

物件の耐震性をチェックする際によく使われるのが、1981年以降の耐震基準、いわゆる「新耐震基準」です。
補助金や減税でも、新耐震基準が条件となっている制度が多いため、新耐震基準に適合しているかどうかで物件を探している人も多いはず。

一方、世の中には新耐震基準以前のマンションも数多くあり、立地や価格、あるいはデザインなど、魅力をたくさん持っています。
新耐震基準に適合していないマンションは選んではいけないのかというと、もちろんそうではありません。
新耐震基準以外にも、地震発生時の安全性を左右する要素があります。地盤の緩いエリアにある新耐震の物件と、地盤がしっかりしている地域の旧耐震の物件なら、果たしてどちらが安全なのか……。

今回は、マンションの耐震性を、総合的に判断するための知識をご説明しましょう。

続きを読む

耐震補強で木造戸建て住宅の安全・安心を守る

pixta_38622606_S

地震の怖さは、いつ、どこで起こるか予測できないところにあります。あなたやご家族の身の安全を守るためにも、日頃から備えておくことが大切です。

住まいも、事前の対策が重要。倒壊すれば命に係わりますし、助かってもその後の生活への影響は決して小さくはありません。
木造の一戸建て住宅・鉄筋コンクリート造のマンションといった構造、あるいは築年数によって、地震に対する強さは異なりますが、特に古い木造住宅は耐震性が低いものが多く、耐震補強の必要性は高いと言えるでしょう。

理想の間取りやインテリアを考えるのも楽しいものですが、せっかくリノベーションをするなら、安全に暮らすことも同時に考えてみませんか?

続きを読む

マンションの免震構造とは?~地震の揺れをシャットアウト!

seismic-isolation

免震構造とは、建物の下に特殊な装置を設置し、地震の揺れが建物に伝わりにくくすることをいいます。
徐々に免震構造の建物は増えており、高層ビルなどで「この建物は免震建築物です」との表示がしばしば見かけられるようになりました。
また、地震の揺れを吸収する制震構造を採用した建物も増えています。

地震国・日本での住まい選びでは、地震対策が大きなポイントになるのは言うまでもありませんが、どんな対策にもメリット、あるいはデメリットがあります。
まずは内容をきちんと理解して、建物の地震対策の基礎知識を身に付けましょう。

続きを読む

建ぺい率・容積率とは? リフォームにも影響する?

451023_s

家づくりを検討するとき、「建ぺい率」や「容積率」といった言葉を目にしたことはありませんか? 実際のところ内容をよく知らない……という方も多いかもしれません。

これらは、「土地を購入したり、新築するときに気にすればいいのでは?」と思いがちですが、中古物件を購入してリノベーションする場合や、所有しているマンションが将来おこなう可能性のある、建て替えにも影響します。

建ぺい率・容積率を知らずにリノベーションを計画してしまい、「思ったような家の広さを確保できなかった…」なんて残念なケースも。また、地域によって制限があるなど、実は注意すべきポイントも多いのです。   

今回は、中古マンション・中古戸建ての購入とリノベーションを検討している方にも知っていて欲しい「建ぺい率」と「容積率」について、わかりやすくご説明します!

続きを読む

マンションの間取りの選び方~ポイントは生活動線と家事動線

shutterstock_72415546

マンションを購入したり、リノベーションしたりする際、多くの方が気にされる点のひとつが、間取りではないでしょうか。
窓の位置や廊下の長さ、部屋間の距離など、要素のひとつひとつが、私たちの生活に密接に関わってきます。間取りが暮らしやすさを左右する、といっても過言ではありません。

この記事では、マンションにおいて代表的な間取り——田の字プランやセンターインなど、それぞれのスタイルのメリット・デメリットや、どんなライフスタイルのご家庭に向いているかを解説します。わが家の暮らしに合った間取りを考えるヒントになさってくださいね。

2016年2月4日初出→2020年6月01日更新

続きを読む