店舗一覧

メニュー

  • お電話でのお問合せ・ご相談は0120-818-250
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 家を売りたい方
  • 会社概要
bt_hint_p003_01

マンション購入の際には先々を考えて維持費をチェックしよう

決して見逃せないマンションの維持費

マンションを購入する際、ただ物件の購入費用を最初に支払ってそれで終わりではありません。
マンションに暮らし続けている限り、電気やガスに水道などの光熱費や、電話代やインターネットプロバイダー料金、NHK受信料などの通信費は必ず発生します。
これらの費用は住人の努力次第で減らすことは可能ですが、一方で住人の努力ではどうにもならないお金があります。
それが「維持管理費」です。

一戸建ての維持費vsマンションの維持管理費

では、維持管理費は一戸建てとマンションでどの程度異なってくるのか、同程度の価格の一戸建てとマンションを購入した場合を比較してみましょう。
30年間住み続けると仮定すると、一戸建ては30年間で750万円なのに対して、マンションは30年間でなんと2550万円です。

マンションは備えと快適な生活に支出している

これだけ見ると、明らかにマンションは損をしている印象がありますが、それは間違いです。
マンションの維持管理費は、万が一のことを考えてあらかじめ積み立てをしているのです。
一方で一戸建ての場合、上記の金額に大規模修繕などの費用は含まれていません。
30年も暮らしていれば家にもかなりガタが来ますので、どのみちリフォームやリノベーションをする必要があります。

マンションの維持管理費には、住人がわざわざ行わなくても維持管理を行ってくれるシステムがありますので、その手間賃も含まれています。
一戸建ての大規模修繕費用は30年間で1000万円はかかりますし、自分で維持管理を行わなければならない労力も金額に換算すると、30年間で500万円相当になるでしょう。
これらを一戸建ての維持管理費用に加えると、30年間の維持管理費はマンションとほぼ同額となるのです。

マンションの維持管理費の内訳

では、マンションの維持管理費には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
代表的なものとして、以下を挙げます。

駐車場代

一戸建てで駐車場付ならば、駐車場代はかかりません。
ただし駐車場の用地確保の分、一戸建ての購入費用もかさむのも事実です。
一方マンションでは、ほぼ駐車場代がかかります。
マンションの立地条件によっても異なりますが、都心では3万円から4万円、地方でも1万円程度はかかります。

管理費

管理費は、1万円から2万円くらいが相場でしょう。
管理費は、マンションの敷地内の清掃を行ったり、廊下の蛍光灯を取り替えてくれたり、そのような雑務を行ってくれる管理人さんのためのお金です。
管理費を無くすと、住人が掃除やメンテナンスをしなければなりません。

修繕費

修繕費は、比較的頻繁に行う修繕に備えて積み立てておくお金です。
たとえば、非常階段の鉄製の手すりがさび付いてしまったので塗装をするケースでは、修繕費から費用が捻出されます。
塗装はおおむね5年ごとに行われていくので、それを補うためには毎月1000円から2000円が相場でしょう。

大規模修繕積立費

10年や20年単位で行う大規模な修繕に備えて積み立てるお金、それが大規模修繕積立費です。
外壁の塗り替えや屋上部分の防水、給水間や配水管、そしてガス管の交換、エレベーター設備の交換や各種診断費用などがあります。
最近では、マンションの耐震補強でも大規模修繕積み立て費が使われています。
大規模修繕積立費は、当初の見通しが甘い管理組合ですと、途中で値上げをしてくるケースもあるので注意が必要です。

条件の良いマンションを探すには

新築・中古問わず、マンションであればこのあたりの維持費や管理内容が重要になってきます。
広さや金額だけでなく、詳細を調べることが大切です。 もし中古マンションをお探しであれば、少しでも多くの物件を見て、条件を確認しましょう。 例えばひかリノベでは、首都圏にある多くの中古マンションを網羅しているので、参考にしてください。

維持管理費を安くするには

毎月微々たるものでも、改めて見ると膨大な支出となっている維持管理費ですが、これを何とか安くする方法はあるのでしょうか。 最も手をつけやすいのが管理費です。
管理人の勤務形態を「常駐」から「通勤」あるいは「巡回」に変更する、草むしりなどは住人自らが行うなどで、管理費を減らせます。
駐車場代も、空きスペースが多い機械式駐車場をやめて、平置き駐車場にするだけでもコスト削減になります。

細かい内訳を少しずつ削っていくのもいいですが、大幅なコスト削減が期待できるのが管理業者の見直しです。
従来の半額以下なんて場合もあります。

もちろん、これらの施策を実現するためには個人ではできません。
マンションの管理組合にお願いする、あるいは自らが管理組合に入るなどすることが第一歩です。

気になることはプロに相談しよう!

こうした維持費なども気にしながら住宅購入する必要があるの?と不安なことも多いかと思います。
そういった場合は、プロに相談し、確かな回答を得ましょう。
もし、中古マンションのリノベーションを検討していたら、ひかリノベにご相談ください。 相談会やセミナーを随時開催しているので、お気軽にご相談ください。