マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2017/10/3

【中央区・港区エリアH様邸リノベーションレポート④】夏は涼しく・冬は暖かく!断熱工事で快適生活

【中央区・港区エリアH様邸リノベーションレポート④】夏は涼しく・冬は暖かく!断熱工事で快適生活

皆さまこんにちは、施工管理・毛利です。この頃朝晩は肌寒いくらいになってきましたが、皆さまお元気でしょうか?

今回もまた、とても眺めの良いH様邸の断熱工事についてお話ししようと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

1.遮熱と断熱のちがい

「遮熱」や「断熱」という言葉をよく聞きますが、皆さま遮熱と断熱の違いはご存知でしょうか?

遮熱は壁の表面から室内に熱が伝わらないようにする。日傘みたいなものです。
断熱は壁の内部への熱の伝わりを小さくする役割があります。

光を通す窓などには遮熱が必要で2重サッシ等が必要になり、光を通さない不透明な壁では断熱が必要になってきます。
床・壁・天井では、冬に熱を逃がさないための断熱が、夏には熱を入れないための遮熱としても効果を発揮します。
今回は、壁の断熱工事の模様をご紹介します!

 

2.吹き付け断熱工事の施工

今回はリノベでは珍しい、新築時と同じような吹き付け断熱工事をやりました。
吹き付け断熱工事とは、液状の断熱材をスプレーのように壁に吹き付けていく工法です。

Construction1

Construction2

もとの壁にも断熱材は吹かれていましたが、今回はさらに断熱材を重ねることで性能をアップします。まずは壁廻りに断熱材の支えとなる木軸を建て、コンセントBOXを取り付けていきます。

木軸はコンクリートに釘で固定するのですが、とても高強度のコンクリートなのか釘がなかなか入らず、何本折れたかわからないくらいでした。そのため日数が予定よりかかりましたが、大工さんが頑張ってくれました。

solvent1

solvent2

トラックのドラム缶に入っている溶剤が断熱材です。灰色の缶と赤色の缶に入っている2液を混ぜて、先ほどの壁に吹き付けていきます。

このやり方には高さの限界があり、地上のトラックから届く範囲(6階くらいまで)でないと施工できません。

Piping1

写真のような感じで配管しました(矢印の先に管が見えますか?)

このように大がかりな工事ですから、ちゃんと管理センターの承諾をいただかないと怒られてしまいます。今回は工事の2週間前に承諾をいただきました。

Construction3

まず、吹き付けの前に、木軸の表面には断熱材を付けたくないので、特殊な剥離剤を塗っていきます。

その後は吹き付けるだけですが、今回は緑の壁がピンク色に変化していきました。

Construction4

Construction5

Construction7

Construction8

この通り、部屋いっぱいピンク色に!

 

3.作業を終えて……

作業に夢中になっていたので、吹き付けが終わってしばらく気が付かなかったのですが、やはり部屋の中に入るとクーラーなしでも少し涼しいです(と言いましても、作業は夏でしたので、大工さんも私もすでに汗だくだったのですが……)

そして、音に関しても、大工工事の音が外にあまり聞こえなくなりました。
厚さ30mmくらい吹き付けていますので、多少の防音効果もあるようです。

 

さて、これで断熱は終わりましたが、H様邸は遮熱の二重サッシも取り付ける予定です。そちらの模様はまた次回、お楽しみに。。。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵 正崇

コーディネーター

三好 海斗

コーディネーター

藤井 俊助

施工管理

毛利 一元

施工管理

目黒 千雅

設計

多田 まい子

設計

藤井 奈緒美

設計

大宮 良明

設計

吉本 早央里

設計

広報部