マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2018/9/5

【板橋区・練馬区エリアA様邸リノベーションレポート②】ちょっとの工夫でお家が変わる!

【板橋区・練馬区エリアA様邸リノベーションレポート②】ちょっとの工夫でお家が変わる!

こんにちは。設計の多田です。
今回はA様邸の『部分リノベーション』についてご紹介します。

A様が購入された物件は築年数が新しい分、間取りは現代的で使い勝手も良く、設備も新しく、さらに収納がたくさん確保されている、という非常に恵まれた物件でした。
とはいえ内装デザインは最大公約数的で、個性をもとめるA様には物足りないもの……。
何よりキッチンは壁付けではなく、リビングに向けた対面型にしたいというご要望がありました。

A様からのリクエスト

  • クロスの張替
  • 畳の表替え
  • ユニットバスの交換
  • 給湯器の交換
  • 洗面室の床張替え
  • キッチンのレイアウト変更
  • キッチン周りの床張り替え

本日はこの中から、キッチンにフォーカスしてご紹介させていただきます。

パークホームズ西台の杜 _請負

 

 ≪before≫施工前の壁付け型キッチン

IMG_0738

IMG_0736

広々としたスペースで、作業しやすそうなキッチン。
しかし壁の方を向いているので、リビングダイニング側から分断されてしまっています。
A様は将来お子さまが生まれたとき、キッチンからリビングにいるお子さまの様子が見られるように、対面キッチンを希望されていました。

そこで、まずは現地調査で既存の給排水配管をチェック。

IMG_2791

水まわりは給水・排水がスムーズに流れるよう、配管には適度が傾きが必要です。
レイアウトを変更したために傾斜が充分確保できないとなると、配管トラブルの原因になります。
給排水に問題が生じないよう、レイアウトを考えて……。

 

≪after≫施工後の対面型キッチン

CIMG4390

CIMG4381

CIMG4379

ちょうど壁に背を向け、リビングに顔を向けたレイアウトに変更!
システムキッチンも新しいものに交換しています。光沢のあるブルーの扉がさわやか!
同時に周辺の床材も交換。石目長のフロアタイルを選びました。

床や建具は既存のもの残す場合、新しく変えた部分とどう調和をとるかが課題となります。
「なるべく似た色柄で」と考えがちですが、あえてまったく違うデザインを組み合わせた方が、不思議と馴染む場合が多いです。

新品と既存のものでは、どうしても色や質感に変化が出ます。似たもの同士だと、その変化がかえって目立ちやすい。
でも違うデザインをミックスすることで「個性的、オシャレ」という印象になります。
お洋服のコーディネートといっしょですね!

 

いかがでしたでしょうか。
築浅物件は「水まわりだけ新しくすれば」という方が多いのですが、せっかく新しくするのなら、デザインにもちょっぴり一工夫を。
既存と同じではなく、デザインや素材を変えてみると、お家全体がまったく違う印象になりますよ!
どんな組み合わせが良いか、ご相談はぜひお気軽にお寄せ下さい。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵 正崇

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好 海斗

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利 一元

ひかリノベ両国 施工管理

錦織 功成

ひかリノベ両国 施工管理

目黒 千雅

ひかリノベ両国 設計

藤井 奈緒美

ひかリノベ両国 設計

大宮 良明

ひかリノベ両国 設計

広報部