◆お気に入りの酒器コレクションを「魅せる」◆

エリア東京23区エリア
ご家族2人
面積70.35m2
間取り3LDK+WIC → 2LDK+WIC
テーマモダン,和

しまいこんでいた酒器を主役に

K様は酒器のコレクションが趣味。
しかし、いままでは食器棚に並べるだけで「魅せる収納」とは言い難く、不満を感じていたそう。

「賃貸では棚を造作したり、間接照明をつかったりといった見せ方は、現実的に難しいでしょう。でも、リノベーションなら造作も、照明プランも、賃貸とは比べ物にならないくらい自由が利きます。せっかくなら、集めたコレクションを主役にしたいと思ったんです」

間接照明で作品に光の演出を

美術館や博物館では、作品を際だたせるために照明を効果的に使っています。
K様邸では間接照明を用いて、コレクションをより美しく見せる演出をしました。

キッチンの腰壁はダイニング側に飾り棚を設け、下から上にやさしく光が立ち上がるような間接照明を設置。ガラスの酒器が光を受けてキラキラと輝く、この小さなショーウィンドウは、K様もお気に入りのコーナーです。

トイレ用の手洗器には、上から光が注ぐような演出を。
背面に貼ったタイル(エコカラット)の凹凸が浮かび上がると同時に、手洗器の茶褐色の地肌がより引き立ちます。
こちらの手洗器、じつは以前よりK様が愛用していた器の作家に、器と同じデザインで特別に注文した備前焼の手洗器なんです。いわば、これもまたK様のコレクションの一つです。

暗くなりがちな玄関にはFIXの室内窓を設け、向こう側の部屋に入る自然光を間接的に取り込みます。
室内窓のガラスは、中に和紙をはさんだ合わせガラスで、障子を透したようなほんのりとした光がやさしい印象です。
もちろん、ここにもK様のコレクションから選ばれた器が飾られています。

「間接照明を入れたいと最初に希望したのは私たちですが、作品がもっとも美しく見えるように、どちらから、どのように光を当てれば効果的か、緻密に計画していただきました。おかげで作品の新しい一面が引き出されたというか……、ずっと眺めていたい感じです」

デザインテーマは「モダン+和」

インテリアの主役である酒器が『和』の雰囲気をもっていることもあり、内装にも『和』のエッセンスを取り入れました。

「日本的なデザインは落ち着きますね。といっても昔ながらの和室にしたいというわけではなく、あくまでも現代の洋室をベースに、今まで使い続けてきた家具と調和し、酒器にもマッチする『和』の要素を取り入れられたらと」

白木に黒をイメージしたカラーコーディネートは、モダンでありながら日本的。
さらにニッチ棚にあしらった瓦のモザイクタイルや、炭を思わせるマットな質感のタイル壁、イタヤカエデのフローリングなど、質感で『和』のエッセンスをプラスしました。

「明るい色のフローリングを希望していて、なんとなくメープルがいいかなと思っていたんですが、設計の目黒さんから『和の雰囲気を出すなら』と、このイタヤカエデのフローリングを紹介されました。メープル以上に木目が独特なので、最初に見たときは正直『派手すぎないかな?』と不安もありましたが……(笑)仕上がってみると、私たちがイメージしていた部屋にピッタリで、家具ともよく調和していました。家の中でもとくに気に入っている部分です」

キッチンをコミュニケーションの場に

K様夫妻は二人とも料理好き。「二人でキッチンに立てるよう、作業スペースを広くしたい」と希望していました。
「二人ともおいしいお酒や食事が好きで、「食」に関わる時間を大切にしたいと思っています。二人で料理をしたり、一方がキッチンでおつまみをつくりながら、一方がカウンターでお酒をつくっている、その間にお喋りをして笑い合う時間が、何気ないけれど大切なひとときなんです」

既存のキッチンはリビングダイニングから独立した間取りで、二人でキッチンを使うにはスペースも狭く、一方がリビングダイニング側にいるときはコミュニケーションがとりづらい、という問題がありました。

リビング・ダイニング・キッチンを一体化した間取りへと変更するにあたり、課題となったのは配管経路の確保です。
排水配管は通常、床下を通って、PS(パイプスペース)に繋がります。排水をスムーズにするため、配管には充分な勾配をつける必要がありますが、PSから遠くなればなるほど、床下を広くとるために、床の高さを上げる必要があります。

一方で、K様邸では「段差のない、バリアフリーの床」も優先事項の一つでした。
そこで床の高さを変えないため、キッチンとPSまでの距離を既存とほぼ同じくらいになるよう、向きを変えて配置することで、配管の問題をクリアしました。

また、毎日使うキッチンだから、油はねや水はねなど、日々のメンテナンスのしやすさを考慮して、あえてコンロ前に壁をつくるI型のキッチンを提案しました。
I型キッチンでも周辺壁から離して配置すれば、アイランド型キッチンのように回遊できるので、作業動線も増えます。
通路幅も90cm以上確保し、二人が並んでもスムーズに動けるキッチンです。

「『こうしたい』という希望は伝えましたが、ただそれを形にするだけでなく、フローリングや瓦のタイルなど、『こんなのもあるんだ!』と私たちだけでは思いつかなかった提案をしていただきました。その結果、思い描いていた理想の家が出来上がったと思います。これからもずっと、この家を大切に使い続けていきたいです」

間取り図

◆Beforeリノベーション前の間取り図

◆Afterリノベーション後の間取り図

リノベ前のお部屋

  • リノベーション前のお部屋
  • リノベーション前のお部屋
  • リノベーション前のお部屋
  • リノベーション前のお部屋
  • リノベーション前のお部屋

ショールーム見学お申し込みはこちらから!
リノベーション済みのお部屋を実際に体感してみよう!

  • イベント名
  • ◆お気に入りの酒器コレクションを「魅せる」◆
  • 参加希望日時
  • 第1希望
    第2希望
    第3希望
  • 会場 *
  • お名前
  • メール
  • 電話番号
  • 使用サービス
  • ひかリノベに
    聞きたいこと

ご入力頂いた個人情報は、サービスを提供するひかリノベのプライバシーポリシーに則って厳重に管理します。
ひかリノベの利用規約およびプライバシーポリシーについては各リンク先をご覧ください。