マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

ハンバーガーメニュー アイコン

2018/2/28

【わが家のコンセプトを決めよう③】ホッと落ち着く、癒しのシーサイドカフェ風テイスト

【わが家のコンセプトを決めよう③】ホッと落ち着く、癒しのシーサイドカフェ風テイスト

こんにちは。ひかリノベ湘南の新木です。
前回に引き続き、コンセプトを決める際に参考にして頂けるよう人気スタイルをテイスト別に紹介していきます。

▲前回・前々回の記事はコチラ!

第三弾は、誰もが憧れる「カフェ風テイスト」に特に海辺の開放的な雰囲気を合わせた「シーサイドカフェ風テイスト」のご紹介です。

 

カフェ風テイストとは

 

誰もが一度は憧れる「カフェ風テイスト」。
ナチュラル、ヴィンテージ、インダストリアル、北欧など、一言で「カフェ風」といってもさまざまなテイストがあります。

カフェ風テイストを作るのに特にルールがあるわけではありませんが、心がけたいのはそれぞれのテイストのポイントを押さえつつ、温かみのある優しい空間にすることです。

カフェといえば落ち着いた雰囲気で居心地の良いものですよね。

ここで、皆さんがよく行くカフェを思い返してみましょう。
どんな内装で、どんな家具、どんな照明を使っていますか?
実はそこに皆さんが作りたい「カフェテイスト」のヒントが隠れているのではないでしょうか。

今回は数あるテイスト中から、海を感じるような「シーサイドテイスト」についてのご紹介をしていきたいと思います。

 

木の色+ホワイトの配色

 

カフェ風テイストを作る上で色使いはとても大切。
基本の組み合わせは、木とホワイトのナチュラルなコーディネートです。
自然のウッドカラーとホワイトで統一された空間は、心をリラックスさせてくれます。

また、「木の色」と一言でいっても、木材の色彩によって雰囲気は大きく異なります。
たとえば、ウォールナットカラーを使えば重厚感を感じさせる空間に。
一方、色素の薄いホワイトオークは優しい印象を与えてくれます。
このように木材の色によってイメージは変わりますので、ぜひお気に入りのスタイルを見つけておきましょう。

シーサイド風にする場合は、ホワイトや生成りに近い、ナチュラルな木の色がおすすめ。
「白い壁や床」は海辺の強い陽射しを反射して、熱を逃す効果があります。

家具や小物にも白を取り入れて、お部屋を明るくさわやかに。
そこにナチュラルな木の色彩をコーデすることで、ほっとする空間が生まれます。

気をつけたいのが、木の色のトーンがあまりにも違う家具などを複数並べてしまうこと。
ちぐはぐな印象を与えてしまうため、空間ごとにある程度統一するようにしていきましょう。

 

照明はペンダントライト、シーリングファンライトを取り入れる

 

カフェ風テイストはリラックスできる空間づくりがポイント。
リラックス感を演出するために欠かせないアイテムが照明です。
照明一つでお部屋の雰囲気はガラリと違って見えます。

ペンダントライト

ペンダントライトとは、吊り下げ式の照明のこと。……と一言でいっても、デザインや大きさはさまざま。
照明器具の中でも特に、幅広いテイストのものが揃っています。
デザイン性が高く個性的なものも多いので、インテリアにあったものが選べるのが嬉しいですね。

灯りとしての効果は、明るさを絞ることでお部屋のムードが作りやすく、雰囲気の変化が楽しめます。
また、リラックス効果も見込めるので、カフェ風テイストにぴったりです。

コードを長めにすると、ラフでおしゃれな印象になりますよ!

シーリングファンライト

シーサイド風にするなら、シーリングファンライトを取り入れるのもおすすめです。

シーリングファンライトとは、天井に取り付けるライト付きのファンのこと。
空気を循環する役目と、お部屋の照明、ダブルで便利なアイテムです。
とくに空気対流の少ないマンションでは、換気にもは効果的でおすすめですよ。

シーリングファンライトもデザインはたくさんありますが、シーサイド風にしたい場合は木目調がおすすめです。
また天井が木目調の場合は、ホワイトやブラックなどのシンプルなカラーにしておくとお部屋に統一感ができ、バランス良く見えます。

 

カウンターでカフェ空間を演出

 

コレがあると一気に部屋がカフェ風になるのが、キッチンカウンター!

カフェといえばカウンターがあるところが多いですよね。
キッチンとダイニングの間にちょっとしたカウンターを設けて、そこでコーヒーブレイク。なんて、一段とカフェらしいムードになりますね。

カウンターの天板にブルーのモザイクタイルをあしらってみると、ビーチ感がでますし、素敵なアクセントにもなります。
カウンターの下を収納や本棚にして、お気に入りのインテリア雑貨をディスプレイしてみてもいいですね。
多肉植物や海モチーフの小物をバランスよくコーディネートして、シーサイド風を強調してみると、よりリゾートらしいリラックス感が出せますよ。

 

鮮やかなブルーや海を連想する小物をプラス

 

白をベースカラーとした空間に色鮮やかなブルーのドアを配置したり、壁面を一部板壁にしたりと、空間にアクセントをつけるとニュアンスがでます。
こちらの写真は、ブルーに塗られたドアや、階段手すりの塗装がところどころはがれているところもまた、良い「味」になっていますね。
マリングッズも雰囲気がぴったり合っていて、なんともオシャレ。
そして深い「地中海のブルー」が、インパクトのあるアクセントになっています。

さらに低めのソファー、編地アイテム、ハンモック、流木やサーフボードなどを配置することで、より海を感じることができます。
このとき、ソファーは大型家具ですからアクセントカラーではなく、ベースとなるホワイトを選んだ方がバランスよくまとまります。

 

いかがでしたでしょうか。

街角にあるおしゃれカフェのような空間に憧れる人は少なくありません。
海沿いのリゾート気分を味わえるカフェはとくに人気です。
時間を忘れてゆったりとくつろぐ、癒しの時間を自宅でも過ごせたら素敵ですよね。

海辺の自由で開放的な雰囲気。そしてゆるやかに流れる時間を、ぜひシーサイドカフェ風テイストで取り入れてみてはいかがでしょうか?
「日常の中の、少しだけ特別な時間」を楽しんでいただけるデザインです!

 

海辺のムードを感じる、シーサイド風カフェテイストのまとめ方がわからないとお悩みの方は、ぜひこの記事を参考になさってみて下さいね。
プランニングのご相談はぜひ、ひかリノベまで! お待ちしております。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部