断熱リノベのススメ

断熱性能の優れた住まいは、夏涼しく、冬暖かく、いつも快適に過ごせるばかりでなく、ヒートショックやアトピー・アレルギー等の健康リスクの軽減、光熱費のコストダウン、建物の延命など、多くのメリットがあります。

一方で従来の日本の住まいは、夏場の風通しを中心に考えられており、断熱性能については充分な配慮がされてきませんでした。

暮らしと健康にやさしい断熱リノベ、いま考えてみませんか。

温熱環境への不満

ご存知ですか? 過半数の人が、自宅の
温熱環境に不満を持っています。

ご存知ですか? 過半数の人が、自宅の温熱環境に不満を持っています。

旭化成建材株式会社 快適空間研究所「住まいの温熱環境の実態と満足度」調査によると、「自宅の温熱環境に満足している」と答えた人の割合は45.9%。過半数の人が、自宅の温熱環境に何かしら不満を抱いている、という結果になりました。

海外の主要先進国(米国やドイツ・フランス等)、お隣の韓国・中国では、住宅の断熱性能・エネルギー性能について義務基準が設けられていますが、日本では未だ努力義務に留まっています。しかし、季節ごとの気候の変化が烈しいわが国こそ「高い断熱性能の住まいが必要だ」と、私たちひかリノベは考えています。

無断熱住宅4つのリスク

暑さ、寒さのリスク
健康リスク
結露、カビ
建物の劣化

断熱性能の優れた家は、空調に頼りすぎることなく暑さ寒さを防ぎ、快適な室温を保ちます。厚生労働省「人口動態統計」によると、この20年間で家庭内事故死は増加し続けており、その大きな原因となっているのがヒートショックです。

断熱性能の低い住宅は、冬場の暖房時の部屋間の温度差が大きく、ヒートショックを起こすリスクが高いといわれています。また窓や壁がつめたい外気の影響を受け、温度が下がると、結露が起きやすくなるリスクも。結露はカビの温床となりやすく、アトピーやアレルギーを誘発する可能性があります。さらに壁や天井裏・床下に、室内の温かく湿った空気が流れ込むと、内部結露が起きて柱や土台の腐食を招き、建物の強度が失われてしまう危険すらあるのです。

日本の住宅は約4割が無断熱

1979年に省エネ法が設けられて以来、現在までより厳しい水準へと改正が繰り返されてきましたが、この定めは一部を除いて努力義務であるために、既存住宅への適合割合はわずか61%。中古マンション・中古戸建て物件の4割以上が、無断熱の状態です。

だから、サーモ診断!

サーモ診断でわかること

01

断熱材の欠損調査

02

気密性能(隙間面積C値)測定

03

断熱性能(熱貫流率U値)測定

04

建物性能基準の適合度

05

光熱費シュミレーション

サーモ調査測定方法

断熱材の欠損調査

断熱材の欠損調査

気密性能測定

気密性能測定

断熱測定

断熱測定

温湿度測定

温湿度測定

赤外線サーモグラフィ等による機器を使用し、住まいの断熱・気密性能をデータ化。診断の結果をもとに、最適なリノベプランをご提案します。既存の住宅は、そのままでは気密性が不充分な場合が多いですが、リノベーション(リフォーム)によって、新築並みかそれ以上に、断熱性能・省エネ性能を高めることができます。