マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2018/12/21

【松戸市エリアO様邸リノベーションレポート①】 本当に住みたい物件に辿り着くために

【松戸市エリアO様邸リノベーションレポート①】 本当に住みたい物件に辿り着くために

こんにちは、ひかリノベのコーディネーター今淵です。
今年も早いものでそろそろ年の瀬。寒さも一段と厳しくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて今回は、私のお客様であるO様ご夫妻との出会いから物件購入までをお話していきます。既に工事も終わり、お引き渡し完了しているお客様です。
これから「中古を買ってリノベーション」をご検討されている方は、物件選びとリノベーションのご参考に、是非ご覧ください。

 

1.O様ご夫妻との出会い

O様ご夫妻との最初の出会いは、5月に都内で行われましたスケルトン構造見学会でした。家族構成はご夫婦+かわいい男の子です。

構造見学会は弊社が定期的に実施している人気イベントで、中古物件探しからリノベーションまでを考えているお客様に対して、工事が始まったタイミングの実際の弊社のお客様のお部屋をお借りし、見学いただく貴重なイベントです。
文字通り、状態はスケルトンになったお部屋ですので余計なものはございませんが、ベースとなる状態を見られるからこそ構造上の特徴、メリット・デメリットがわかります。

O様ご夫妻も中古物件購入とリノベーションをしていきたいというご要望でした。
それらもすべて一括してサービスする弊社の強みをご理解いただきまして、私と一緒に物件探しからスタートする方向で固まりました。

 

2.予算とエリア選考                                     

リノベーションを行うにあたっては、全体のご予算を考えて物件探しをしていかなくてはいけません。
物件に比重を置いてしまうとリノベーションが中途半端になってしまいます。
エリアの物件相場、やりたいリノベーションの内容と、総合的に考えながら物件探しを進めます。

O様の場合は住み慣れた千葉県松戸市エリア限定でお探しすることとなりました。

エリアの他に広さや駅からの距離といった詳細条件を整理して、物件情報を確認したところ、さっそく条件に合った物件が。
すぐに内見の手配をしましたが、タイミング悪く先に申し込みが入ってしまい、内見不可になってしまいました……。

非常に残念でございましたが、これで諦めるわけにはいきません。
こういったことは中古不動産を購入する場合、決して珍しくないのです。

良い物件にはやはり多数の注目が集まります。
そこで少しでも時間をかけてしまうと、他の購入希望者に先手をられてしまうリスクがあるのです。

スピード感を持って進めていくことが中古物件購入成功のポイントです。
そのためには、お客様の条件にぴったり合った、ベストな物件しかご紹介しない、と私は決めております。

さて、O様に最初にご紹介した物件は残念ながら内見できませんでしたが、今度は非常に良いタイミングで、そこから歩いて数分のところに新しい物件が出てきました。
さっそくO様にご紹介し、内見へ。今度は横やりが入ることもございません。

その物件は申し分のない立地であることはもちろん、新耐震基準に適合したマンションでした。
耐震基準とは建築基準法によって定める建物の耐震能力の基準のことで、1981年に大きな改正があり、改正後の基準を新耐震、以前の基準を旧耐震と呼んでいます。
旧耐震は震度5程度の地震を想定した基準でしたが、新耐震は震度6強~7でも倒壊しないような構造を義務付けています。

O様にはそういった物件の条件の他、リノベーションの可能性もお話しさせていただきました。
資金計画もバランスよく予算内に収まりましたので、当日のうちに購入申し込みを頂きました。

 

3.物件購入の決め手

駅徒歩圏内で、土地勘のあるエリア、角部屋で窓際にも木々が立っていて、緑を感じることができる環境です。
子育てにも適したこのエリアはO様ご家族にとって、理想の環境でした。

中古物件を購入するにあたり、環境・眺望は変えることが出来ないので、環境を確認することは非常に重要です。
管理状態、大きさ、勤務地へのアクセスも条件にはまっておりましたので、O様とは内見1件目という短い時間で物件を決めて頂きました。

中古物件購入は長く探していればいい物件が出るとは限りません。
それよりも目の前の良い物件をいち早く掴むことが重要になってくるのです。

 

4.西海岸を意識したライトなヴィンテージリノベーション

O様ご家族のプランは和室を無くしてLDKを広げ、床は無垢風のヘリンボーンフローリングで、木の風合いを感じられるお部屋となっています。
全体にヴィンテージ感を含んだデザインですが、将来の間取り変更も見込んで間仕切り壁を増設することを想定した木製のルーバー、ワンポイントのグリーンや、レインボーカラーのトイレ壁紙、子供部屋のスヌーピーの壁紙等、軽やかさや楽しさも含んだ仕上がりとなっています。
リビングエリアのパースをご紹介いたします。

20181222_1

20181222_2

20181222_3

20181222_4

20181222_5

現在O様のお部屋は引き渡しも完了し、ご夫妻と男の子の3人で幸せな生活を送っていることでしょう。
また、お話を聞きにお会いしたいと思います。

私たちは、中古物件を探してご紹介するだけではなく、そこから先のお客様の理想のお部屋にするためにリノベーションのお手伝いをさせていただきます。
皆様もひかリノベと一緒に『好きな街で、好きな暮らし』を実現してみませんか?

いつでも私、今淵までお気軽にご連絡ください。お待ちしております。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部