2018/11/10

【江東区・江戸川区エリアO様邸リノベーションレポート②】建具で変わるお部屋の印象

【江東区・江戸川区エリアO様邸リノベーションレポート②】建具で変わるお部屋の印象

こんにちは。ひかリノベ施工管理・藤井です。
本日はO様邸より、和室から洋室へのリノベーションの模様をレポートいたします!

 

1.襖から引き戸に、畳からフローリングに

リビングから続きの和室。
一部がポコっと出っ張ったような間取りです。
リビングからの出入口はL型の襖でした。

1-1-min

1-2-min

今回は「この和室を洋室に変更したい!」というご要望でしたから、この襖を洋風の建具に交換します。

1-3-min

まずは和室側と洋室側で床のレベル(高さ)が違っていますから、フラットにそろえていきます。

既存の畳を剥がしてみると、スラブ(躯体)の高さが違っているのが分かります。

3-1-min

スラブの高さを調整。
リビングから和室、押入の中まで一面フラットに整えていきます。

4-1-min

4-2-min

フローリングで仕上げを施します。
フルフラットの床で、一面同じフローリング材で仕上げましたので、見切り(仕上材の継ぎ目をカバーする帯状の化粧部材)も必要ありません。
廊下からリビングを通って和室まで、バリアフリーの床です。
見た目にも部屋と部屋に繋がりが生まれ、広く感じますね。

6-1-min (1)

そして先ほどの襖は、L型のレイアウトはそのまま、洋室仕様の引き戸に交換。
床にレール不要のタイプで、 バリアフリー対応の間口です。

7-1-min

壁と同じホワイトの建具で、閉めたときにも圧迫感がありません。

7-2-min

7-3-min

 

2.収納は扉をつけず、ブラインドで目隠し

収納はもともとあった押し入れを有効活用。

2-1-min

枕棚とポールを取り付け、洋室仕様のクローゼットに作り変えます。
枕棚があることで、畳んで仕舞いたいニット類や、小物類の収納がしやすくなり、便利です。

RIMG0065-min

よくある押し入れからクローゼットへの変更は、扉を付けて洋室仕様に、というケースが多いですが、O様邸では、目隠しはブラインドに。
扉で塞いでしまわないため、お部屋全体が開放的に見えます。

天袋は開き戸に。
使う季節が限られるお鍋類、日常的に使用はしないけれど、しまっておきたいアウトドア用品など収納するのに便利です。

7-5-min

7-6-min

建具えらびでお部屋全体の印象もガラリと変わります。
細かい仕様のお打ち合わせもていねいに承ってまいりますので、何でもお気軽にご相談くださいね!

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

資料請求 オンライン相談
メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

吉田(信)

ひかリノベ両国 施工管理

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部