2019/2/16

物件購入前にインスペクションで建物の状態をチェック

物件購入前にインスペクションで建物の状態をチェック

こんにちは、ひかリノベ設計の大宮です。
昨年(2018年)4月1日から、既存住宅(中古住宅)を購入する際に、インスペクション(建物状況調査)の告知・斡旋することが義務化されました。
簡単にいうと、買主は宅建業者(不動産屋)に対し、インスペクションについて説明を受けて、調査を依頼出来るようになりました。
※調査には費用が発生するので、しないという選択も当然あります。

とはいえ、インスペクションで具体的に何がわかるのか? どんなことを調査するのか? といった情報はまだまだ少ないように感じます。
本日はインスペクションの検査内容と調査方法について、建築士の立場から改めて解説を致します。

 

1.構造耐力上主要な部分のチェック

「構造耐力上主要な部分」とは、建物を支えるためにとくに重要な部分のこと。具体的には、次の3点をチェックしていきます。

  • 基礎・土台・床組
  • 床・壁(内壁)・柱
  • 梁・小屋組

それでは、チェックの方法を一つずつご説明します。

基礎・土台・床組

基礎はコンクリートのひび割れ、欠損、さび汁を伴うひび割れ、鉄筋の露出などがないかチェックします。
下の写真のようなクラックの状態ですと、基礎の中にある鉄筋まで達している可能性があります。

土台・床組は、床下点検口から入って目視で点検をします。ひび割れ、欠損、劣化に加え、シロアリ被害による腐食がないか、チェックします。

基礎のひび割れ

基礎のひび割れ

床・壁(内壁)・柱

床の傾きをレーザーレベルやデジタル水平器等の計測機器を使って調査します。
床の傾斜が6/1,000以上の場合は劣化があると考えます。「傾斜が6/1,000以上」とは、水平方向1mあたり高さ方向に6mm以上の高低差がある、ということです。

柱・壁は、傾きをレーザーレベルや水平器等の計測機を使って調査します。また、下地まで達するひび割れを目視によりチェックします。
床と同様、柱・内壁の傾斜が6/1,000以上の場合は劣化があると考えます。

床面にデジタル水平器を当てて、床の傾きを検査

床面にデジタル水平器を当てて、床の傾きを検査

壁の傾きを測るため、レーザーをあてる

壁の傾きを測るため、レーザーをあてる

梁・小屋組

梁・小屋組(屋根を支えるもの)は、点検口等から覗き込んでライトを当てて目視します。

天井点検口

天井点検口

点検口から見た小屋組

点検口から見た小屋組

 

2.雨水の侵入を防止する部分のチェック

雨漏りしていないかどうか、下記の部位をチェックします。

  • 屋根
  • バルコニー(防水層)
  • 外壁・軒裏・バルコニー(仕上げ・コーキング)
  • 天井裏・小屋組
  • 内壁

屋根の小屋組や天井裏、外壁に面している内壁といった建物内部も調査の対象となります。
下の写真のようにサイディング間のコーキングや、サッシとサイディング間のコーキングが痛んでくる例はとくに多く、外壁本体(サイディング)破損よりもよく見られます。

外壁コーキング部分のクラック

外壁コーキング部分のクラック

天井裏の雨漏り

天井裏の雨漏り

 

3.配管設備のチェック

給水管・給湯管・配水管・換気ダクトの状態を調査します。
可能であれば通水して、水漏れや赤水をチェックいたします。
見えるところや触れられる箇所は目視や触診をして、管に劣化が無いか確認いたします。

床下点検口から見た排水管

床下点検口から見た排水管

 

4.最後に

木造住宅は、外観はきれいでなくとも内部、とくに柱や梁はしっかりしている場合が多いです。
外壁や内壁は、新たに塗装をしたり貼り直したり出来ます。

また逆に、外観や内部の床や壁も一見きれいな場合でも、傾斜を測ると傾いている、というケースもあります。
歩いても感じない程度の傾斜なら問題ない、と思うかもしれませんが、頭では感じていなくとも体は敏感で、めまいや睡眠障害等の健康被害が発生することもあります(健康被害には個人差があリます)

住宅の購入は、特に中古住宅は、見た目の綺麗さに惑わされず、内部の状態も可能な限りしっかり把握することが大切です。
ひかリノベでは、ご希望の方に購入前のインスペクションを実施しております。詳細は下記のページから。
お問い合わせはページ下のフォームから、お気軽にご連絡ください。

当社は、以下の通りお客様の個人情報を取り扱います。

1.個人情報を取得する事業者の名称

株式会社ネクサス・アールハウジング

2.当社の個人情報管理者

営業本部 部長

連絡先: TEL0120-487-849

3.個人情報の利用目的

本フォームで取得した個人情報は、お問い合わせの対応、確認、その他当社の商品やサービスに関するご連絡のために利用します。。

4.個人情報の第三者提供

法令の要請に基づく場合を除き、取得した個人情報をご本人の同意なく、第三者に提供することはありません。

5.個人情報の委託

当社は、上記3の利用目的の範囲内で、お客様のお問い合わせ情報の全部もしくは一部を他の事業者に委託する場合があります。

6.個人情報に関する権利

お問い合わせを頂いたお客様は、弊社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社問合わせ窓口に申し出ることができます。その際、弊社はご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。なお、個人情報に関する弊社問合わせ先は、次の通りです。

株式会社ネクサス・アールハウジング

個人情報問合せ窓口:

TEL: 0120-487-849

住所: 〒272-0804 千葉県市川市南大野1-14-2

メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp

7.Googleアナリティクスの利用について

当社が運営するウェブサイトでは、ウェブサイトの利用状況や訪問者数の調査などのトラフィックデータの取得のため、Googleアナリティクスを利用しております。Googleアナリティクスのプライバシーポリシーに関する説明については、以下のURLをご覧ください。
https://policies.google.com/privacy

Googleアナリティクスによるクッキーの利用を拒否したい場合には、Googleアナリティクスのウェブサイトから、オプトアウトすることができます。詳細は以下のURLをご覧ください。
https://tools.google.com/dlpage/gaoptout/

8.Kairos3の利用について

当社が運営するウェブサイトでは、ウェブサイトの利用状況や訪問者の行動をトラッキングするためのトラフィックデータを取得するため、カイロスマーケティング株式会社のKairos3を利用しております。
カイロスマーケティング株式会社のプライバシーポリシーに関する説明は、以下のURLをご覧ください。
https://corp.kairosmarketing.net/privacy-policy

9.お問い合わせを頂いたお客様が個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に生じる結果について

お問い合わせを頂いたお客様ご自身の個人情報を弊社に提供されるか否かは、ご本人のご判断によりますが、必要な情報をご提供されない場合には、お問い合わせ内容の対応において不利益を蒙る可能性がありますので予めご了承ください。

ご入力頂いた個人情報は、サービスを提供するひかリノベのプライバシーポリシーに則って厳重に管理します。
ひかリノベの利用規約および個人情報保護方針弊社が取り扱う個⼈情報については、各リンク先をご覧ください。

 上記の個人情報の取り扱い内容に同意する

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

資料請求 物件を探す
メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

尾高

ひかリノベ両国 コーディネーター

吉田

ひかリノベ両国 施工管理

毛利

ひかリノベ両国 施工管理

大宮

ひかリノベ両国 設計

広報部