コンセプトCONCEPT

家に寄り添う。人に寄り添う。

家に寄り添う。人に寄り添う。

ひかリノベはハウスメンテナンス事業から誕生したフルリノベブランドです。お客様の暮らしの要望を叶えるため、また古くなった住宅の安全を充分に確保するために、辿り着いたこたえが『フルスケルトンリノベーション』でした。

フルスケルトンだから叶う「好きな暮らし」。

見た目も中身もまるっとリノベ。

マンションスケルトンリノベ

壁を全て壊し、完全に空っぽの状態(スケルトン状態)に戻します。まっさらな箱から、間取りや内装・設備、すべてあなた好みの空間へ。もちろん配管など見えない部分も新しく。

フルスケルトンだから叶う「好きな暮らし」。

戸建てフルリノベ

外壁と柱・梁といった主要構造部を残し、内部の壁・床・天井を解体。間取りや内装・設備を刷新するとともに、経年による傷み、耐震・断熱といった基本性能の不足を改修します。

  • ワンストップリノベとは?ワンストップリノベとは?
  • 施工実績について施工実績について
  • 工事の品質検査について工事の品質検査について
  • 保証について保証について
  • ローン・資金計画についてローン・資金計画について

施工事例WORKS

施工事例

サービスSERVICE

ご自宅のリノベーションをお考えの方

住んでるお家のフルリノベ

自宅のリノベーション

住み慣れたご自宅のリノベーションをお考えの方はこちら。設計・施工から工事中の仮住まいの手配まで、ワンストップでおまかせいただけます。

リノベシミュレーターリノベシミュレーター

物件購入からお考えの方

中古を買ってフルリノベ

中古を買ってリノベーション

中古マンション/中古戸建物件を買ってリノベーションをお考えの方に。物件探しから設計・施工まで、ワンストップでおまかせいただけます。

新築を買ってプチリノベ

新築を買ってプチリノベ

新築(建売)の購入をお考えの方に。物件の紹介だけにとどまらず、カーポートやテラスなど、新生活に必要な設備を併せてご提案します。

物件を探す物件を探す

ショールーム/オフィスSHOWROOM / OFFICE

ショールーム

  • 両国
  • 湘南
  • 横浜

オフィス

  • 市川
  • 所沢
  • 横浜
  • 溝の口
スタイル
ナチュラル/無垢フローリング/塗装壁
アクセス
JR総武線両国駅徒歩1分
スタイル
西海岸風/羽目板/タイル壁
アクセス
JR東海道本線平塚駅徒歩5分
スタイル
ヴィンテージ/古材/腰張り
アクセス
グリーンライン都筑ふれあいの丘駅徒歩11分
スタイル
相談室のみ
アクセス
大野中央病院近く
スタイル
相談室のみ
アクセス
市立宮前小学校近く
スタイル
相談室のみ
アクセス
みなとみらい線日本大通駅徒歩2分
スタイル
nokutica(築90年の診療所を再生)
アクセス
東急田園都市線溝の口駅徒歩2分

リモート見学実施中

自宅からお軽にご相談いただけるよう「リモート見学」も実施しております。お手持ちのスマートフォンやパソコンを使ってオンラインで見学・ご相談いただけます。

平塚地域情報

平塚の魅力とは?

  

湘南エリアに属する海沿いの街

  

海沿いの街平塚市。少し足を伸ばせば湘南の海を堪能できます。そのため、夏はサーファーたちや海好きな人たちでにぎわいます。
市内にはチェーン店だけではなく、素敵な個人経営のお店も多く存在するのも魅力の一つです。

  

ひらつかビーチパーク

自然はもちろん、商業施設も充実

平塚の魅力は、街の賑やかさ・自然の豊かさを両方享受できるところです。
平塚駅周辺は、生活必需品などを揃えた駅ビル「ラスカ平塚」や大型ショッピングモール「ららぽーと湘南平塚」などの商業施設が建ち並び、賑やかです。駅近くでは買い物に困ることはないでしょう。

駅から離れれば、湘南海岸、相模川や金目川(かなめがわ)、高麗山(こまやま)などの自然に囲まれ、ゆったりとした雰囲気が味わえます。

平塚の風景

平塚の住みやすさは?

