2021/3/9

オーナーチェンジ物件とは

オーナーチェンジ物件とは

こんにちは、コーディネーターの櫨元です。
今回はオーナーチェンジについてお話させていただきます。
 

オーナーチェンジ物件とは?

 
オーナーチェンジ物件とは、入居者とは既存の賃貸契約を交わしたまま売買され、オーナーだけが変わることです。
ですので、自分は住めないです。
『この物件、いいね!魅力的~!!』と思っても、実はオーナーチェンジ物件で住めない物件だった…ということも。
 

オーナーチェンジ物件のメリットは?

 
オーナーチェンジ物件は現在入居中のため、オーナーが変わることで、すぐに家賃収入が入り、空室が続いている物件よりも融資を受けやすいメリットもあります。
既に入居者がいるので、安心して不動産投資が始められ、手間や時間をかけずに収益を得られることがオーナーチェンジ物件の一番の魅力です。

オーナーチェンジ物件の注意点とは?

ただし、オーナーチェンジ物件を購入する前に、なぜ前のオーナーがこの物件を手放すことにしたのか、理由をよく聞いておきましょう。
収益がしっかりと入っていれば、手放す必要もありませんので。
また、物件の瑕疵や修繕履歴、現在お部屋がどのような状態になっているのかということは、なかなか確認することが難しいのがデメリットとしてあげられます。
敷金の有無や保証人・保証会社の確認、管理会社の選択も必要ですね。
まずは、しっかりとオーナーチェンジをされる理由を聞いて、全体の内容を把握した上で決断されるべきかと思います。
 

~櫨元自邸リノベーション日記~

 
昨年末に田園都市線沿いのマンションを購入しまして、自社にて現在リノベーション中です(フルスケルトンによるフルリノベーション)。
隣りに座っている設計デザイナーと施工管理には毎日のように、色々と聞いておりますが…(笑)
現場も毎日少しずつ形となっていき、ひとつひとつのことが全て感動…(泣)
先日は、念のため最終確認ということで、都内の工房にてキッチン天板を見てきました~!
これが、キッチンの天板になるのか~とワクワク。。。水にも強いヤマザクラの天板です。また、報告しますね~
自邸のキッチンの天板予定の木材
 
 
 

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

資料請求 オンライン相談
メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

香月(祐)

ひかリノベ両国 コーディネーター

吉田(信)

ひかリノベ両国 施工管理

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部