住まいの健康診断「ひかリノベ・インスペクション」

中古物件は耐震性や雨漏り、配管設備の老朽化が心配。
物件情報や内覧だけでは、問題があっても分からない……。
中古物件を選ぶにあたって、そんな不安を抱かれる方も多いのではないでしょうか?
ひかリノベでは、購入を検討されている物件の構造上の不具合や雨漏り等を調査し、建物の状況をしっかり把握した上で購入を決められる仕組みをご用意しています。

01
ひかリノベ・インスペクションとは?

01 なぜ安心?ひかリノベ・インスペクション!

ひかリノベ・インスペクションとは、いわば「住まいの健康診断」です。

お客さまが購入予定の物件について、建物の基礎や外壁等のひび割れ、雨漏りといった劣化・不具合が生じていないか、専門の講習(建物状況調査技術者講習)を受けた建築士が調査いたします。

さらにご希望の方には、給排水配管の水漏れや、給湯器や換気扇等の住宅設備機器の動作不良も併せてチェックが可能です。

また、リノベーションによって改修すべき箇所もご提示します。

このように、物件情報や内覧だけでは分からない建物の「健康状態」を明らかにして、購入を決めるための判断材料をご提供するのが、ひかリノベ・インスペクションです。

02
『瑕疵保険』でお引渡し後も安心!

03 「安心」が証明された物件は、メリットもついてくる! インスペクションによって一定の検査基準(現行の耐震基準に適合している、基礎や外壁等のひび割れ・雨漏りがない…)をクリアした物件は、『既存住宅売買瑕疵(かし)保険』にご加入いただけます。

『既存住宅売買瑕疵(かし)保険』とは、物件のお引き渡し後に隠れた瑕疵が見つかった場合に備える保険です。

お引き渡しから1年または5年の間に(いずれか選択いただけます)もしも構造上の不具合や雨漏り等が見つかったときは、補修費用を保険金でまかなうことができます。


さらに、瑕疵(かし)保険に加入すると住宅ローン控除や登録免許税・不動産取得税の軽減といった減税制度を利用できるというメリットも!新しい暮らしを安心して迎えるために、まずは物件の「いま」の状態を正しく知ることから始めましょう。


ひかリノベ・インスペクションをご希望の方は、担当コーディネーターにお気軽にお申し付けください。