bt_hint_p027_01

駐輪場も様々!中古マンション購入で気を付けるべきポイント

安価に、そしてより遠く移動できる交通手段と言えば「自転車」です。
自転車を運転する際には特別な免許も必要ありませんので、子供からお年寄りまで多くの方が自転車を愛用しています。
特に都市部のマンションでは、公共交通機関が発達しているため車を必要とせず、駐車場も高いことから、自転車は欠かせない生活の足とさえなっているのです。
今回は、駐輪場とマンションについて注意すべきポイントを見ていきましょう。

そもそも駐輪場がない

マンションならばどこも駐輪場くらいはある、そう思っていませんか。
実はそれは大きな間違いで、敷地の狭い都心のマンションでは駐輪場がないマンションも結構あるのです。

駐輪場は人気

あったとしても、すでに多くの自転車が駐輪しているため新たに駐輪することができずに、あふれてしまっている場合も。
管理組合に駐輪場の設置もしくは拡充を求めても、すぐにはできません。
ベストは駐輪場のあるマンションに住むことですが、もし駐輪場のないマンションに住むこととなって自転車がどうしても必要ならば、部屋に持っていくほかありません。

バイクは駐輪場?駐車場?

それ以外に気をつけたいのは、バイクの扱いです。
自転車と並んで小回りが利いて、しかも自転車よりも遠くに行くことのできるバイクも、やはり都心のマンションを中心に利用者が増えています。
原付であれば、普通免許を持っていれば運転できる手軽さも人気です。

バイクは微妙な扱い

しかし、マンションにバイクを駐輪しようと思っても「駐輪場にバイクは停められません」と言われることが少なくありません。
マンションの管理組合では、駐輪場利用に関する規約ももちろん設定してありまして、バイクの駐輪を認めないケースもあるのです。
管理組合によって設定している規約も様々で、バイクを駐輪場に置くことはまかりならない場合、原付ならばいいが125cc以上ならばアウトな場合、さらにバイクは駐輪場ではなく駐車場へという場合もあります。
バイクはかなり特殊な存在ですので、管理組合や不動産業者にその点だけは確認したほうがいいでしょう。

バイク駐輪のトラブル

バイクの駐輪に関する住民トラブルも少なくありません。
このトラブルで被害者になるのは、バイクの所有者です。
駐輪場はむき出しの空間ですので、バイクのタイヤがパンクさせられたり、敷地の外に放り出されたり火をつけられたなんて話もあります。
こういったトラブルを避けるためにも、しっかりと規約は確認し、自己防衛をしましょう。

有料の駐輪場が増えている

マンションの駐輪場と言えば無料で使えるものと思っている人が多いですが、最近では事情が変わってきています。
最近では、毎月駐輪料金を請求するマンションも少なくはありませんが、その金額はマンションによって異なり、さほど高い金額ではありません。
むしろ有料駐輪場の数は増えてきているのですが、もちろんそれにはちゃんとした目的があります。

有料駐輪場の理由

まずは、違法駐輪と区別をするためです。
マンションの住人でない人が駐輪をしていて、トラブルになっている事例もあります。
そこで、駐輪料金を支払うとステッカーが発行されてそれを自転車に貼る対策がとられています。
こうすると、違法駐車との区別が一目瞭然です。

また、駐輪マナーの向上の意味合いも強いでしょう。
ステッカーに1枚1枚番号を割り振って識別を容易にすれば、マナーの悪い自転車の持ち主も容易に推定でき、注意をすることができます。
駐輪料金は、基本的に駐輪場の維持管理に使われますが、それでもお金があまった場合には修繕積立金にプールされるケースがほとんどですので、むだになる事はありません。

駐輪場の盗難、いたずら対策

マンションの駐輪場で気をつけなければならないのは、駐輪場における自転車の盗難や自転車へのいたずらです。
マンションの駐車場であれば、地下機械式、タワー機械式の場合はいたずらや盗難される心配は皆無ですが、駐輪場にそこまで凝った機械を設置するところはありません。
せいぜい屋根がついているくらいでしょう。

そうなると、比較的誰でも簡単に駐輪場には侵入できてしまい、盗まれたりいたずらされたりする可能性はあるのです。
犯人は子供の可能性もありますし、大人の可能性もあります。
最近では、ストレスのはけ口として自転車が放火される事案も発生しています。

いたずら対策

なかなか対策が難しい自転車の盗難、いたずらですが、最も効果的なのは監視カメラを設置することです。
管理組合の方にお願いをして、駐輪場に監視カメラを設置してもらえば犯罪の抑止力にはなります。
もちろん、自衛策もとっておくに越したことはなく、鍵はダブルロックをしておくなどが効果的でしょう。

以上のように、マンションの駐輪場には様々なトラブルが隠れています。
比較的簡単に利用できる自転車ですが、その駐輪スペースも簡単なことが多いので、自分の責任が大きく問われます。
車ほど熱心に操作や維持管理をしてくれるわけでもありませんので、自衛はやはり大切ですね。