マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2017/9/5

【小金井市、国分寺市エリアT様邸リノベーションレポート④】風は通して、虫は入れない!オーダー網戸

【小金井市、国分寺市エリアT様邸リノベーションレポート④】風は通して、虫は入れない!オーダー網戸

皆さんこんにちは。設計の高橋です。
今回はT様邸設計プランから、網戸とロールスクリーン施工をご紹介いたします。

 

窓を開けて換気したいのに・・

T様邸は角部屋で窓が複数あります。
窓を開けておけば、バルコニーから玄関まで通風が良く、部屋の換気に抜群です。
しかし、窓を開放すると虫が入ってくる事が心配ですよね。

IMG_4388
▲WIC(ウォークインクローゼット)内の勝手口ドア。

こちらの勝手口は高さも幅もあり、通風・採光には最適です。

しかし開放すると虫が入ってきてしまう…

そこで、勝手口ドアに網戸を設置します。
アコーディオン式の横にスライドするタイプです。

図1
▲ドアサイズに合わせて特注できます。

このオーダー網戸、なんと上部にドアクローザーがあっても対応可能な優れもの。

 

※ドアクローザーとは…
ドアをスムーズに、安全な速さで閉めるための装置。ドアの上部に付いています。

Image (30)
▲写真中央の、ドアに付いている黒い装置です。

今回施工した網戸はドアクローザーより内側に設置するかたちになっているので、ドアの開閉にも支障がありません。

 

玄関横の腰高窓(腰くらいの高さにある小さめの窓)にも、勝手口と同じアコーディオン式網戸を施工します。
これで風が通り抜けるようになり、室内の換気性能が上がりますね。

IMG_4450
▲こちらも窓サイズに合わせた特注品。

 

ロールスクリーン施工

出窓や勝手口ドア、トップライトには、日除けとしてロールスクリーンを施工しました。

窓の場所によってカーテンとロールスクリーンを併用すれば、お部屋がメリハリのある空間になりますね。

カーテンは開放すると左右に束が見えますが、ロールスクリーンは全開すれば上部にコンパクトに収納されるので、スッキリした空間を演出できます。そのため、窓まわりにボリュームを出したくないところにオススメです。

また、ウォッシャブル生地を選べば、生地を外して洗濯することも可能です。

IMG_4405
▲WIC(ウォークインクローゼット)の勝手口ドアは、網戸とのコラボレーションです。
ご覧のとおり、網戸と重なってもスムーズに開閉できます!

IMG_4403
▲WICの洋服が日焼けしないようにUVカット率の高い生地を使用しています。

DSC04893
▲出窓にもロールスクリーンを施工。

DSC04892
▲このように、開放した時に上部の巻き取りメカに収まるので、カーテンよりスッキリしますね。

DSC04804
▲トップライト(天窓)には、光を通して熱を遮る遮熱性の生地を使用しました。
これで窓の下だけ熱くなってしまうことなく、やわらかな光を取り込むことができます。

 

以上、今回は網戸の設置、ロールスクリーン施工の事例を紹介いたしました。
窓から風や光をどのように取り込むかは、過ごしやすいお部屋造りにおいてとても重要な要素です。オーダー網戸とロールスクリーンを取り入れて、窓まわりをスッキリと演出しながら、上手に風と光をお部屋に取り込んでみてはいかがでしょう? 今回ご紹介した事例が、皆さまのリノベーションの参考になれば幸いです。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

服部 正仁

コーディネーター

今淵 正崇

コーディネーター

三好 海斗

コーディネーター

坂田 皓基

コーディネーター

香月 祐

コーディネーター

田中 寿樹

施工管理

齋藤 敦

施工管理

藤井 俊助

施工管理

毛利 一元

施工管理

高橋 冬

設計

目黒 千雅

設計

松原 麻央

設計

塚越 正子

設計

多田 まい子

設計

藤井 奈緒美

設計

広報部