マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2018/1/31

憧れの≪湘南≫に住みたい! 移住のために押さえておきたい「3つのポイント」

憧れの≪湘南≫に住みたい! 移住のために押さえておきたい「3つのポイント」

こんにちは。ひかリノベ湘南の春永です。

いつの時代も人気の街・湘南。
今回は横浜から大磯に移住して7年目を迎えた私の経験談をもとに、湘南の街の魅力や物件探しのコツをお話させて頂ければと思います。

 

海が見える家に住みたい!

私が湘南エリアへの移住を決めた一番の目的は、「お家から海が見たい」ということでした。

私の生まれた横浜にも海はありましたが、ベイサイドエリアというよりはビーチサイドに住みたい、と憧れがあったのです。
そこで住み慣れた横浜を離れて、「湘南エリアで物件を探そう」と思いました。

 

湘南エリアで住まいを探す

ざっくり湘南エリアといっても葉山・逗子・鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・平塚・大磯と、エリアによって街のイメージが違いますよね?
湘南エリアへの憧れは人それぞれですが、私の場合20代の頃は完全に『住みたい街』のイメージ重視だったので、「逗子マリーナやお洒落なレストランがある≪葉山・逗子・鎌倉エリア≫にお家を構えたい!」と考えていました。

もちろん、人気エリアとあって、お家から海が見える物件はなかなか予算内で見つからず、毎週お休みの度に足を運び、物件を探しました。
私は幸い不動産会社に勤めているため、最新の情報をデイリーに入手できました。そこでよさそうな物件情報が見つかると、仕事が終わったその足で、立地・雰囲気だけでも夜中に見ておけると思い、見学に行きました。

「不動産は縁もの」とよくいいますが、本当にその通りで、明日の朝には申込済みなんてことも多々あり私も何回も泣く羽目にあいました。
いい物件に出会うためには、とにかくフットワークよく探し続けることです。

移住を成功させるコツ①

内覧にどんどん出かけよう!

このように日々物件を見ていく中で、予算・土地坪・道路付・交通事情・買物など、どんどん欲が膨らんできてしまいました。
そこで、住まいを探すコンセプトを一度明確にするため、一枚の紙に条件を書きだすことにしました。
その中で「絶対譲れないこと」3点を決めて、妥協しやすいことを後付けするという形で絞っていきました。

私の絶対譲れない条件は……

  • 海がお家から見えること
  • 価格が予算内であること
  • 自由にリノベーションできること(バリ風にしたい!)

このように条件を書き出して、優先順位をつけることで、物件探しの軸ができました。

移住を成功させるコツ②

コンセプトを明確にしよう!

コンセプトがはっきりしたところで、なんとなくのイメージで選んでいたエリアを、今一度きちんと考えてみることにしました。
この3つの条件に当てはまるのは、大磯でした。

oiso-marine

とはいえ、途中でエリアを見直すことに不安がなかったわけではありません。
そこで、あとから「やっぱり別の場所にすれば良かった」と後悔しないために、どうして大磯が良いのか、ポジティブなポイントを、先ほどの3つの条件の下に書き出してみました。

  • 海が他の湘南エリアよりはるかに綺麗に見える。
  • 海から200mの場所でも海抜が20m程度ある。
  • 土地坪が50坪以上の住宅が多く、カースペース2台・お庭をとっても建物プランがゆったり作れる。
  • 高速道路へのアクセスも良く、周辺道路も広い。混雑を迂回するルートもある。
  • 横浜へのお買物も1時間以内。箱根など温泉地へのアクセスも良い。

なんといっても、最大の魅力は海でした。
大磯は海水浴場から西側は遊泳禁止(人間が海を汚さない)・潮の流れが早いといった理由で、海がとても綺麗です。
時おり砂浜にゴミが打ち上げられることもありますが、地元の人たちの力によって清掃されている素敵な地域です。
とくに冬の海は、水面がエメラルドグリーンに輝いて見えます!

移住を成功させるコツ③

条件に合うエリアを見直してみよう!

大磯は昔から著名人の別邸があった格式高いアドレスです。
葉山・逗子・鎌倉といった湘南の中心とはまた一味違いますが、空と海は青く、山々に囲まれていて、四季の移り変わりも自然を通して感じることができます。また、富士山もきれいに見ることができます。
そして予想通り、お家から見る朝焼けの海・夜明けの海・夕暮れの海はいずれも息を呑むほどの美しさです。

Sun-rise
▲12月12日AM6:40日の出をパチリ!

fuji
▲富士山もきれいに見えます。

大磯の晴れた日の星空は、都会では見たことのない数の星やきれいな月を眺めることができます。
都会にいた頃はネオンばかりで、そういえば季節を感じたり空を見上げるような心の余裕もなかったと気付かされました。
今ではすっかりストレスもなく生活でき、この地を選択して本当に良かったと思っています。

 

実際に暮らしてみて……

湘南生活のネックとして渋滞のイメージがありましたが、近年は高速道路が充実し、一般道路も車線拡大、さらに地元の人が知っている住宅地内の抜け道があり、渋滞が緩和されてきています。

お車でのアクセス

【葉山・逗子・鎌倉】
逗葉新道・横浜横須賀道路・三浦縦貫道・三浦半島中央道路

【藤沢・茅ヶ崎・平塚・大磯】
小田原厚木道路・東名高速・新湘南バイパス・西湘バイパス・圏央道

電車でのアクセス

湘南の西端の大磯から……

  • 横浜まで約36分
  • 品川まで53分
  • 新宿まで63分

意外かもしれませんが、結構都心にも出やすくて便利です。

私は大磯に住んでいるので、仕事帰りに車でよく箱根の温泉に行きます。大磯~箱根まで20分あれば着きます!

横浜にいた時は不可能でしたが、こちらに引っ越してからは気分転換に頻繁に行き、癒されています。
圏央道が開通したので関越道・中央道いずれもアクセスしやすくなり、休日には日帰りで軽井沢へ行ったり、群馬の宝川温泉に行ったり、めいっぱい移住生活を満喫しています。

oiso-marine2

また、移住して何より一番良かったことは自然に囲まれて生活できるという点でした。
朝は朝日が差し込み、鳥の鳴き声で目が覚め、夜は月の光が間接照明になります。
運動嫌いの私でも、早起きしてゆっくりと海沿いを歩く健康的な生活に変わりました。

何より一番気に入ったのは、晴れた日の朝と夕方見られる空から海に光が差すこの光のカーテン!
日常生活の中でこの景色を目にできることは本当に贅沢です。

ipp

移住して7年。すっかりストレスフリーな毎日です。
横浜も素敵な街ですが、ただ毎日忙しく暮らしていた生活から、今はゆったりとした、ゆとりある暮らしが送れるようになりました。

もし湘南エリアに移住をお考えの方は、まずは湘南の街をゆっくりと散策してみることから始めてみてはいかがでしょう? 毎回必ず新しい発見があると思いますよ。

いかがでしたでしょうか? この他にもおいしい食事や個性的な街並みなど、湘南エリアにはまだまだたくさんの魅力があります。
今回ご紹介しきれなかった分は、また次回のお楽しみに……。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵 正崇

コーディネーター

三好 海斗

コーディネーター

藤井 俊助

施工管理

毛利 一元

施工管理

目黒 千雅

設計

多田 まい子

設計

藤井 奈緒美

設計

大宮 良明

設計

広報部