マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2018/8/30

【鎌倉市エリアH様邸リノベーションレポート③】活かせるところを活かすリノベーション

【鎌倉市エリアH様邸リノベーションレポート③】活かせるところを活かすリノベーション

こんにちは。施工担当の新井です。

今回は、湘南支店施工事例H様邸・施工編をお送りします。
マンション専有部分の間仕切り壁や、天井の下地材・給排水配管・電気配線等、変更の必要のない部分を残し、「活かせるところを活かす」リノベーションを行いました。

 

プランニング

タイトルなし

左がBEFORE図面で右がAFTER図面です。
住宅設備類配置に大きな変更はありませんが、使い勝手を考慮し、間仕切り壁位置を調整しています。

 

工事の流れ

では、実際の工事の流れを見てゆきましょう。
解体工事着工直後の様子です。

20171116_094343

20171116_094352

その後新設する住宅設備に合わせて、給排水給湯配管・換気ダクトの位置を調整します。

20171121_170838

20171121_170852

床の施工です。既存床スラブに高低差があり、置き床下地の高さを今回は3つのエリアに分けて設定しました。
平面図で置き床の脚を○△□に分けて表記しています。

floor

フローリングの下地となる置き床をレーザーレベルで水平を見ながら設置してゆきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

間仕切り壁変更部分の下地を図見出しに従って組んでゆきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後クロス下地となる石膏ボード貼り、棚等造作工事を進めます。

20171215_133200

20171215_133107

 

工事完了

そして工事完了です。
左がBEFORE、右がAFTERです。

1

2

34

いかがでしたでしょうか?
マンションのリノベーションは用途を考慮し、変更する必要のない間仕切り壁位置や、住宅設備配置の大きな変更をしなければ、工事費用をグッと押さえることができます。
まずは「こんな空間にしたい」というご希望を、ぜひともお気軽にご相談ください。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部