マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2017/4/18

和室をリノベーション!ひろびろリビングに変更

和室をリノベーション!ひろびろリビングに変更

こんにちは! ひかリノベ施工担当・藤井です。
今回はリノベーション工事の中でもリクエストの多い、和室をリビングにリノベーションする事例をご紹介します!

1.押入れをクローゼットに

下は施工前の写真です。
いわゆる普通の和室です。
マンションの和室の場合、壁はクロスで仕上げてある事が多いです。

押入れは天袋付きです。
和室から洋室にリノベーションする場合、押入はクローゼットに変更になる事が多いです。

解体後はこの様になります。
押入れからクローゼットにリノベーションすると奥行の広いクローゼットになります。

和室押入れから洋室クローゼットに変更すると、高さや奥行きがデッドスペースになりやすいです。
そこで、押入のサイズに合わせてこのような≪枕棚≫を設置します。


▲クローゼット上部を仕切っているのが≪枕棚≫。その下のパイプに洋服を吊り下げます。

マンションリノベーションを考える際のお悩みの中でも常に上位にある“収納が少ない”…
和室の押入れは収納力たっぷりですから、このようにうまく活用することでバッチリ解決できます!

 

2.天井・床を洋室仕様に

次に天井を見上げてみましょう!
いわゆる“ラミ天と呼ばれる天井です。

ラミネート天井とは…
木材(合板)の表面に特殊加工(ラミネート)を施した木目調の紙を貼り、和室天井材として用います。
略して「ラミ天」と呼ばれています。

解体するとコンクリートスラブがみえます!

続いて畳です。
畳をはがすとネダフォームと呼ばれる断熱材が敷いてありました。

ネダフォームとは…
発泡ポリスチレン製の床下地材。
断熱性に優れています。

ネダフォームを解体して、既存床と高さを合わせていきます。
その上に重ね張り専用フローリングを張っていきます。
ひかリノベで使用しているのは、朝日ウッドテック ライブナチュラルスーパー6です。

張り上りがきれいなフローリングになります。

▼このように、リビングの一角だけフローリングを張らずに畳を埋め込み、≪畳スペース≫とする事も可能です!!

いかがでしたでしょうか?
和室を洋室にリノベーションする参考になったでしょうか?
ご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください!

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵 正崇

コーディネーター

三好 海斗

コーディネーター

藤井 俊助

施工管理

毛利 一元

施工管理

目黒 千雅

設計

多田 まい子

設計

藤井 奈緒美

設計

大宮 良明

設計

広報部