マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2020/6/9

在来工法とツーバイフォー【戸建て】

在来工法とツーバイフォー【戸建て】

皆さんこんにちはー!
施工を担当している吉田です。

近頃、弊社でも木造住宅のリノベーション依頼が増えてきました。

ところで皆さんは、普通の木造住宅と、ツーバイフォー住宅の2種類を耳にしたことはありますか?
耳にしたことがある方は、それぞれどのような違いがあるか、ご存じでしょうか?

ご存じない方も多いのかと思いますので、簡単なご説明とリノベーションにおける注意点をお伝えします!!

普通の木造住宅

まずは、普通の木造住宅。
建築用語的な言い回しだと、木造在来工法といい、日本の伝統的な住宅の作り方です。
主に土台・柱・筋交い・梁・小屋とそれぞれ木を加工して造っています。
この部分が建築構造を支える骨組みで、俗にいう構造躯体という部分にあたります。
地震や風などに耐えられるように組み立て、考え方としては、全てが線で繋がっているような感じです。

メリット

在来工法のメリットは、自由にいろいろと出来ることです。
柱や梁の補強などの処理をすることにより、自由に間取りの変更が出来ます。
また、配管や配線も比較的に自由に変更できるので、水廻りの大移動も可能です。

注意点

柱を取ったり、梁を取ったりする場合は、必ず木造の構造を熟知している、設計士・工務店・大工さんに相談をする事をオススメします。
そうしないと、地震が来た時に大変な事になっちゃいます…。

ツーバイフォー住宅

次は、ツーバイフォー住宅。
現場用語だと、「ツーバイで」と言っています。

ツーバイは、2インチ×4インチというサイズをベースに、角材と合板を組み合わせた箱のようなもので、床・壁・天井・屋根を構築する構造です。これらが柱や梁の役目も果たしています。
考え方としては、面でつながっているイメージです。

メリット

面で地震や風などに耐えるように出来ており、在来工法よりも強い構造です。
面で構成されているため、機密も断熱効果も耐火性能も優れています。

注意点

性能値では在来工法の上をいく工法ですが、実はリノベーションにあまり適さないのが現状です。
面(壁)で構造等を維持しているので、壁を取り払う行為や配管、配線の為に穴をあけるという行為がかなり規制されます。よって、好きな間取り等に変更は難しいです。

まとめ

在来工法は、構造面ではツーバイに比べて劣ってしまうが、自由を手に出来ます。
新築でもリノベーションでもオールマイティーに対応できる、いわばオールラウンダー。

ツーバイは、自由は制限されてしまうが、構造的な力は在来工法よりも勝る。新築であれば、エースです。

中古の戸建て住宅を購入の際は、構造は何で出来ているのか? 現状の間取りなどで満足なのか? を考える必要があります。

オールラウンダー or エース?

さぁーて! あなたはどっち??

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部