bt_column_p012_01

女性を応援!こだわりたい貴女にリノベーションという選択肢

働く女性なら気になる?マンション購入

働くシングル女性なら、年齢とキャリアを重ねるうちに、一度ならずともマンション購入を考えたことがあるのでは?
「結婚するつもりがないまま一人暮らしを続けているけれど、家賃を払い続けるのはもったいない気がする。」
「キャリアも貯金もできたので何か資産になるものがほしい。」
そう思ったことがある女性も少なくないでしょう。

都心へのアクセスが良い場所で自分好みの住空間に暮らすことができれば、仕事もプライベートも充実しそうですね。そんな自分の城を持つことができればベストですが…。さしあたって、気になるのがお金のこと。マンション購入にはどれくらいの金額を考えればよいのでしょう?

例えば、全額住宅ローン利用で2,000万円前後のコンパクトなマンションを購入するとします。30年の返済期間で借り入れると、月々の返済額は7万円弱と家賃程度。預金などの自己資金があれば、月々の返済額はこれよりも低くなります。

シングル女性が購入すべきマンションとは

では、次に、どのような物件を選べばよいのでしょう?

女性は新築物件を好む傾向がありますが、近年は新築マンションの価格が割高になっています。その大きな理由の一つが建築コストの高騰。資材費や人件費の値上がり分が本体価格に転化され実体価格よりも高くなっているのです。

したがって、新築ねらいは予算的にも厳しくなりますし、資産性を考えると、あまり得策ではありません。
そこで、おすすめしたいのが、中古マンションを購入してのリノベーションです。

リノベーションとは、既存の物件の性能や価値を向上させる大規模な改修工事のことをいいます。マンションのリノベーションの場合、構造によっては、内装を全て撤去し間取りを自由に変更することが可能です。

リノベーションマンションがおすすめの理由

新築マンションは数が少なく、希望の立地や間取りなどの条件がそろう物件は非常に限られてきます。加えて、建築コストに加え解体コストも値上がりしており、今後、古い建物を壊して新築への建替えも抑制される傾向にあります。そうしたことから、立地の良い新築マンションは希少で、あっても非常に高価となるのです。

一方で、中古マンションに目を向けると、選択肢は大きく広がります。
費用の面ですが、2013年の東京都内のワンルームマンションの平均価格を見ると、新築が約2,400万円なのに対し中古は約1,000万円。中古は新築の半額以下です。首都圏全体の平均でも、中古マンションの平均価格は新築の6割程度。間取りのタイプや築年数によっては、さらに割安な物件も少なくありません。
これに、リノベーションの費用を加えると、同じ面積の新築マンションの7割から8割の金額になるといわれています。

予算のハードルがけっこう下がりますから、立地の選択肢も増え、周囲の住環境や利便性など希望の条件に合わせて選びやすくなりますね。

こうして、自分で購入した中古マンションをリノベーションすれば、戸内全てを自分好みの設計で新築同様かそれ以上の内装や設備にすることができるのです。既存のシングル向け物件の画一的な間取りや内装に不満を感じている方には、魅力的な選択肢といえるでしょう。

資産性も考えて

とはいえ、マンションを購入しリノベーションした後に結婚や転勤など、ライフプランが変わることもあり得ます。そんなときのために「資産性」についてもよく考えておきましょう。

リノベーションしたマンションに資産価値があれば、自分で住まなくなるようなことがあっても、売却して利益を得る、賃貸に出して家賃収入を得ることができます。そのために、大切なのは価値の落ちにくいマンションを選ぶこと。
実は、新築マンションの資産価値が維持できるのかどうかはある程度年数が経たないとわかりません。その点、中古であれば、既に年数が経っているので、購入前に価値が見きわめられます。

マンションの価値を決める大きな要素は立地と管理です。
利便性が高く住環境の良い場所にあり、セキュリティーも良く、管理やメンテナンスがゆきとどいているマンションは価値が落ちにくいのです。また、中古マンションはどのような人たちが住んでいるかもあらかじめわかるので安心ですね。この点もマンションの価値に大きく影響します。

そうした物件をリノベーションすれば、さらに価値を高めることになります。不動産は経済変動やインフレに強い資産といわれています。上手な物件選びとリノベーションでお気に入りの住空間と優良な資産作りができるのです。シングルライフがさらに充実しそうですね。

こうした複合的な観点から、リノベーションマンションは心強い選択だといえます。