【2018年版】リノベーション・リフォームで貰える補助金まとめ

はてなブックマーク - 【2018年版】リノベーション・リフォームで貰える補助金まとめ
Pocket
LINEで送る

この記事のまとめを サクっと 読む
tax

住宅のリノベーションやリフォームをすると、一定の要件で減税や補助金の受給といった支援を受けることができます。?
このうち、とくに補助金については、年度が変わって新たな制度が増えたり、内容が変化しています。

そこで、本日は≪2018年度に実施が決定したリノベーション・リフォーム関連の補助金制度≫のポイントを、ひかリノベの設計担当・一級建築士の大宮 良明デザイナーに伺いました!
これから「中古を買ってリノベーション」や、ご自宅の増改築をお考えの方は、ぜひご一読ください!

※減税については今年度(2018年)も昨年度(2017年)と同じ内容になっています。くわしくはこちらの記事をご覧くださいませ。

1.ゼロエネルギーハウス(ZEH)で最大70万円!

ゼロエネルギーハウス(ZEH)とは、「太陽光による自家発電システムをもち、消費したエネルギーよりも発電したエネルギーの方が多い住宅」をいいます。
(あくまで「消費した電力≦生み出した電力」であることが要件ですから、オール電化住宅でなくてもOKです)

ただし自家発電を行なっていても、生み出した電力をすべて売電している場合は「消費した電力≦生み出した電力」になりませんから、ZEHとは認められません。
(自宅で余った電力を売る場合は「消費した電力≒生み出した電力」ですから、問題ありません)

ZEHと認定されると――さらに省エネの実証や、再エネ熱等の導入も併せて実施すると――受給できる金額は、次の表のとおりです。

要件 金額
①ZEHと認定されること

定額70万円

さらに蓄電システムを設置すると3万円/kWhを加算
(最大30万円

②ZEH +省エネの実証※

25%のエネルギー消費削減を実現すること。
また、以下のいずれか1つを満たしていること。

  • 高断熱化
  • 高度エネルギーマネジメント
  • 電気自動車の充電システム設置

定額115万円

さらに蓄電システムを設置すると3万円/kWhを加算
(最大45万円

③ZEH+先進的再エネ熱等の導入※

※次のいずれか1つを導入していること。

  • CLT断熱パネル
  • 地中熱ヒートポンプシステム
  • PVT(太陽光発電+蓄電)システム
上記①または②に加えて定額90万円

参照:一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII) https://sii.or.jp/moe_zeh30/uploads/zeh30_pamphlet3.pdf

補助金を受け取るためには申請が必要です。
申請手続きはリノベーション会社が(つまり、私たちひかリノベが)行います。
ですから施主さまの立場としては、まずはリノベーションのデザイン・設計担当者に「ZEH補助金制度を利用したい」とお伝えください。

ZEH補助金制度は予算枠があらかじめ決まっており、公募によって受給が決まります。
公募期間は次のとおり。

ZEH補助金の公募期間

①ZEH……5/28~10/5

②ZEH+省エネの実証……5/28~10/5

③ZEH+先進的再エネ熱等の導入……5/28~6/29

参照:一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII) https://sii.or.jp/moe_zeh30/uploads/zeh30_pamphlet3.pdf

ただし予算枠より多くの申請があった場合は、公募期間を予定より早く切り上げることがありますから、注意が必要です。

またこの場合、補助金の交付はスペックが高い家から決まります。
「基準を満たしていれば必ず受給できる」というわけではありませんので、ご注意を。

※2018年の公募は予算枠が埋まったため、8月で切り上げられました。

そしてもう一点注意したいのが、お金が実際に手元に入ってくるのは「リノベーションの完成から数ヶ月~半年後」だということ。
「補助金をローンの支払いに充てよう」とお考えの方は、スケジュールが合わなくなりますのでご注意くださいね。

2.省エネ・断熱リノベーションで最大120万円!

