ハンバーガーメニュー アイコン

藤沢のリノベーション・リフォームならひかリノベ|中古マンション・中古戸建の購入から設計・施工までおまかせ | ひかリノベ|中古を買ってリノベーション藤沢のリノベーション・リフォームならひかリノベ|中古マンション・中古戸建の購入から設計・施工までおまかせ | ひかリノベ|中古を買ってリノベーション

好きな町。好きな暮らし。

駅チカで、
通勤に便利なところに住みたい。

家族が増えた分、
もっと広い家に引っ越したい。

ゆったりしたお風呂で、
足を伸ばして寛ぎたい。

ひかリノベは、
あなたの理想のライフスタイルを
家づくりで応援します。

ひかリノベのサービス

中古を買ってリノベーション
住んでるお家のリノベーション(仮住まいワンストップ)
建売を買って性能向上リフォーム
リフォーム済みをさらにリフォーム

藤沢の
リノベーション事例

お客さまの声

H様 神奈川エリア マンション

H様

神奈川エリア

マンション

見積もりを何社かお願いしたのですが、一番詳細だったのがひかリノベでした。何にいくらかかるのか事前によく分かり、完全に納得した上でお任せすることができました。

S様

神奈川エリア

戸建て

念願のマイホームだから妥協したくないと、物件選びはかなり慎重になりました。担当コーディネーターさんはそんな僕たちを焦らせたりせず、じっくりと寄り添ってくれました。

T様

東京23区エリア

マンション

初めての住宅購入で何も分からず不安もありましたが、リノベの打ち合わせはとても楽しかった! プロ目線でアドバイスしながらも、私たちの考えも尊重して貰えました。

N様

東京23区エリア

マンション

最初はこだわりがなかったんですが、打ち合わせ中に欲が出てきて(笑) 何度もサンプルを取り寄せたり、ショールームを見学したり、面倒がらずとことん付き合っていただきました。

藤沢のおすすめ物件

リノベ向き物件一覧

湘南ショールーム

湘南ショールーム

住所

神奈川県平塚市宮の前9-38 桜ビル 2F

アクセス

平塚駅 徒歩5分

開催中のセミナー

スタッフ日記

スタッフ日記

住まいのお役立ちコラム

藤沢市地域情報

藤沢市の地理・気候

藤沢市の地理

藤沢市地理

藤沢市は神奈川県の湘南地区にあり、県の中央南部に位置します。
面積は69.56キロ平方メートルで、相模野台地を境に南部と北部に分けられます。南側は相模湾に面しており、比較的平坦な地形です。
富士山を背景にして、ゆるやかな弧を描く湘南海岸と江の島の美しい景観が特徴です。

市の南北方向を縦断するように引地川(ひきじがわ)、境川(さかいがわ)が流れており、北部は東西方向に起伏のある地形です。相模野台地のなだらかな丘陵が続きます。

隣接している自治体

東は横浜市(泉区と戸塚区)・鎌倉市、西は茅ケ崎市・寒川町(さむかわまち)、北は綾瀬市・大和(やまと)市・海老名市の6市1町に隣接しています。

気候

藤沢市は温暖な気候で、暮らしやすいのが特徴です。
自然環境も多く、明治時代は文豪の芥川龍之介や芸術家の岸田劉生など、著名人の別荘地や避暑地として利用されてきました。

相模湾に面する南部は海洋性気候で、年間を通して気温の較差が少なく降水量が比較的多いのが特徴です。2010年度の年間降水量は1,624.5mmで全国815市区中318位でした。※参考:藤沢市:特色・特徴(生活ガイド.com)

藤沢市の人口・交通

藤沢市の人口

藤沢市は神奈川市、川崎市、相模原市に次ぐ県内4番目に人口の多い市です。

※参考:神奈川県の人口と世帯

国税調査が開始した1920年以降、総人口・世帯数ともに毎年増加しています。
2020年5月1日現在の藤沢市の総人口は約43.6万人、世帯数は192,800世帯です。

※参考:藤沢市の人口・世帯数の推移(国勢調査を基準とした推計値)

交通

交通は藤沢市のほぼ中央を小田急江ノ島線が南北に走っています。
ほかにもJR東海道本線や江ノ電などが通っており、藤沢駅は東京駅や新宿駅などの主要都市や羽田空港などへアクセスしやすいのが特徴です。

藤沢駅は、東京駅からおよそ50kmの位置にあり約50分、横浜市中心部からは20km圏内の距離にあり約20分で、どちらも乗り換えせずにJR東海道線で行くことができます。

藤沢市の街並み

藤沢市の街並みの特徴

藤沢市の街並み

藤沢市は神奈川県のほぼ中央に位置するため交通の便がよく、住宅地は市全体に広がっています。穏やかな気候と自然環境に恵まれた暮らしやすい街です。
主婦が幸せに暮らせる街ランキング(2015年株式会社学研パブリッシング)」では、幸せ度が高い街として1位に輝いています。

藤沢駅周辺には「小田急百貨店藤沢店」「さいか屋藤沢店」「ビックカメラ藤沢店」などの百貨店やデパート、家電量販店が集中しています。南口にはカフェや飲食店、繁華街も広がり、利便性が高いです。
市内各地にもショッピングセンターが点在しています。

藤沢市は幕府があった鎌倉が近いことから、神社仏閣や歴史的な建物も多く存在し、文化度の高い街です。慶應義塾大学や日本大学などのキャンパスもあり、学校や教育施設が集まる「文教地区」でもあります。

所得制限なしの小児医療費助成制度や自然環境が身近で公園が多い環境などからも、子育てしやすい街といえるでしょう。

藤沢市の名所・観光スポット

気候と自然環境に恵まれた藤沢市は、観光スポットやレジャー施設が多く存在します。

展望台「シーキャンドル」

湘南エリアの代表的な観光地は「江ノ島」です。展望台「シーキャンドル」からは小田原~伊豆方面を一望でき、天気のいい日は富士山の美しい眺望も見ることができます。

鵠沼海岸(くげぬまかいがん)

藤沢市南部の海岸部は「東洋のマイアミビーチ」とも呼ばれ、海水浴やマリンスポーツが盛んです。ほかにも江島神社や新江ノ島水族館などの観光スポットがあります。
鵠沼海岸(くげぬまかいがん)はビーチバレー発祥の地で、さまざまな大会が開催され、コートやボールを無料で借りることも可能です。

引地(ひきじ)川親水公園

藤沢市には、自然豊かな公園も多くあります。芝生が広がり桜を楽しめる引地(ひきじ)川親水公園や大庭城址公園、交通公園やジャンボプールが楽しめる辻堂海浜公園、生垣迷路のある長久保公園など、親子で楽しめる環境が整っています。

産業

藤沢市は1960年代に北部を中心として多くの工場が誘致され、工場都市として発展しました。1970年代には各地に大型商業施設が進出して開発が進み、多くの人々が移り住んでいます。現在、ヤクルト化粧品やいすゞ自動車、メルシャンなどの多くの工場が立地しています。

観光産業が盛んな藤沢市では、市の経済活性化をさらに目指す「ふじさわ元気バザール」などのイベントを開催しています。市内に事業所を持つさまざまな業種が集まり、人やモノの魅力を発信する場です。

特産品は貝細工、湘南たたみいわし、湘南しらす、シクラメンなどがあります。

※参考:藤沢市:特色・特徴(生活ガイド.com)