マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2015/4/25

壁の向こう側

壁の向こう側

ひかリノベ広報部です。
3月から、浦安のマンションでリノベーション工事を行っています。

天井や壁を作る段階なのですが、皆様が普段見ることの無い部分
ですのでちょっと写真でご紹介しようと思います。

 

IMG_0282

↑ 雑排水管です。

普段は柱や厚い壁の中に隠れているので見ることは出来ません。

天井から床下まで突き抜けているのですが、上の階から一階まで
貫通しています。
キッチンや浴室・洗面台・洗濯機からの排水を集めて流れていき
ますので、通常、キッチンや洗面室の近くにあります。

IMG_0285

↑ キッチンのダクトです。

これも普段は天井裏や梁に隠れている部分です。
キッチンの換気扇で吸った空気を外に放出する管で、
内部は直径15センチもある一番太い管です。

皆様のお宅ではキッチンの天井が一番低くくはない
ですか?理由はこの太いダクトを天井裏に通す必要
があるからです。

ちなみに、浴室やトイレなどについている換気扇の
ダクトは通常太さ10センチになります。こちらもやはり
天井裏を通って外に出ますので、洗面所や通り道の
廊下あたりの天井も低く作ってあることが多いです。

両方の写真とも、配管が柱に囲まれていますが、この後、
石膏ボードという板材で塞がれてしまい、壁紙を貼られたり
ペンキを塗られたりして、もうお目にかかることが出来なくな
ります。

そろそろ天井や壁が出来上がってきましたので、内装工事
の準備を始めています。

実は、先程の排水管を囲う柱はこのお部屋のアクセントに
なるように設計しています。どの様に仕上がるのか、また
写真でご報告します。

ではまた・・・

 

 

 

 

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部