高性能な断熱材や窓を用いたリフォーム・リノベーションを行った場合にも、補助金を受け取ることができます。
補助対象となるリノベーション内容と、受給できる金額は、次の表のとおりです。

要件 金額

①高性能建材による断熱リノベーション※

SII指定の断熱材・窓・ガラスを使用すること。

対象となるリノベ費用の1/3

(戸建て)最大120万円
(マンション)最大15万円

②次世代建材を使用した省エネ改修

SII指定の断熱・潜熱蓄熱・調湿建材等を使用すること。

対象となるリノベ費用の1/2

(戸建て)最大200万円
(マンション)最大125万円

参照:一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII) https://sii.or.jp/moe_material30/uploads/H30MOE_brochure_second1.pdf

上記の製品を使用して断熱改修工事を行い、一定の断熱・省エネ基準を満たすと、補助の申請を行うことができます。
こちらもZEHと同様、公募によって先着順で受給が決まります。
公募期間は次のとおり。

断熱・省エネ補助金の公募期間

①断熱リノベーション……5/7~8/10

②省エネ改修……5/28~9/14

参照:一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII) https://sii.or.jp/moe_material30/uploads/H30MOE_brochure_second1.pdf

3.長期優良住宅化リフォームで最大250万円!

「長期優良住宅」とは、地震に強く、耐久性があり、省エネで、維持管理がしやすい住宅のこと。
補助金を受給するにはいくつかの基準をクリアする必要があり、達成したレベルによって金額が変わります。

要件 金額

①長期優良住宅とは認められないが、性能が向上※

※以下の性能について一定の向上が見られること。

  • 省エネ
  • 耐震
  • 構造躯体の劣化対策
  • 住宅設備の維持管理
  • その他、必要な修繕

対象となるリノベ費用の1/3

(最大100万円

②長期優良住宅の認定

対象となるリノベ費用の1/3

(最大200万円

③長期優良住宅の認定+高度な省エネ性能

対象となるリノベ費用の1/3

(最大250万円

参照:国立研究開発法人 建築研究所 http://h30.choki-reform.com/doc/summary_doc_all.pdf

こちらはZEHや断熱リノベーションと異なり、一年を通じていつでも申請可能です。
ただし予算には限りがあるので、たくさん申請が来たら、年度の途中で締め切ってしまう場合も。
締め切りのお知らせは(研)建築研究所のHPをご覧いただくか、リノベーションのデザイン・設計担当者に「補助金制度を利用できるか?」とお申し付けください。

4.自治体独自の補助金制度

その他、自治体独自の取り組みで補助金制度を用意している場合があります。
たとえばひかリノベ本社がある東京都墨田区であれば……

墨田区のリノベーション補助金制度

  • 木造住宅の耐震改修を行うと、工事費用の一部を助成
  • 65歳以上の方がバリアフリー改修(手すりの取り付け、段差の解消など)を行うと、最大20万円を支給
  • 地球温暖化防止設備(遮熱塗装、断熱リノベ、太陽光発電システムなど)を導入すると、工事費用の一部を助成 etc…
  • 参照:墨田区役所 http://www.city.sumida.lg.jp/kurashi/zyuutaku/jyutaku_shien/zyuutau_zyosei_seido.html

    地域によって異なる補助金制度が用意されていますから、お住まいの市・区役所のHPをご覧になってみてくださいね。
    そしてご利用を希望される方は、どうぞお気軽に、リノベーションのデザイン・設計担当者にお申し付けください。

    この記事のまとめ

  • 2018年のリノベーション関連補助金はZEH・省エネ断熱・長期優良住宅化の3つが目玉!
  • 自治体によっては独自の補助金制度も!
  • 給付を受けるには申請が必要。まずはリノベーションのデザイン・設計担当に相談を!
  •  

    【執筆】高橋 千晶(ひかリノベ 広報)
    【監修】大宮 良明(一級建築士)

     

    |   一覧に戻る   |

     

    ひかリノベへのお問合せはこちらから!

    r_consultation r_document r_phone