マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2016/10/31

【墨田区,江東区エリアI様邸リノベーションレポート①】慣れた街で好きな暮らしを夢見て

【墨田区,江東区エリアI様邸リノベーションレポート①】慣れた街で好きな暮らしを夢見て

皆さん、こんにちは。

ひかリノベのコーディネーター今淵です。

最近、急に寒くなってきましたね。

寒いほうが比較的好きな私にとっては良い季節なのですが、風邪をひいている方が周りにも多くなっておりますので、皆さんも体調を崩さぬようにお気をつけください。

さて今回は私のお客様であるI様との出会いから物件購入までをお話していきます。

来月からリノベーション工事が始まるお客様です。

これからリノベーションをご検討されている方は、ご参考になってくださいね。

 

1.I様との出逢いは構造見学会

私がI様と最初にお会いしたのはスケルトン構造見学会でした。

お一人でのご参加で、最初のお話しの段階でI様の好きなタイ料理の話で盛り上がった記憶があります。

スケルトン構造見学会は毎回盛況でもちろん女性の方のご参加も珍しくないのですが、

その中で非常におっとりとした雰囲気のある30代の女性で、とても印象に残っておりました。

I様は墨田区内の賃貸に住んでいて、「同じエリアで中古物件を購入し、リノベーションして住み続けたい」という夢がありました。

エリアに非常に強いこだわりがあり、かつ音にも気を使うお客様でした。

予算との兼ね合いで紹介できる物件も限られる中、紹介しては内覧に行きを繰り返す中で、物件がなかなか出てこない状況が続き、3ヶ月が経過しました。

そんな時、ふと未公開の物件情報が入ります…

(弊社は幅広いネットワークを活かし、一般には出回らない現況の未公開物件を顧客様にはご紹介していきます。)

その物件は、まさに希望のエリアで条件にも合致したタワーマンションだったのです。

 

2.内覧に合わせて用意したパース2案

物件価格が少し希望より高かったのですが、I様の好みに合った雰囲気の物件だったので、早速その日のうちに連絡し、資金計画とⅡパターンのパース2パターンを用意して内覧に行きました。

下はご要望に合わせて作成した最初のパースです。(その後、プランの話し合いの中で改良しています。)

プラン1.優しい雰囲気のナチュラルモダンな雰囲気のお部屋

ホワイト、淡いピンク、ベージュなど、優しい雰囲気に包まれた女性的なお部屋です。(I様の雰囲気に合わせました)

プラン2.アバンギャルドかつシックな雰囲気のお部屋のイメージ

モノトーンカラーにして、シティホテルのようなイメージでパースを作りました。

このように全くテイストの違う2パターンのパースをご用意し、一緒に内覧に行きました。

あくまでこの段階のパースは本格的なものではなく、このお部屋がリノベーションをしてどのような変化をする可能性があるのかというのをお客様にイメージできるように作成したものです。

これらのパースでリノベーションのイメージが出来たのもよかったとI様は言っておりました。

(ちなみに、I様は1つ目の優しい雰囲気のナチュラルモダンなテイストを気に入っておられました。)

中古物件は出会ったときが旬ですので、このような未公開の物件は特に早い判断が必要となってきます。

I様は決めるときは素早い判断をする方ですので、この物件も数日後には購入を決めていました。

 

3.最後に

I様は現在プランも決まりまして、来月11月初めから工事が始まり、『好きな街で 好きな暮らし』の実現に向けて本格的に始動します。

実際にどのようなお部屋が完成するのか非常に楽しみです。

最後に少しだけイベントのご紹介です。I様がお越しになった構造見学会が11月5日と6日に開催されます。


▲詳しくはこちらをクリック。

今回はスケルトンリノベーションではないエコリノベーションですが、マンションの構造はバッチリ分かります。

これからリノベーションを考えている方は、リノベーションを体感できるチャンスです!

ひかリノベのお客様に協力してもらわなければならない貴重なイベントなので、ぜひこの機会にご参加ください。

お待ちしております。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

錦織(功)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部