店舗一覧

メニュー

  • お電話でのお問合せ・ご相談は0120-818-250
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 家を売りたい方
  • 会社概要
bt_column_p026_01

リノベーションして何年住める?ライフプランを見据えた計画を

将来の改修も視野にリノベーションプランを

ここ数年、中古マンションを購入してリノベーションする人が増えています。
リノベーションなら、新築マンションを購入するよりも割安な費用で、希望の設計やデザインができます。内装・設備とも新品になり、新築と同等かそれ以上の住まいが手に入るのです。希望通りにリノベーションしたマンションで始まる新しい暮らしを想像すると、ワクワクしますね。

ところで、こうして新築同様になったマンションは、いつまで快適に暮らせるのでしょうか?

どのような建物でも、年が経つにつれ劣化します。それは、新築やリノベーションしたマンションも同じこと。
せっかくのリノベーション計画に水をさすわけではありません。ただ、永久に使える部材や設備はないので、リノベーション後のマンションでも、暮らしていくうちに少しずつ老朽化していくのは自然なことなのです。

これからリノベーションの計画を立てようとするときに、将来必要となる修繕や改修について考えるのはむずかしいかもしれません。しかしながら、多額の費用をかけて工事をするのですから、リノベーション後はできるだけ長く快適に暮らせるようにしたいもの。そのためには、住宅設備や内装の寿命を知った上で、何年住みたいか・住めるのか想定し、長い目で見たプランを立てることが大切です。

長く快適に暮らすために知っておきたいこと

リノベーションして何年住めるのか、その大きな目安となる設備の寿命を知っておきましょう。主要な住宅設備や内装の平均的な寿命は次の通りです。

  • 給湯器:10年
  • ガスコンロ:10年
  • 換気扇:8年〜10年
  • ユニットバス:20年〜30年 ※1
  • トイレ(全体):10年 ※2
  • エアコン: 7年〜10年
  • 壁紙:10年で張り替え
  • 建具関係 点検・調整:12年 / 取替:36年

※1 グレードによる。
※2 便器は割れない限り使えるが、タンクユニットや温水便座は10年くらいで交換が必要。

こうしてみると、約10年で多くの設備機器の交換が必要になることがわかります。つまり、大まかな目安としてリノベーションしてから10年後には、そのための工事と費用が必要になるということです。ちょっとしたリフォームになりますね。
とはいえ、それまでの間に故障や不具合もあり得ます。そうしたときのために、また、より長持ちさせるためにも、設備については、日頃からのこまめなお手入れや定期保守点検サービスへの加入をおすすめします。

なお、上のリストのように、ユニットバスの寿命には幅がありますが、これはグレードによる違いがあるため。リノベーション時の各設備の選択によっても寿命が違ってくるのです。

ライフスタイルとのバランスも大事

以上のことから、10年ほど経つ頃には、給湯器やエアコンを交換したり、壁紙を張り替えなければいけないことがわかりました。逆にいえば、大きな災害などがなければ、物理的にはリノベーションから10年は暮らせるということです。

ここで、気をつけたいのが、ライフスタイルの変化です。通常は、「現在」の家族のライフスタイルに合わせてリノベーションのプランを考えますが、リノベーションしてからの5年後、10年後はどうでしょうか?
子供が独立したり、年をとって介護が必要になっているかもしれません。特に老朽化による修繕の必要がなくても、リノベーション直後と同様に暮らしやすい状態とは限りません。

そうしたことから、設備や内装の寿命に加えて、ライフスタイルの変化も考慮しておくことが大切です。いずれの理由にしろ、設備の交換や内装のリフォームにはそれなりの費用がかかります。したがって、設備や内装の寿命とライフスタイルの変化のバランスを見て、資金計画を考える必要があるのです。

例えば、壁紙を全て張り替えた後に子供が独立し間取りを変えたくなった、といった場合、二重にリフォーム費用がかかってしまいます。このようなことにならないよう、ライフスタイルの大きな変化までは、設備・内装をキープしたいですね。そのためには、リノベーション時に長持ちしそうなグレードの設備にしておく、メーカーなどの定期保守点検サービスに加入しておくとよいでしょう。
また、子供部屋の仕切り壁は可動式にしておくなど、リノベーションなら、将来のライフスタイルの変化に合わせ変更できるよう工夫しておくことも可能です。
こうしたことで、将来必要になる修繕やリフォームにかかる費用が抑えられます。

リノベーションしてから、何年、住めるか・住みたいかは設備や内装にもよりますが、ライフスタイルの変化も大きく関わってきます。いつまでも快適な住まい作りができるよう、リノベーションにあたっては、将来のライフスタイルについても設計者とよく相談してくださいね。

気になることはプロに相談しよう!

初めての住宅購入となると、不安なことも多いかと思います。
そういった場合は、プロに相談し、確かな回答を得ましょう。
中古マンションのリノベーションについては、ひかリノベにご相談ください。
相談会やセミナーを随時開催しているので、お気軽にどうぞ。