マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2020/4/7

物件見学の件数は何件がベスト?

物件見学の件数は何件がベスト?

こんにちは。ひかリノベ・コーディネーターの林です。

お客様からのご質問でよく聞かれるのは、「皆さん物件を決めるまでどのくらの数の物件を内見しているのですか?」ということです。

物件を決めるには物件を見てからご決断される方が大半かと思います。
オーナーチェンジ(投資用)物件等ではない限りほぼ当たり前ですよね。

では、物件を決めるまでには何件見れば良いのか?
これだけで決めてしまっていいのだろうか……と不安を抱かれる方は少なくないようです。

 

物件は何件見に行けば良い?

こちらについては正解はないかと思います。
というのも、1件、もしくは2~3件のご見学にて購入される方も、10件見てもなかなか良い物件の巡り合わせにならない方もいらっしゃるためです。

私がご担当させて頂くお客様は、前者の「1件もしくは2~3件のご見学にてご購入に進む方」が多くいらっしゃいます。

ここでお話をしたいのが、物件購入は見学数ではなく、見学前の事前準備が非常に大事ということなのです。

何が何でもまずは物件を見なくては。。。と思われる方も確かにいらっしゃいます。
しかしながら、ご希望条件の整理や資金計画など、事前準備が不充分なまま、物件見学を先行していくことにより、「求めているものがどんな物件か?」が手探りの状態で見学に向かうことになってしまいます。

お住まいのご購入については、様々な角度からのご検討も必要となります。
エリア・広さ・ご予算・築年数・資産価値・リノベーションイメージ・住宅ローン・購入時期・新築/中古の比較・戸建/マンションの比較、その他たくさんの検討事項があります。

そこで私は物件見学ももちろん大事ですが、それ以上に、まずは事前準備をファーストステップとしてお考え頂くようお勧めしております。

具体的には、個別相談にて各種資料をご覧頂きながら、ご希望条件のヒアリング、資金計画シミュレーションやエリアの相場感、上記の検討事項について……じっくりとお打ち合わせをさせて頂いております。
これらを丁寧にすすめていくことで、「求めている物件がどんなものか?」が具体化していきます。

具体化したご希望条件を整理することで、あとはそこにフィットする物件が出てくれば、購入するかどうするか? 決断もしやすくなります。
いざ物件が出てきたときに「すぐ動き出せる状況」にしておくというのがポイントです。

現時点にて想い描いている、理想のお住まい計画についてまずはご相談くださいませ。お待ちしております。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部