地理

平塚市は神奈川県のほぼ中央に位置する町です。
南は相模湾に面し、国道1号線、JR東海道本線が横断しています。

西側に金目川、東側には相模川が流れ、二つの川の間は平野、下流域には市街地が広がっています。
金目川より西は大磯丘陵地帯の一部で緑が多く、高麗山や湘南平などの自然が感じられます。天気が良ければ、富士山や箱根連山も遠望できるでしょう。

平塚地理

気候

平塚市の年間平均降水量は1538.3mmです。東京の平均は1010.9mmなので、東京と比較するとやや雨の多い地域と言えるでしょう。

※参考:気象庁 平年値(年・月ごとの値)

治安

平塚の犯罪認知件数は1,598件(平成30年)、犯罪発生率は0.62%です。(同年の全国平均は0.65%)

駅の北側はパチンコ店や居酒屋などがある繁華街です。駅前を抜け住宅地に出れば、落ち着いた雰囲気となります。
一方南口側は北口より飲み屋が少なく、閑静な住宅街が広がっており静かな印象です。

※参考:神奈川県平塚警察署 事件統計 警察庁 令和元年警察白書 統計資料

交通

平塚市内にある駅は、JR東海道線の平塚駅のみになります。
JR東海道線、東海道線直通運転の湘南新宿ライン・上野東京ラインが停車します。

横浜駅には約30分、東京駅には約1時間で乗り換えなしでアクセス可能です。(Yahoo!路線情報調べ)
平塚駅始発の列車もあるので、通勤時間帯でも1本待てば高確率で座ることができます。

平塚駅にはJR東海道線しか通っていないので、電車の遅延が発生すると車やバスを使わない限り迂回ルートがありません。電車を利用する際は、遅延がないか運行状況を確認するなどの注意が必要です。

また、市内には神奈川中央交通の路線バスが通っています。平塚市の中央付近に位置する入野や東真土や中原などの駅から離れた場所にも、平塚駅からバスでアクセスできます。

雰囲気

平塚は賑やかな場所と落ち着いた雰囲気の場所が混在しています。
平塚駅の北口周辺は商店街や大型商業施設、繁華街があり賑やかです。駅を抜ければ閑静な住宅街が広がります。

南口は店も少なく、落ち着いた雰囲気です。
駅から約20分歩くと、湘南海岸に着きます。海岸沿いに整備されたウッドデッキがあり、海を見ながらゆったりと散歩ができます。

海岸近くには湘南海岸公園があるので、お弁当を持ってピクニックなどもおすすめです。

平塚の歴史

旧横浜ゴム平塚製造所記念館

明治38年、日露戦争時に使用していた火薬は、英国からの輸入に依存したものでした。戦後、火薬の国産化の必要性を訴える声が海軍内部から上がり、明治38年、「日本火薬製造株式会社」が英国3社と日本海軍の合弁会社として設立。

平塚は原材料と製品の輸送に利便性がよい地であったことや、軍都である平塚が近いことなどを理由に、火薬製造所の建設場所として選ばれたのです。

大正8年に日本海軍が施設を買収し、火薬廠(かやくしょう。火薬工場のこと)を発足させましたが、昭和20年戦後に廃廠となり使命を終えます。

戦後は横浜ゴム株式会社に払い下げられ、会社の応接室や会議室として使用されました。現在はゴム株式会社から平塚市に無償で贈与され、現在は県内では数少ない明治時代の洋風建造物となっています。建物内は無料で見学でき、当時の洋館の雰囲気をじ歴史を学ぶことができます。

旧横浜ゴム平塚製造所記念館

空襲を受けた町~平塚空襲~

平塚には、海軍省直属の兵器工場などの軍需工場が多くあったためか(諸説あり)、1945年7月16~17日に空襲の標的となりました。

被害は現在の平塚地域のみならず、小田原市・茅ケ崎市・大磯町・二宮町と広域にわたりました。一夜の投弾数は、八王子空襲に次いで2番目の多さともいわれています。

戦争により多大な被害を受けた平塚市は、戦後、戦災復興都市に指定されました。昭和42年まで戦災復興土地区画整理事業により駅前広場などの整備を進め、現在の街並みが形成されていったのです。

※参考:総務省 平塚市における戦災の状況(神奈川県)

平塚の街づくり

  

ひらつか海岸エリア魅力アップチャレンジ

平塚市では、行政総合計画の重点施策として「選ばれるまち、住み続けられるまち」を目指し、市民に愛されるまちづくりを進めています。
まちづくりの一環として、平成28年には平塚海岸エリアのまちづくりの方向性が「ひらつか海岸エリア魅力アップチャレンジ」として策定されました。

海岸エリアを「湘南海岸公園」
「龍城ケ丘(りゅうじょうがおか)プール跡地」
「ビーチパーク」
「漁港周辺」
「なぎさプロムナード」
の5つのエリアに分け、各コンセプトのもと現在も魅力あるまちづくりに努めています。

