マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2018/4/17

【港区・品川区エリアY様邸リノベーションレポート②】ローテーブルをダイニングテーブルにリペア製作 

【港区・品川区エリアY様邸リノベーションレポート②】ローテーブルをダイニングテーブルにリペア製作 

皆さんこんにちは。設計の高橋です。

本日は、想い出の家具のリペア製作の設計・施工の模様をご紹介いたします。

 

コルビジェの「LC10」

Y様が愛用していたコルビジェの「LC10」というローテーブル。
でも、最近は部屋の隅に追いやられ、廃棄するかどうか迷っていたところでした。
コルビジェ家具を廃棄するなんてもったいない! ダイニングテーブルに変身させて、まだまだ活躍してもらいましょう!

IMG_2521
▲ちょっとした荷物置きにされているコルビジェのローテーブル

 

家具メーカーとのコラボ設計

家具にはデザイン性はもちろんですが、耐久性や安全性が求められます。
それらを熟知している家具メーカーとコラボして、テーブルのリペア製作がスタートしました。
特徴的な厚みあるガラス天板はそのまま使用し、脚部分を造作する計画となりました。

 

こだわったのはオリジナルデザインとコルビジェ感

デザインテーマは「コルビジェ感を失わず、且つオリジナル感を出すこと」。
脚の素材は、LC10と同じくスチール製に。幅と奥行を異なったサイズにすることで、形状に立体感をプラスします。
スチール表面は手垢のつきにくいヘアライン仕上げ。

4A2A5020
▲スチール製ヘアライン仕上げの脚

IMG_5571
▲骨組みだけの状態

さらにこだわったのは、LC10の一番の特徴でもある厚さ1.5cmもあるガラス天板。
このガラス天板の存在感を失わないよう、短手側のみ落とし込み型とし、長手側はガラスの小口を見せる形状としました。

IMG_5652
▲短手側は落とし込み、長手側は小口を見せて

IMG_5674
▲ガラスの厚さは1.5cm

 

ローテーブルがダイニングテーブルに変身

4A2A5004

こうしてコルビジェのローテーブルがオリジナルダイニングテーブルに生まれ変わりました!
コルビジェ感を失わず、且つオリジナル感をプラスしたデザイン。
家具メーカーとの共同設計で、耐久性や安全性も充分満たしています。

4A2A5016

買い換えることは簡単ですが、思い入れのある家具はずっと使い続けたいですよね。
Y様が長年愛用して来た想い出のテーブルが、形を変えてこの先何十年も使われていく……。そう思うと感慨深いですね。

今回は『家具のリペア製作』の施工事例を紹介いたしました。
皆さまも「想い出の家具を新居に合った形で活用したい!」と思われたなら、どうぞお気軽にご相談ください。
より良い形で活かす方法をいっしょに考えていきましょう!

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

錦織(功)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部