店舗一覧 店舗一覧

メニュー メニュー

  • お電話でのお問合せ・ご相談は0120-818-250
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 家を売りたい方
  • 会社概要

マンション選びで外せないセキュリティ設備の種類と有効性

bt_hint_p023_01

マンションを選ぶ条件にはさまざまなものがありますが、今や欠かせない条件となっているのが「セキュリティ」です。
「水と安全はただ」といわれていた時代は終わりを迎え、今や安全にもお金を惜しまない人が増えています。
マンションも例外ではありませんので、ここではマンションに施されているセキュリティの種類とその有効性について見ていきます。

防犯カメラ

今や、商店街やコンビニエンスストアの外側など、街全体の防犯にも一役買っている防犯カメラですが、それはマンションにおいてももちろんあります。
しかし、マンションでは設置場所によってカメラのタイプも異なるようです。

場所によって異なる防犯カメラのタイプ

広いエントランスホールなどを監視するためには、ドーム型のカメラが有効です。
広い範囲を見渡せるようになっているので、死角をつくりにくいメリットがあります。

エレベーター内部では、小型の監視カメラを設置しているマンションが多いようです。
目立つカメラですと壊されてしまう可能性がありますし、狭いスペースでは小型のカメラが効果的なのです。

駐輪場や駐車場など、さほど出入りが多くない場所では、あえて見せるタイプの防犯カメラが有効です。
カメラを見せることによって、犯罪の抑止力としての効果が期待できるからです。
犯罪の抑止力の効果を狙い、ダミーカメラを設置するケースもあります。
最近ではこれらの場所以外にも、共用の廊下にも設置されているケースが多く、特に女性にとってはありがたい設備です。

インターホン

建物に入るのに必要なインターホン

最近、都市型マンションの多くで設置が進んでいるのが、インターホンです。
かつては、インターホンは部屋の前に設置されているだけでしたが、最近ではマンションの建物内に入るのにもインターホン操作が必要なマンションが増えてきました。
まず、入る人が建物入口にある端末で部屋番号を押します。
すると、部屋の住人が出てインターホン越しで会話をして、問題がなければロックを解除して建物内に招き入れることができます。
建物の入り口で訪問者を選別できるのはメリットと言えます。

もちろん部屋の前にもインターホン

もちろん、従来どおり部屋の前にもインターホンが設置されており、声だけでなく画像も映し出せるようになっています。
不審だなと思ったら、録画ができる機能を搭載しているインターホンもあります。
インターホンによって複数のチェックをすることができるようになったため、不審者が部屋に押し入るケースは減少してきました。

オートロック

うっかり屋さんに有効なオートロック

外出をしたとき、「あれ、そういえば部屋の鍵閉めたかな」と疑問に思ったことはありませんか。
近い距離でしたら戻って確認できますが、すでにマンションから距離が離れてしまっているようですと戻れません。
そんな不安を解消してくれるのが「オートロック」です。
オートロックならば、自分で施錠する操作をしなくても、ドアが閉まったら自動で施錠してくれるので安心です。

オートロックには注意点も

しかし、オートロックに関しては諸刃の剣ともいえます。
ちょっとゴミ出しに鍵も持たずに外に出てしまったら、オートロックで鍵が閉まってしまい、住人が部屋から閉め出されるケースが多いのです。
外に出る際には、しっかりと鍵を持参することがオートロックつきマンションの心得です。

マンションをぐるりとセキュリティで覆う

最近、日本でも徐々に増えているのが、「ゲーテッドマンション」です。
これは、マンションの敷地と周囲を壁によって隔て、壁にセキュリティを施したものです。
複数の棟のタワーマンションをぐるりと取り囲む形式が多いようです。

ゲーテッドマンションの不安、不満

かつては閉塞感に対する批判もありました。
しかし、公園や買い物できる施設を作るなどマンション内の共用設備を充実させて、外に出なくても完結するような空間作りをしているところもあります。
それでも「周辺住民と隔絶されている」といった声はあるようですが、これはゲーテッドマンション内の住人がいかに外部とコミュニケーションをとるかにもよるようです。

マンションがどんなところに建っているかによって、必要なセキュリティも変わってきます。
その土地にあったセキュリティが施されているか、しっかりと確認することも重要でしょう。