マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2017/11/17

【千葉県千葉市エリアS様邸リノベーションレポート⑤】S様ご一家がショールームに遊びに来て下さいました!

【千葉県千葉市エリアS様邸リノベーションレポート⑤】S様ご一家がショールームに遊びに来て下さいました!

こんにちは、ひかリノベ広報部です。

3月にリノベーションが完成されたS様ご一家がショールームに遊びに来て下さいました!
奥様の髪型が変わられていたり、ご長男・Rくんの背が大きくなっていたりと、8ヶ月間の「変化」が感じられるS様ご一家。
新しいお部屋の住み心地や入居後に揃えられたインテリアなど、S様ご一家の「その後のお話」を伺ってみました。

 

1.コーディネーター三好と、二人三脚のお住み替え

今からちょうど1年前にお部屋探しを始められたS様。
遠方からのお住み替えで(当時は東北にお住まいでした)物件内覧やお打ち合せも、頻繁に足を運んでいただくのは難しい状況でした。

「本当は毎日でも来たかったけれど……」と旦那様。
「タイトなスケジュールの中でも前向きに住み替えを進められたのは、三好さんのきめ細かな対応のおかげ」と奥様。

「ご出張の折に寄っていただいたこともありましたね。お時間が限られている中大変だったかと思いますが、そう仰っていただけると嬉しいです」と三好コーディネーター、ちょっぴり照れながらもニッコリ。感無量の表情です。

 

2.その後、新居での生活は……

そんなS様ご夫妻が選ばれた物件は、千葉市の中古マンション。
実はご夫婦そろって千葉ロッテマリーンズのファンだそうで、休日は自転車でスタジアムに出かけ、野球観戦を楽しまれているそうです。

「いくつか見て回ったけど、けっきょく最初に内覧した物件に戻って来たんですよね」と旦那様。
リビングの大きな窓から日の光がたっぷり射し込むことと、寝室の窓を開けると風が通り抜けることが購入の決め手になりました。

view

リビングの窓からは敷地内の緑地が見えます。
緑地にはブランコや滑り台といった遊具もあり、Rくんの遊び場にもってこい!

「最近、うちと同い年のお子さんがいるご家庭が越してこられたんですよ」と奥様。
子育て中のご家庭にとって、同世代のご家庭が近くに住まわれていると何かと心強いですものね。
Rくん、仲よしになれるといいですね!

DSC07210

ショールームのハンモックがお気に入りのRくん。勢いよく飛び乗って大はしゃぎ!

 

3.インテリアを買い足して

「お部屋の住み心地はいかがですか?」と塚越デザイナー。

「とっても快適です! 宅配便の配達の方が来るとビックリされるんですよ。オシャレなお家だって」
ご夫妻はそう仰って、笑顔で顔を見合わせました。

「食を中心に家族がつながる暮らし」をテーマに、細部までこだわってデザインしたお家。
学生時代、建築の勉強をしていらした奥様が、理想のレイアウトをスケッチに起こし、それをもとにプラン作りを進めていった、という経緯があります。
とくに奥様こだわりのキッチンには、無垢材のカウンターに合わせて木とアイアンの椅子をコーディネート。外国のカフェのような空間に仕上がっています。

LDK

「あれからソファも買い足しました。ダイニングに合わせて、アイアンの脚のソファです」
そう語る奥様の表情はイキイキとしていて、新しいお部屋での生活を楽しんでいらっしゃる様子が伝わってきます。

ご入居から8ヶ月。これからもっとインテリアや家具を買い足したり、模様替えをしたりと、時が経つにつれてお部屋のすがたも変わっていくのでしょう。
その積み重ねこそが『好きな街。好きな暮らし。』ということなのかもしれない、と感じた午後のひと時でした。

 

最後に、三好コーディネーター・塚越デザイナーと記念のお写真をパチリ。

DSC07206

バックの写真は、施工事例としてご紹介させて頂いているS様のお部屋です。
帰りしな、後ろを振り返られたご夫婦の、感慨深そうな表情が印象的でした。

S様、素敵なひと時をありがとうございました!
ぜひ、また遊びにいらして下さいね!

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

錦織(功)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部