店舗一覧 店舗一覧

メニュー メニュー

  • お電話でのお問合せ・ご相談は0120-818-250
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 家を売りたい方
  • 会社概要

トラブル多発 気を付けたいマンションのゴミ出し事情を考える

bt_hint_p007_01

一戸建てに関わらず、マンション暮らしをしていてもゴミは出てくるものです。
かつては自宅で出たゴミは自宅で焼却していたものですが、現在ではごみ焼却場で焼却するのが一般的となっています。

マンションとゴミ捨て場との距離

マンション暮らしをしていると、よく旦那さんがゴミを持ってゴミ捨て場に行くという風景がありますが、これは決して旦那さんを召し使いのように使っているわけではありません。
マンションとゴミ捨て場との距離が長いところほど、旦那さんがゴミ捨てをする傾向があります。

ゴミ捨ては意外に面倒

マンションの敷地内にゴミ捨て場があるのであれば、比較的簡単にゴミ出しをすることができますが、マンションの敷地外にゴミ捨て場がある場合には、かなりの距離を歩かなければなりません。
エレベーターを使ってゴミ出ししなければなりませんし、エレベーターを降りたとしても、そこからロビーがあり庭園や中庭を通るとなると、かなりの距離となります。
ですので、旦那さんに出勤のついでにゴミ出しをしてもらうわけですね。

ゴミ出しルール

マンションのトラブルの中で比較的多いのが、ゴミ出しをめぐるトラブルです。
その中でも特に多いのが、ルールを守らないゴミ出しです。

ゴミの分別

まずゴミ出しのルールで思い浮かぶのは分別です。
最近ではエコの観点から、細かくゴミ出しをする自治体が増えてきました。
燃えるゴミも紙とプラスチックに分別、資源ゴミも瓶と缶、ペットボトルに発泡スチロールなど、細分化される一方です。
あまりゴミ分別にうるさくないところから細かい分別をするマンションに引っ越すと、当初はこのゴミの分別で悩むことでしょう。
わからないことはマンションの管理組合に聞けば、どんなゴミをどう分別すればいいのか教えてくれます。

ゴミ出しの時間

次にゴミ出しトラブルで多いのが、ゴミ出しの時間を守らないため起こるトラブルです。
ゴミ出しは通常、収集日の朝に出すこととなっています。
繁華街では朝早くにゴミの収集に来るので、前日夜からゴミ出しをしても構わないところも少なくありません。

とはいえ、ほとんどのマンションでは収集日当日の朝に出すこととなっているのですが、前日の夜からゴミ出しをして、ゴミ置き場が開いていないとわかるとその前にゴミを置いて行ってしまう人がいるのです。
仕事の都合でどうしても朝出せないなどの事情がある場合には、これもマンションの管理組合に相談しましょう。

ゴミを見られる

マンションの住人には様々な人がいるもので、出されたゴミ袋を勝手に開けて中身を見る、そんな行為に及ぶ人がいます。
「それがプライバシーの侵害ではないか」と思うかもしれませんが、法律上特に抵触することではありません。

ゴミは基本的に「所有権を放棄したもの」ですので、ゴミの中を見てはいけない根拠はありません。
それでもやはりいい気分はしないものですので、見られては困る個人情報などは、シュレッダーで処分をしてからゴミに出すようにしましょう。

住人以外のゴミ出し

マンションの住人専用のゴミ置き場に、住人以外の人がゴミ出しをするトラブルも散見されます。
もしそれが公道でフリースペースのゴミ置き場になっている場合には、管理組合に言って施錠できるようなゴミ置き場にするのがいいでしょう。
また、前述したプライバシーの問題と絡んで非常に難しいですが、「ゴミ袋にあえて名前を書く」という解決策もあります。
これでしたら、住人以外のゴミもすぐにわかりますし、分別をしっかりする抑止力にもなります。

ゴミ出しのトラブルを避ける住宅選び

こうしたゴミ出しのトラブルは、システム上の問題もありますが、やはり住民の人間性によるところも大きいもの。
新築の場合は、ほぼ同時期に住民が引っ越してくるので、どんな方が住むことになるかはわかりません。
しかし、もし中古マンションであれば、すでに住んでいる方のマナーも確認できるので、こうしたトラブルは回避できるかもしれません。
中古マンションをリノベーションすれば、新しい内装で暮らすことができるので、検討してみてもいいかもしれません。

いつでもゴミを捨てられる設備

高層マンションともなりますと、いちいちゴミ捨て場まで行くのが面倒と考える人も多いようです。

ダストシュート

そのため、一時期はダストシュートを備え付けたマンションもたくさんありました。
ダストシュートとは、各階のゴミの投入口があってそこにゴミを投入すると階下にあるゴミ捨て場までゴミがいく、そんな便利なものです。
しかし、最近建築されるタワーマンションではそれを備えているところは少なく、既存のマンションでダストシュートを備えていても、あえてそれを使わないところも増えてきました。
それは、ゴミに対するいたずら、特にタバコの火や不審火などが多く発生しているためだ、とのことです。

ディスポーザー

ゴミの中でも特に処理に困るのが、生ゴミです。
生ゴミを部屋においておくと強烈な臭いを放ちますので、できればすぐにでも捨てたいのですが、ゴミの収集日までまだ時間があるときにはそうもいきません。
一部のマンションでは、生ゴミを下水に流すことができる、その名も「ディスポーザー」を導入しているところもありますが、あまり数は多くありません。

街ぐるみでゴミ処理に取り組んでいるところでは、投入されたゴミを地下のパイプを伝って風で運び、ダイレクトに処理場まで持っていくところもありますが、これはさらに数が少ないです。
人間が生活をする上では避けては通れないゴミ出し、まずはマンションの管理組合にその状況を聞くのが得策です。

気になることはプロに相談しよう!

ゴミ出しの施設は充実しているか、他の住民のマナーはしっかりしているか。
マンション購入に当たって不安なことがあれば、プロに相談し、確かな回答を得ましょう。
もし、中古マンションのリノベーションを検討していたら、ひかリノベにご相談ください。 相談会やセミナーを随時開催しているので、お気軽にご相談ください。