マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

ハンバーガーメニュー アイコン

2020/1/30

年金問題から考えるマイホーム購入(1)

年金問題から考えるマイホーム購入(1)

こんにちは。ひかリノベコーディネーター 香月です。

前回は、住まいとストレスの関係についてのお話でした。

今回は、「年金問題」について、住まいとの関わりから考えてみたいと思います。
年金は将来のライフプランに深く関わるものですから、長期的な資金計画が必要なマイホーム購入にを考える際にも、当然無視することはできません。

 ぼんやりとした不安

突然ですが、、、みなさんは、将来への不安を感じますか?

日本労働組合総連合会(連合)の行った日本の社会と労働組合に関する調査によると、約80%の人が将来に不安を感じている、という調査結果となりました。

「年金問題」という言葉をよく見聞きすると思いますが、具体的に、本質的に、問題の全容を理解している方は、案外少ないのではないでしょうか。
日本の義務教育では、年金についてくわしく勉強することはありませんので、多くの方が「いくらもらえるのかはよく分からないけど60歳になったらもらえるんだろうな」程度の認識でいたのではないかと思います。
かく言う私も、数年前まではそのような認識しかありませんでした。

しかし、「年金問題」という言葉が大きく扱われるようになった昨今、漠然とした不安を抱かれている方が多いのではないか、と思います。
(昨年は老後2,000万円不足問題が大きな話題となりましたね……)

年金制度の概要と現状

さて、まずは前提知識として、年金制度の概要からおさらいしてみたいと思います。

年金制度がスタートしたのは、1961年。
ドイツの年金制度をモデルとされ、年金受給年齢は55歳でした。
そこから1985年に大きく法改正が行われ、現在の年金制度が確立されました。
同時に、受給年齢を段階的に引き上げることとなります。1994年、2000年の改定により、2025年までに段階的に65歳に引き上げられることが決まりました。

ここで一つ認識しなければならないのは、、、
たとえば5年間年金がもらえないとすると、1,000万円以上もの額がもらえなくなってしまう、ということです。

しかし実際に受給年齢の引き上げが決まった当時、日本ではさして大きな問題にならず、気が付いたら65歳が当たり前……となっていたように思います。
日本では年金を勉強する機会も無いわけですし、国民性もあるのでしょうか、みんなそうだし仕方がないよね。といった具合でしょうか。。。

そんな中、少しずつ年金制度は変化し続けます。
少子高齢化の影響により、年々受給額は減り、逆に支払う保険料は年々上がっています。

年金受給年齢が70歳となる日も、遠くはないかもしれません。

実際、日本がモデルとしたドイツでは既に67歳に引き上げられていますし、2019年に行われた財政検証(日本の年金制度を5年に一度検証するもの)では、67歳ということも示唆されています。

段階的に67歳、70歳等と引き上げられていく可能性は、決して非現実な想像ではありません。

年金制度それ自体が無くなることは考えにくいですが、今後更に高齢化が進む中で、私たちが実際に年金を受給できる歳になったときには、いったいいくらの年金がもらえるのでしょうか……。

「年金で悠々自適」はあり得ない

コツコツと働いて貯蓄をし、マイホームを購入して、退職金で完済。その後は年金でのんびり暮らす。
そんなシナリオは「私たちの世代には望むことが出来ない」ということを、まずは認識しなければなりません。

そう考えた時に、資産を上手に運用し、老後の資金を確保することの重要性が増してきます。
ここで一つ考えたいのが、家賃という掛け捨ての住居費の無駄について、です。

今の賃貸に支払っている家賃を一早くマイホームに充て、現役の間に完済する。
マイホーム購入がライフプランの核となり、将来への備えとなる。「自宅投資」という考え方です。

(次回に続く……)

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部