現在にいたるまでの、平塚市の主な取り組みは以下です。

・湘南海岸公園:地元の商店を中心とした青空マーケット「SunSunマルシェ」の継続開催に向けた手続き面での協力、プールの運営管理
・龍城ケ丘プール跡地:民間事業者のアイディアと資金を活用する「Park-PFI制度」による公園の整備を行うことの決定
・ビーチパーク:津波避難所建設中(工期:令和2年8月31日まで予定
・漁港周辺:コンセプトに「楽しい、おいしい港町」をかかげ、地引網や魚釣りが体験できる「ひらつかタマ三郎漁港まつり」をはじめとする様々なイベントの実施
・なぎさプロムナード:なぎさプロナードの歩道を会場に、さまざまな市内の人気店が集結し、おそろいのパラソルの下で出店するマルシェイベント「ひらつかパラダイス」の開催

※参考:平塚市役所「ひらつか海岸エリア魅力アップチャレンジ」

平塚の代表的な景観「平塚八景」

平塚八景とは、平塚市が市制50周年を記念して市民の推薦をもとに制定した、平塚の8つの代表的な景色・景観のことです。

「湘南平」「金目川と観音堂」「七国峠・遠藤原」「霜降りの滝・松岩寺」「森の前鳥(さきとり)神社」「八幡(はちまん)山公園」「湘南潮来(いたこ)」「平塚砂丘の夕映え」の8つがスポットとなっています。

なかでも、高麗山公園の一部に属する「湘南平」は、頂上から海岸沿いの街並みや丹沢連山など美しい風景が360度パノラマで見渡せます。公園内にはレストランや願いを込めた南京錠を金網にかけられる願掛けスポットもあり、家族連れやカップルに人気です。

※参考:平塚市役所 湘南八景

平塚八景

平塚特産品

平塚の特産品は全部で8種類あります。その中でも今回は人気の高い2つをご紹介します。

平塚いちご

平塚のいちごの生産は昭和初期から始まり、神奈川県内でも早くから栽培を始めました。品種や栽培方法を変えながら高品質ないちごを作り続け、現在では「とちおとめ」や「やよいひめ」「紅ほっぺ」など様々な品種を栽培しています。

平塚市内の多くのいちご生産者で運営されているJA湘南いちご部会では、化学合成された農薬と化学肥料の使用量を減らすなど、環境に配慮した栽培方法を目指しています。

市内には多くのいちごの直売所があり、新鮮ないちごを食べることができます。1~5月にはいちご狩りが観光客にも人気です。

いちご狩り画像

平塚バラ

平塚では昭和30年代からバラを栽培しており、生産量は日本でもトップクラスです。平塚はバラの町として駅前、市役所庁舎前などさまざまな場所にバラが植えられ、町を彩っています。

ららぽーと湘南平塚近くにある「平塚市総合公園」には、約100種類のバラが約800株植えられており、地元の人々に人気のスポットです。
花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」にあるバラ園では、約1,300種類の美しいバラを見ることができます。

※参考:湘南ひらつか名産品・特産品

旧横浜ゴム平塚製造所記念館とバラの画像

平塚のおすすめイベント

湘南ひらつか七夕まつり

湘南ひらつか七夕まつりは関東最大級の規模で、「日本3大七夕まつり」の1つです。戦時中「平塚大空襲」で被害を受けた平塚の戦後商業復興策として、1951年からはじまりました。

特徴は大型の七夕飾りで、メイン会場の「湘南スターモール」を中心に、豪華絢爛な七夕飾りが市内に飾られます。
まつり期間中に、は七夕飾りコンクールやパレードなどイベントが盛りだくさんです。毎年多くの観光客でにぎわい、2019年には3日間でのべ155万人もの観光客が来場しました。

※参考:湘南ひらつか七夕まつり

湘南ひらつか七夕まつり

湘南ひらつか花火大会

湘南ひらつか花火大会は、毎年相模川河口で約3000発の花火が打ち上げられる花火大会です。

豪華スターマインのほか、来場者の願いを込めただるま型の花火「願かけ花火」、音楽付き花火など個性的な花火も多数あり、湘南海岸から鑑賞できます。

沖合から打ち上げられる花火は圧巻で、2018年には12万人もの人が来場しました。

お問い合わせCONTACT

  • 0120-818-250 営業時間:10:00~18:00 (水曜定休)
  • カンタン入力!無料で資料請求!
  • オンライン相談
資料請求 オンライン相談