店舗一覧 店舗一覧

メニュー メニュー

  • お電話でのお問合せ・ご相談は0120-818-250
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 家を売りたい方
  • 会社概要

向きと広さで全然違う。バルコニーのある生活と住み心地

bt_hint_p005_01

中古マンションを探す際に、実際に物件を見る前に参考にするのが部屋の間取り図です。
間取り図には、部屋の間取りはもちろんのこと、どんな配置で何室あって広さはどのくらいか、お風呂やキッチンはどの場所にあるか、窓はどの方角にあるかなど、部屋に関するありとあらゆる情報が詰まっています。
そんな情報のひとつに「バルコニー」があります。

バルコニー、ベランダ、テラスの違い

バルコニーは外との接点ともなる重要なポイントです。
しかしマンションの物件情報を見てみると、「バルコニー」と似たような表現に「ベランダ」や「テラス」があります。

そもそもこの3つは何が違い、何が同じなのでしょうか。

ベランダとは

まず、一般的に最も使用頻度が高いのが「ベランダ」です。
ベランダとは、マンションの外壁からせり出している部分のことを指します。
ベランダは基本的に、そこに人が立ち入ることを前提としたもので、特に2階以上にある部分を指すことが多いです。

バルコニーとは

ベランダとごく近い考え方をしているのが「バルコニー」です。
マンションのバルコニーとベランダを比較してみると、バルコニーのほうがスペースは広い傾向にあります。
採光面を考えて各階ごとに壁が段になっている構造のマンションがあり、そういったマンションでは下の階の天井部分が広大なスペースとなっておいます。
このようなバルコニーのことを特に「ルーフバルコニー」と言います。
ただ一般的には、屋根がついているものをベランダといい、ついていないものをバルコニーと呼ぶ傾向があります。

テラスとは

テラスは上記の2つとは明らかに意味合いが異なります。
テラスは1階部分の建物の外にあり、部屋の延長として考えられています。
コンクリートやレンガを打ち付けて、平らな床にしたものがテラスです。

物件はたくさん見よう

物件を探している場合は、できるだけ多くの物件を見るとよいでしょう。
首都圏で中古マンションをお探しの場合は、多くの地域を網羅しているひかリノベ物件検索がおすすめです。

広さで異なる屋外スペース

しかし、ただバルコニーやベランダがあればいいわけではなく、どれくらいの広さがあるか、どの向きに面しているかによっても使い勝手が大きく変わってきます。
そこで次に、広さや方角でどのように使い勝手が変わってくるのかを見ていこうと思います。
なおここでは便宜上、ベランダ、バルコニー、テラスを「屋外スペース」として表現します。

屋外スペースの奥行きが重要

屋外スペースで重要なのは、屋外スペースの幅よりも奥行きです。
奥行きが90センチメートルの屋外スペースが多いのですが、実寸で90センチメートルない場合もあり、実際に計測をする必要があります。
そこにエアコンの室外機などを置けば奥行きはもっと狭くなってしまい、洗濯物干しとしても不十分です。

屋外スペースが広ければこんなことも

屋外スペースの代表的な使い方といえば、物干しとガーデニングですが、広い屋外スペースにはそれ以外にも可能性を秘めています。
ホテルではバルコニーで優雅に朝食なんて光景を見ますが、自宅でもそれは可能です。
奥行きで1.5メートルほど、長さが2メートル弱もあれば、テーブルと椅子を2脚出せます。

ガーデニングをさらに突き詰めると、家庭菜園に行き着きます。
家庭菜園をするためには、さらに広いスペースが必要です。
高層階のバルコニーならば、虫もつきにくいので育てやすいことでしょう。
ミニトマトなどは水をあまり必要としないので、バルコニーを水浸しにすることもありません。
家庭菜園であれば、奥行きがなく幅がある屋外スペースでも、1列にプランターなどを置けば対応可能です。

方角で変わる屋外スペース

南向きの屋外スペースのメリット

屋外スペースが設置されているのは南向きが多いのですが、南向きの屋外スペースにはメリットがあるからです。
ベランダでガーデニングや家庭菜園をしている人にとって、日の光は植物を育てる上でも重要な要素です。
南向きのベランダであれば、最も長い時間日の光をあてられるので、作物の育ちもよくなります。

洗濯物も、南向きのベランダに干せばよく乾くことでしょう。
日中の最も洗濯物干しに適した時間帯を最大限に活用できるのですから。

南向き以外の屋外スペースのメリット

南向き以外の屋外スペースにもメリットはあります。
夏に南向きのベランダがありますと、日中は灼熱となってしまいますが、東向きであれば朝日をさんさんと浴びて、日中以降は日陰となりますので、夏のガーデニングや家庭菜園には向いているといえます。

専業主婦の方でしたら、夏の洗濯物干しは東向きのほうがいいでしょう。
夏は夕立も多く、せっかく干した洗濯物も濡れかねませんが、東向きの洗濯物は午前中に乾いてしまいますので、屋外スペースの洗濯物も取り込めます。

最近では高層マンションが多く建っていますが、高層マンションの高層階の場合は地面からの照り返しがどの方角からもありますので、どの向きのベランダでも明るさは変わりがないと言われます。

ただし、もちろんケースバイケースなので、必ず物件を直接確認しましょう。

気になることはプロに相談しよう!

どんな物件に住みたいのか、悩むことも多いかと思います。
そういった場合は、プロに相談し、確かな回答を得ましょう。
もし、中古マンションのリノベーションを検討していたら、ひかリノベにご相談ください。 相談会やセミナーを随時開催しているので、お気軽にどうぞ。